どうして!?エアコンの臭いが取れない!その理由と対処法

あれ?なんだかエアコンが臭い?

せっかく暑い部屋を快適にしようと思ってエアコンをつけたものの、何やら悪臭が。

しばらくつけていてもやっぱりその臭いはなくなりません。

快適どころかだんだん気分が悪くなってきた…。

これじゃエアコン生活はとうてい楽しめませんね。

そこで、今回はエアコンの悪臭の原因とその対処法についてまとめてみました。

スポンサーリンク



エアコンがなんか臭い…?エアコンの臭いの原因とは?

まず、エアコンから出る臭いはどんな臭いでしょうか。

 

ヤニ臭い?

すっぱい臭い?

それともカビ臭い?

 

エアコンのお仕事は、そもそも室内の空気を取り入れ、中でチリやほこりを取り除き、中で空気を冷やすなり暖めるなりをおこないます。

 

その取り込む室内の空気がタバコの臭いで充満していたり、人の汗の臭いなどが部屋にこもっていれば、たとえフィルターを通したとしてもやはり臭いは取り除けません。

 

これら二つの臭いで気になる場合は、まずはお部屋の空気をきれいにしましょう。

そうするとエアコンから出てくる臭いもだいぶ違います。

 

問題は「カビ臭」です。

 

こちらは部屋をどうこうしても無駄です。

 

なぜなら、このカビ臭の原因はエアコン自身の中にあるからです。エアコンの内部にカビやホコリ、雑菌が繁殖しているためにカビ臭が発生しているのです。

 

エアコンの風が出てくるところをちょっと覗いてみましょう。ホコリがたまっていたり、黒い点々がついていたりしませんか?

 

まさにそれこそが臭いの正体なのです!

 

これをどうにかしなければカビ臭はなくなりません。

自分で行うエアコンのニオイに有効な方法ってあるの?

この臭いの原因を根絶するための方法と言えば。

やっぱりお掃除ですね。

 

でもお掃除と言っても、本格的にエアコン掃除をするなんて主婦の方には少々困難なもの。

 

そこで、必要最低限の分解で出来るお掃除方法をご紹介します。

 

まず準備するものは

・掃除機

・中性洗剤

・タオル

これだけでOKです。

 

エアコンはだいたい高い位置にあるので、高い所に上る際は足場がしっかり固定してあるのを確認してください。

 

ここで怪我をしてしまうと、もう二度とエアコン掃除はしたくなくなってしまうので…。

 

それでは早速はじめます。

第一に、エアコンカバーを外しましょう。

外すと言っても、上に持ち上げると固定されるので、わざわざ取り外しまでしなくても大丈夫です。

 

エアコンカバーを持ち上げると、フィルターが出てきます。これを外す前に、まずは掃除機でホコリを吸い取りましょう。

 

おおよそホコリが吸い取れたらフィルターを取り外し、水でホコリを洗い流します。

 

このとき、ホコリがついている方を下にして洗い流してください。

 

でないと網目にホコリが詰まってしまい、あとあとホコリをとるのが大変になってしまいます。

 

水だけで洗い流せない場合はマジックリンなどでつけ置きしておくとすぐきれいに取れますよ。

 

フィルターがきれいになったら外でしっかり乾燥させてくださいね。カビがまだあまり発生してない状態だと、この掃除をおこなうだけで臭いが軽減されることもよくあります。

 

次に、エアコンの風の吹き出し口の掃除です。

エアコンの風向きを調節するルーバーという部分があるので、そこをきれいにしていきます。

ここでひとつ注意です。

エアコンのコンセントは必ず抜いておいてください。

スポンサーリンク



 

それではルーバーのお掃除です。

薄めた中性洗剤をタオルに染み込ませ、そのタオルで汚れをふき取ります。

 

手で届かない場合は割り箸など、細長いもので代用して拭き取ります。

 

最後に、洗剤を残さないように水拭きすればきれいに掃除ができます。

 

また、あらかじめ臭いを発生させないように日ごろからおこなえる対策もあります。

これはカビなどがエアコンにまだ潜んでいない前提でおこなってください。

あくまで臭いが発生する前にできる対策です。もちろん掃除をしたあとからでも大丈夫ですよ。

 

対策としては、冷房を切った後は1~2時間程度送風運転をします。

というのも、エアコンの内部のカビは冷房を切った後にできる結露が原因でできているのです。

 

その結露をなくすために、送風運転をしておけば水滴が乾燥し、カビを防ぐことができるのです。

 

送風の代わりに、冷房の設定温度を一番高い温度に設定して運転することによっても同じ効果が得られます。

 

エアコンを使っていない季節でも、月に一度はこの運転をすることでカビ防止効果をグンと上げることができるのです。

 

あとは、お部屋の空気の換気をよくおこなうことです。

さきほど冒頭にも書いたとおり、エアコンは室内の空気を取り込み、内部で冷やしたり暖めたりしながら風を吐き出します。

 

この時取り込んだ空気が汚れていると、出てくる空気も当然臭いが残ったままです。

 

部屋を換気し、きれいな空気をエアコンに取り込ませて臭いを軽減させましょう。

 

また、エアコンを使わない季節にはエアコンカバーをかぶせておくのも良いでしょう。

 

使っていない間にホコリがたまることもなく、きれいな状態から運転することができますよ。

 

それでも落ちないニオイへの対策法

ここまでしてもニオイが取れなければ、いよいよ内部洗浄が必要となってきます。

 

でも、女性がエアコンの部品を取り外して大がかりな掃除をするとなると、場所も高かったり下準備に時間がかかったりと、かなり大変だと思います。

 

そうなってしまうと、業者にお願いするのも一つの手です。

 

金額としてはだいたい一万円前後はかかりますが、内部から丸ごとスッキリきれいにしてくれるので、してもらう価値はアリです。

 

また、内部洗浄はプロに頼めば2年に一度くらいの頻度でも十分です。

 

自分で分解、内部洗浄をしたら部品が壊れた!

部屋が汚れてそのあとの掃除も大変だった!

 

となるくらいなら、手間暇をかけずに2年で1万円と考えるとお得で楽かもしれませんね。

 

お見積もりは各業者によってさまざまですので、作業工程や特典等、色々と各業者に聞いてみましょう。

 

本日のお話のまとめです。

・エアコン臭によって原因は様々!ヤニ臭、すっぱい臭いには部屋の換気、カビ臭はエアコンのお掃除を!

・女性でも簡単にできるエアコン掃除方法・対策方法でカビ臭を撃退!

・それでもだめなら業者に頼みましょう

でした。

 

これからエアコンが不要の季節になってきます。
次に使うときにエアコンから嫌な臭いが漂ってくる前に、いまのうちから対策をとっておくと安心ですね。

 

ぜひエアコンを使わなくなるこの季節に、一度試してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク