大掃除!お風呂の鏡がピカピカ?!しつこい水垢、石鹸カス掃除にはコレ!


あなたのお宅のお風呂の鏡、曇っていませんか?

年末の大掃除のついでに、鏡の水垢や石鹸カス、ぜんぶ落として、
綺麗スッキリと新年を迎えましょう!

 

スポンサーリンク



お風呂鏡の汚れの原因と種類

「鏡が曇ってなんだか見えにくいなぁ……」
お風呂に入るたびに、いつもそんな事を思っていました。

ズボラな私は、対処法が分からず後回しにしがちでしたが、
ついに重い腰を上げて、原因追求からはじめてみる事にしました。

 

まず、何故鏡が汚れるのか。

その汚れの原因は『水垢』と『石鹸カス』の2つ!

水垢はつまり、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが、鏡にこびりついて残ってしまうのです。

石鹸カスというのは、その名の通りシャンプーや石鹸などのカスのこと。

日々使うものだから、毎日の積み重ねで汚れていってしまうのですね。

 

スポンサーリンク



 

汚れにあったお掃除方法を知ろう

この2つの汚れは以下に分類できます。

水垢=アルカリ性の汚れ
石鹸カス=酸性の汚れ

これさえ分かれば対処法は簡単!
それぞれの汚れを、それぞれの方法で落とせば良いのです!

 

汚れにあったお掃除アイテムはコレ!

アルカリ性の汚れである水垢には、『酸性洗剤』を使いましょう。

たとえばご自宅にあるトイレクリーナー
こちらは酸性なので、水垢掃除に最適なのです!

うちにももちろんあったので、早速使ってみたらこれがバッチリ。

簡単に水垢が落とせました。

注意点しては、酸性洗剤とアルカリ性洗剤を同時に使うと有毒なガスが発生してしまいます。
大変危険なので、その点はご注意下さい。

 

また、クエン酸も有効です。
粉末状のクエン酸を水に溶かしてスプレー容器でシュッ!

水で塗らした布で鏡を拭き、さらに乾いた布で乾拭き。
これで頑固な水垢ともおさらばです。

ご自宅にない場合でも、ドラッグストアや
スーパーのお菓子の材料コーナーなどに売っているので
簡単に手に入れられますよ。

 

クエン酸の代わりにお酢を使うのも効果的です。
ただ私の場合はお酢のツーンとしたニオイで嫌になってしまいました。

 

次に石鹸カス。
こちらは酸性の汚れなので、アルカリ性の重曹を使いましょう。

お掃除に重曹を使うのは最近テレビなどでもよく紹介されているので、
ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

私も料理では使ったことはありませんが、お掃除ではよく使用しています。
こちらもドラッグストアやスーパーなどで簡単に買うことができます。

使い方はクエン酸と同様に、水に溶かしてスプレー容器に重曹水を作ります。
それをたっぷり鏡に吹き付け、キッチンペーパーを貼り付けます。
さらにサランラップを貼り付けて1時間ほど置きます。

我が家の場合はしっかり落としたかったので少し長めに時間を置きました。
時間が経ったらやさしく磨いてシャワーで流せばもうピッカピカです!

ここで注意したいのは力任せにゴシゴシ擦らないこと!
鏡が傷だらけになってしまいます。
やさしく、鏡に傷がつかないように磨きましょう。

 

さらに身近なお掃除用品としてあげられるのが、
歯磨き粉と新聞紙です。
これならどこのご家庭にもありますよね。

歯磨き粉は普段歯ブラシに使う量程度を布になじませます。
その布で、やさしく鏡全体を拭いていきます。
この時も、ゴシゴシ擦って鏡を傷つけないようにしましょう。
少し水分を含ませるとより吹きやすくなりますよ。

その後綺麗に水拭きします。 歯磨き粉が残らないように、丁寧に拭き取りましょう。
その後、乾いた布で乾拭きすればOKです。
こちらの注意点としては、研磨剤の含まれていない歯磨き粉を使うことです。
研磨剤が含まれていると、鏡を傷つけてしまいます。

 

新聞紙は、どうやって使うのかといいますと、まずは鏡を霧吹きか濡れたタオルなどで濡らします。

そこをくしゃっと丸めた新聞紙で鏡全体をくるくると円を描くように拭いていきます。
汚れや水垢が気になるところは重点的に拭いてください。
その後乾いた新聞紙で鏡の表面を乾拭きします。

新聞紙のインクの油分が、鏡についた汚れを綺麗にしてくれるのです。
注意点は、鏡の周りなどにプラスチックが使われている場合です。
その場合は、プラスチックに新聞紙の黒いインクがつかないように気をつけましょう。

 

以上でお掃除完了です。
なんと、家にあったアイテムだけで簡単にお風呂鏡のお掃除ができてしまいました。

まとめ

水垢はアルカリ性の汚れ、石鹸カスは酸性の汚れ。
これさえ覚えておけば大丈夫です。
こんなに簡単にできるのであれば、もう鏡の汚れ、曇りに悩まされる事もなくなりますね!

少し気になったらクエン酸水や重曹水スプレーでサッとお掃除。
これなら手軽で経済的です。
おかげで我が家のお風呂の鏡も、ピカピカをキープできています。
毎日使うものだからこそ、お手入れをきちんとしたいですよね。
これからは面倒だと諦めないで、定期的に楽しくお掃除をしていきたいと思います。

スポンサーリンク