【保存版】あわてなくてOK‼鍋の焦げ付きを落とす方法

ちょっと目を離したすきに、鍋を焦げ付かせてしまったことありますよね。

私も焦って一刻も早く焦げをこすり落とそうと、タワシにクレンザーをつけて力任せにゴシゴシしてしまったことありました。

それではせっかくのテフロン加工も台無しです。焦げをとる正しい方法、知っておきましょう。

 

 

スポンサーリンク



落しにかかる前にまず確認 鍋別落し方の注意

鍋を焦がしてしまった時の基本方法は、まずは水を張って時間を置き、焦げをふやかし浮かしやすくすることです。

金属製の硬いタワシ等でゴシゴシこすってしまうと、せっかくの鍋が傷ついてしまいます。

水を張って弱火で少し煮たら、一晩か丸一日、気長に置いておきます。少しの焦げなら、これだけでキレイに焦げを落とすことができます。

この基本方法で落ちない頑固な焦げには、鍋の材質に合った落とす方法をそれぞれ試してみましょう!

 

フッ素(テフロン)加工鍋

手触りが良く、焦げ付きにくい、水をはじくという性質を持つテフロン加工鍋。

アルミやステンレスの素材にフッ素樹脂(テフロン)がコーティングしてあるため、これが剥がれてしまうと焦げ付きやすくなります。

金属製のタワシや、研磨剤の入ったクレンザーなど傷をつける恐れのあるものは使用せず、柔らかいスポンジと食器用中性洗剤で洗うようにします。

焦げついた場合は、前述の基本方法が鉄則。それでも落ちない焦げには、沸騰させる際に次のようなひと手間を。

・玉ねぎの外側(茶色い)皮を一緒に入れて煮沸。
玉ねぎの硫化アリルとケルセチンという成分が煮出されることで、鍋についた焦げを浮かせてくれる。焦げが浮いてくるまで焦らず、楽しみに待って。

・洗浄用の重層を入れて約10分ほど煮沸。
重層は、酸化したしつこい汚れ、焦げを中和してくれる働きのある天然由来の弱アルカリ性物質。熱しても効果は変わらないので、冷めてから重層の入った水を使って焦げを落としましょう

・重層が無い時はお酢を大さじ2杯入れて煮沸。

テフロンが一部だけでも剥がれてしまうと、熱伝導にムラができて焦げやすくなります。焦げを作る前に、テフロンを剥がさないことを心掛けたいものです。テフロンを剥がさないためには、

・強火調理や空焚きはNG。テフロンは強火で剥がれやすくなる素材です。逆に弱~中火でも熱が伝わりやすい素材なので、時間をかけて調理したいものです。また、空焚き防止のためには、「油をひいて、具材を入れてから火を点ける」の手順を守りたいものです。

・熱い鍋を冷たい水につけるのも避けましょう。鍋の金属とコーティングされている部分の熱変化による縮む方が違うのでコーティングが剥がれやすくなってしまいます。

 

 

スポンサーリンク



セラミック鍋

金属の素材に陶質のコーティングがしてあるのがセラミックコート鍋。焦げ落とし方法は、テフロン加工鍋と同様と考えてOKです。注意点は、下記の通りです。

・クレンザーなど研磨剤の入ったものの使用NG。
・金属のタワシ、ヘラなどでこすることはNG。
・空焚きNG。

 

ステンレス鍋

とても一般的なステンレス製の鍋。錆には強いですが、焦げ付きやすいのが難点。

・金属のタワシ、ヘラなどでこすることはNG。
・空焚きNG
・重層やお酢を入れた水を煮沸しての焦げ落としが有効。

 

アルミ鍋

雪平鍋に代表される、軽くてお値段も手ごろなアルミ鍋。注意点は、他の材質では大活躍の重層を使ってはいけないところです。

・重層NG。
・お酢を使って煮沸するのがお薦め。その後の天日干しも有効。
・金属のタワシ、ヘラなどでこすることはNG。
・空焚きNG。

 

ホーロー鍋

見た目が可愛くて料理がほっこりと楽しくなるホーロー鍋。鉄などのベースにガラスの粉をふきつけた、表面がガラス素材の、とてもデリケートな鍋なのですね。

・金属のタワシ、ヘラなどでこすることはNG。
・クレンザーなど研磨剤の入ったものの使用NG。
・空焚き、急冷却NG。
・重層かお酢でふやかして優しく焦げをとる。

 

土鍋

冬のお鍋の時期に活躍する土鍋。土鍋は表面がざらざらしていることからもわかるように、素材の表面は細かな穴がたくさん開いています。そこに洗剤が入り込んでしまうので、洗剤でのつけおきはNGです。

・洗剤のつけおきNG
・金属のタワシ、ヘラなどでこすることはNG。
・クレンザーなど研磨剤の入ったものの使用NG。
・空焚きNG。割れてしまいます。

そして、土鍋の焦げ付きですが、鍋がまだ熱い状態で冷たい水を入れると割れてしまう危険があるので、充分に土鍋が冷めてから水を入れて焦げをふやかして下さい。肉、魚類の焦げには重曹が、野菜、きのこ類の焦げにはお酢が有効です。

 

銅鍋

銅鍋は、アルカリ性に弱く、変色しやすい素材です。焦げ落としでパワーを発揮する重曹ですが、銅鍋に使うと変色するだめNG。水を沸騰させて焦げを落とすようにしましょう。注意点は下記の通り。

・重層NG
・金属のタワシ、ヘラなどでこすることはNG。
・空焚きNG

 

鉄鍋

これまでの鍋と違い、空焚きもOK。普段のお手入れもタワシでゴシゴシ洗える強い鍋です。洗った後に油をなじませることを繰り返して使い込むと、自然と皮膜ができて焦げにも錆にも強くなっていきます。焦げ付きの場合は、

・日光に当てて焦げをカサカサに乾燥させて剥がす
・熱に強いので、煙が立つほど熱して焦げを焼き切ってヘラなどでこそげ落とす。
・重層を入れて煮沸。

この手順を上から試してみてください。例え焦げ付いても焼き切ってこそげ落とす、丈夫で磨きをかけることで長持ちするのが鉄鍋の長所ですね。

 

ズバリ!焦げ付きの落し方5選

1. 天日干しで焦げを落とす!
多少時間はかかりますが、鍋の素材を選ばず使える方法!天日で干して水分を飛ばせば焦げ付きがボロボロと剥げれるように取れていきます。

2. 卵の殻で焦げを落とす!
鍋に水を入れて煮立て、焦げがふやけたら砕いた卵の殻をスポンジにつけてこする方法です。クレンザーなど研磨剤の入ったものが使えない素材の場合は強くこすり過ぎないように。

3. 玉ねぎの皮で焦げを落とす!
テフロン加工の鍋で既に紹介した方法。素材を選びません。しかも、エコ!ぜひお試しを。

4. お酢で焦げを落とす!
お酢=酢酸には、タンパク質を分解する働きがあるので、焦げをうまく分解してくれます。

5. 米のとぎ汁を有効利用!
米の糠に含まれる成分には汚れを浮かせる力があるので、焦げた鍋に米のとぎ汁をたっぷりと注いで一晩つけ置きしておくことで、焦げがはがれやすくなります。

 

これはNG‼ 焦げ付き鍋は擦らず優しく

焦げ付き鍋へのアプローチ。

素材によっても様々な手段があることがわかります。素材を選ばないエコで簡単な正しい方法を知っておけば、慌てずに焦げと向き合えるはず。

「硬いスポンジやヘラでゴシゴシ擦る!」のはNG。

時間をかけて、優しく丁寧に向き合えば、焦げ付きもスッキリ落ちて、ますます愛着のあるお鍋になること間違いなしですね。

スポンサーリンク