手軽に簡単!風呂場の鏡の落ちない水垢は重曹で徹底掃除!

一日の疲れを落とすために毎日使うお風呂場。そんなお風呂場はやっぱり綺麗にしておきたい!

我が家ももちろん毎日欠かさず掃除をしていますが、どんなに綺麗に掃除をしても気になってくるのは水垢!

その中でも特に鏡の水垢が気になります。

床や浴槽といった部分はお風呂場用洗剤をつけたスポンジで洗えば綺麗になるのに、鏡だけは毎日磨いていてもうろこ状についた水垢が残ります。

私も毎日掃除をしていてもついてしまう鏡やお風呂場の水垢に悩んでいました。

でも、自宅にあってよく掃除に使っていてアイテムでその悩みが解消したのです。その方法をご紹介します!

 

スポンサーリンク



風呂場の水垢が落ちない本当の理由

そもそも水垢はなんなのか知らないことにはどうやって掃除をしたらいいのかわかりませんよね。

 

水垢が付着するのには大きく2つの理由があるといわれています。

1つ目は水道水に含まれている金属成分(カルシウムやマグネシウム)が結晶化し付着したもの。水分だけ蒸発しこの成分だけが残ってしまいます。

付着してから短期間で掃除をすれば簡単に落とすことができますが長期間放置してしまうと落とすのは一苦労です。

2つ目はシャンプー石鹸などのカス、などが付着したものです。こちらも同じようにどんどん蓄積されていってしまうので注意!

私自身も毎日風呂場は掃除していますが気がつくと鏡や蛇口部分が汚れていることがあります。

スポンサーリンク



 

もっと早く知っておけばよかった!重曹での掃除方法

水垢がどんなもので、どうして付いてしまうのかわかったところで次はこの水垢をとる方法です。

私も気になる水垢を落とすべくいろいろな方法を試してみました。

そのなかで効果を感じたので重曹

重曹は炭酸水素ナトリウムのことで食用のものは料理にも使われています。そして重曹はアルカリ性の性質を持っています。

汚れには大きく分けてアルカリ性と酸性があります。それぞれ反対の成分の洗剤を使うことによって汚れを中和することによって落とすことができるのです。

重曹はアルカリ性なので反対の酸性の湯垢、カビ、石鹸カス汚れを落とすのに効果があります。

 

重曹を使うに前につけておきたいポイントがあります。重曹は研磨剤としてしようすることもあるので使用する際は必ずゴム手袋などをして手を保護しましょう。

私が実践した重曹で水垢掃除をするのに必要なものは、重曹、ラップ、です。

 

1、重曹をふりかけます。
少し振り掛けにくいかもしれませんが、鏡や蛇口、浴槽など水垢の気になるところへ重曹をふりかけます。

2、ラップでこする
ラップをクシャクシャっとしてスポンジの代わりに使います。重曹の上をくるくる円を書くようにしながら磨いていきます。このとき力を入れすぎてしまうと傷をつけてしまうこ可能性があるので気をつけましょう。

3、水ですすぐ
ラップでむらなくこすり洗いをしたら重曹を洗い流します。最後に水分を綺麗に乾拭きしたら終了です。

 

軽い水垢であればこの方法で綺麗になると思います。
もっと手軽に毎日の掃除に重曹をプラスするなら重曹水もお勧めです。

市販されている空のスプレーボトルに100ccの水と重曹を小さじ1入れてよく振ったら完成です。
これで毎日掃除すれば予防にもなりますよ。

 

しかし、この方法ではかなり頑固についてしまった水垢や、アルカリ性の汚れ(水道水の金属成分)などは落とすことができませんでした。
そんなときは酸性の成分のクエン酸を使ってお掃除するのがお勧めです!

 

綺麗にピカピカになった鏡を綺麗に維持する方法と手順

せっかく綺麗にピカピカになった鏡どうせならこのまま維持したいですよね。
もちろんそれは私も同じで今も毎日維持できるように頑張ってます。

 

まず、鏡に付いたシャンプーや石鹸などの泡はしっかり洗い流しましょう。

お風呂場の鏡が汚れやすい理由はシャンプーや石鹸を使うからです。その泡が鏡についてしまう事によって水垢になってしまうのです。なので、シャンプーや石鹸を使った後はしっかりと泡を洗い流すようにしましょう。
水垢を防ぐにはまず汚れを付けないことが重要です。

 

次に水滴が残らないように綺麗にふき取る。
水滴も要注意です。シャンプーや石鹸の泡を洗い流しても水滴が鏡に残ってしまっていたら水垢が付いてしまいます。なので入浴後、掃除後は鏡に水滴が残らないようにしましょう。

雑巾やタオルなとで拭くのもいいですがそれだと細かい水滴が残ってしまうことが多いのでなるべく専用の水切り道具を使うのをお勧めします。今は100ショップでも水切り道具は売ってますのでそちらを活用するのもいいと思います。

 

最後に撥水剤などを使う、です。

撥水剤やくもり止めを使って鏡がくもったり、水滴が付くのを防ぐことによって水垢の対策にもなります。コーティング剤が水滴や泡を弾いてくれるので水滴を取り除くのも簡単になるのでおすすめです。

 

落ちない水垢を徹底掃除のまとめ

・水垢は水道水の金属成分やシャンプーや石鹸のカスなどが水滴として付着し、水分が蒸発してしまい残ったもの。

・汚れは酸性とアルカリ性がありそれぞれ反対の成分の洗剤を使うことによって中和されて落とすことができる。湯垢や石鹸カスなどは酸性の汚れなのでアルカリ性の重曹を使うことによって落とすことができる。

・重曹で綺麗に掃除をできたら石鹸カスが付かないように掃除をして、水滴は残らないように拭いておく。くもり止めや撥水剤を使うのもお勧めです。

 

手軽に手に入りなおかつ環境にも、人にも優しい重曹を使って皆さんもお風呂場の鏡の水垢をスッキリとって気持ちの良いお風呂タイムを過ごしてくださいね

スポンサーリンク