あわてなくてOK‼鍋の焦げ付きを落とす方法【保存版】

ついついテレビに夢中で鍋を火にかけていることを忘れていた!!!

加工がはがれて焦げ付きやすくなってしまった…なって事ありますよね。

 

鍋の焦げ付きは取り除くのが大変なので、焦げ付かせてしまった日にはとても憂鬱な気分になってしまいます。

だからと言って捨ててしまうわけにもいかず、何とか元に戻したいと思いますが、素材の種類も豊富で、自分が使っている鍋はどのような落とし方が効果的なのか?どんな落とし方があるのか・分からない方が多いと思います。

 

私も少し前までは、ただただやみくもに擦っていました。

そしてテフロン加工がはがれてしまって、なお焦げ付きやすくなってしまい、なぜだろうと調べ始めたのがきっかけです。今では自分の鍋にあった方法で、自分がやりやすい落とし方で焦げ付きを落としています。

これでもう、大切な愛着のある鍋を焦げ付かせても大丈夫です。焦げ付き鍋に悩まされることも無くなるはずです。

 

 

スポンサーリンク



落しにかかる前にまず確認 鍋別落し方の注意

素材ごとに利点や難点があるので、注意しながら焦げ付きを落とすようにしましょう。

間違った方法で焦げ付き意を落とすと加工がはがれたり、変色や変質の可能性が出たりしますので、まず自分が使用している鍋の素材を確認してから、お手入れをするようにして下さい。

 

・ステンレス鍋
素材の多くが鉄で焦げにくい鍋ですがもし焦げが付いた場合は、天日干しや重曹やクエン酸使用する方法でも可能です。
塩素系漂白剤につけてから擦るとこげがとれます。

 

・アルミ鍋
ステンレス製の鍋とは異なり、アルミ鍋は酸性やアルカリ性に弱いので重曹や塩素系漂白剤やお酢の利用した方法はおすすめできません。金属のタワシでこするのも、厳禁です。
酸素系漂白剤を使って落とす方法が効果的です。

 

・ホーロー鍋
見た目も可愛い物が多く、最近は利用される方も増えてきていると思いますが、ステンレスやアルミに比べて弱い素材のため、丁寧な扱いが必要となります。空焚きやゴシゴシ擦ることは厳禁です。
重曹を使った落とし方が効果的です。

 

・鉄製鍋
軽い物が多いので、とても人気の鍋です。空焚きをしてさらに焦がして、冷めた後にヘラなどで擦っていく方法が効果的です。また多少の焦げ付きは重曹をふりかけてからタワシでこする方法でも落とせます。

 

・テフロン加工
テフロンはゴシゴシ擦ってしまうと加工がはがれてしまうので、スポンジでやさしく洗うよう注意が必要です。焦げ付きには水だけで沸騰させ一晩置き翌日スポンジでやさしく洗う方法が効果的です。

 

・銅鍋
タワシはで擦ると傷つきやすいので、使用してはいけません。重曹も変色や変質の可能性があるので、使用しないようにしましょう。水で沸騰後やさしくスポンジで洗いましょう。

 

 

スポンサーリンク



 

ズバリ!焦げ付きの落し方6選

・鍋を天日干し
コゲ以外の汚れを取り除いてきれいに洗います。そして昼間に日の当たるところへ置いておくだけのとても簡単な方法です。期間は焦げ付きの度合いによりますが、ひどい焦げ付きでも1週間干せば十分でしょう。
乾燥した状態になるのでやさしくこするときれいにはがれます。

 

・玉ねぎの皮をゆでる
料理で使った玉ねぎの一番外の茶色い皮を使用します。この皮を焦げ付いた鍋にいれて水と一緒にゆでましょう。適量の水を投入し玉ねぎの皮を入れ、ゆで汁が茶色くなるまでゆでます。10分~20分で焦げの部分が柔らかくなるので、ゆで汁と玉ねぎの皮を捨てて、スポンジでこすります。

 

・空焚き
鉄製の鍋であれば、20分程度空焚きをすると、焦げが取れます。空焚き後鍋よりも大きなボールやシンクに水を張っておき、つけましょう。一気に焦げがはがれます。ただし、テフロン加工、土鍋は壊れたり鍋事態に焦げがついたりしますので、絶対にこの方法は避けるようにしてください。そして火事の恐れがありますので、目を離さないようにしましょう。

 

・重曹をいれて
重曹は口に入れても安全なので、使用する際にも安心です。鍋に熱湯を入れ重曹を入れます。量は、水1カップに対して重曹小さじ1程度です。10分前後沸騰させたらお湯を捨てスポンジでこすると、取れます。

 

・クエン酸をいれて
鍋の焦げがおおわれる程度の水を入れ通常の鍋の大きさで大さじ2杯程度のクエン酸を入れます。これを入れ沸騰させると焦げが自然に浮かんできます。しばらく加熱しても焦げが浮かんでこない場合は、菜箸やヘラでやさしくこすってみると、少しずつ浮かんでくるでしょう。クエン酸が無い場合は、お酢で代用可能です。

 

・卵の殻でこする
卵の殻は研磨作用があるので、卵を使用した時にはとっておきましょう。テフロン加工や土鍋にも傷つけにくいので、デリケートな鍋でも落とす時におすすめです。やり方はスポンジに卵の殻をくだいてつけてやさしくこするだけです。

 

これはNG‼ 焦げ付き鍋は擦らず優しく

焦げ付いた鍋はついついゴシゴシと擦りたくなります。私もつい最近まではやみくもに擦って、なべを1つダメにしてしまいました。

素材によっては擦らずやさしくスポンジで洗うようにしないと加工がはげたり素材を傷つけてしまいます。

自分の鍋に合った方法でビックリするほどきれいに焦げが落ちるので、あとは優しくスポンジで洗う程度でも十分きれいになります。

焦げ付かせてしまっても、焦らずあわてず素材と方法を確認して、頑固な焦げもきれいに洗い流しましょう。

スポンサーリンク