臭いが気になってきたエアコン!ファンをサクッとお掃除しましょう

夏はクーラー冬は暖房と、1年の間の半分以上活躍しているエアコンですが、こまめに掃除をしておかないと、埃が溜まりカビの温床になってしまいます。

そしてこの埃やカビが臭いの原因になっています。

カビは放っておくと増殖し、エアコンを使用するたびにカビの胞子を巻き散らかしている状態となっていることがあります。

考えるだけでもゾッとしてしまいますよね。

 

シーズンの使い初めにはもちろんですが、月に1度はエアコンファンをサクッと掃除をして快適に利用できるようにしましょう。

エアコン掃除はエアコンファン・フィン・フィルターの3つになります。

今回はこのファンの掃除をご紹介したいと思います。

ファンは一体どこにあるの?という方もいらっしゃるかと思います。私も電化製品に疎い方なので、最初はわかりませんでした。

機種にもよりますが吹き出し口から覗き込んだ時に見える位置にあると思います。螺旋状の筒なのですぐに分かると思いますが、わからない方は説明書などを参考にしながら確認してください。

ここが一番に、カビ・臭いの原因となる場所なのです。
特に、ペットや小さいお子様がいる家庭はこの掃除をぜひおすすめします。

 

 

スポンサーリンク



自分でできるエアコンファンの掃除

エアコンのクリーニング代の相場は大体15000円程度します。掃除をするたびに毎回頼んでいると、とんでもない金額になってしまいます。

今日は私がしているエアコン掃除をご紹介しますが、あくまで自己責任でお願いします。

まず、ホームセンターや通販などでも購入可能な、エアコン洗浄専用のスプレーを使います。

おすすめはノズルがついているもので、ノズルがあることで奥の方の汚れにも対応できます。スプレー自体は泡状のものが出て直接汚れに吹きかけて使用するタイプのものになります。

種類がとても豊富なのでどれを使うか迷うと思いますが、価格や口コミなどをみて自分に合ったものを購入するとよいでしょう。
掃除を重ねるにつれて自分が使いやすいものがどれなのか、お気に入りが見つかるはずです。

掃除の際に気を付ける注意点や、汚れが飛び散らないよう準備が必要になります。この準備に少し時間がかかってしまうので少し面倒だな?と感じてしまう方も多いと思います。

ですが、低コストでコマメに掃除をすることができ、慣れれば簡単に出来るようになります。

そして、臭いもとれ清潔にエアコンを使用することができるので快適です。
エアコンを長持ちさせることにもつながりますので、汚れが気になるな!臭いがしてきたな!と思っている方はぜひ試してみてください。

 

 

スポンサーリンク



エアコンのファンの掃除を早速やってみよう

以下が手順です。

① 作業前に、付属のシートやビニール袋で回りに汚れが飛び散らないように保護しておきましょう。

② エアコンのコンセントを外しておきましょう

③ ファンを回しながら洗浄スプレーを吹きかけていきます。出来るだけムラの無いように丁寧に吹きかけていきましょう。手が入らない時は使い古した歯ブラシの柄を使います。

④ 15分~30分汚れに応じて放置後、洗い流します。
※洗い流さなくてもいいタイプもあります。

⑤歯ブラシや綿棒で頑固な汚れを取り除きます。保護しておいたビニールを片付けます。

⑥軽く全体をふき取り乾燥させましょう。ある程度乾燥したら電源を入れ送風で2時間ほど乾燥させれば終了です。

ここまでの大体の所要時間は放置時間も含めて1・2時間程度です。

保護する段階で慣れるまでは少し時間がかかるかもせれませんが、それを含めても2時間以上かかることは少ないと思います。

難しいことは特にないので、初めての方でも簡単にできます。

 

エアコンのファンの掃除の注意点

とても危険なので必ず掃除を始める前にコンセントが外れているか確認しておきましょう。

そして洗浄液がコンセントやセンサーにかからないように気を付けてスプレーするようにしてください。

保護しているビニールにはたくさんの汚れが流れてきますので、エアコンの下にも汚れないようにビニールをし、バケツなども用意しておくとよいでしょう。

洗浄液で手があれないようゴム手袋をし、マスクやメガネで汚れの飛び散りにも対応できるようにしておくと安心です。

そして、掃除後はしっかり乾燥させておかないと、逆にカビを繁殖させてしまうこともあるので、十分気を付けて乾燥させてください。

これでも取れない臭いや汚れは、一度プロの掃除屋さんへお願いしてみるのも必要なことだと思います。

初めての掃除の際はとても手間取ることが多いかもせれませんが、慣れれば掃除後の汚れを見るたびにとてもスッキリした気分になると思います。

もちろんプロにはかないませんが、掃除代の節約を考えれば簡単にサクッと出来る掃除方法だと思っています。

そして、普段からカビの繁殖を抑えるためにエアコンの使用後には、送風でエアコン内を乾燥させておくようにすると鍵の繁殖を劇的に抑えることができます。

ぜひ、参考にしていただいて、お金をかけずにコマメな掃除で、エアコンからの清潔な空気を手に入れましょう。

スポンサーリンク