お風呂の大掃除!綺麗するならこのやり方!

年末になると気になるのが大掃除・・・

今年こそは家中のあらゆる場所を掃除したいけれど時間がない!しかも年末でやることは手いっぱい!

 

それならばいかに効率的にお掃除できるかが勝負ですよね。
まずは大掃除のスケジュールを立てて、効率的に進めましょう!

スポンサーリンク


 

スケジュールを立てることで全体像が見え、心にゆとりができてスムーズに作業が進みますよ。

まずは掃除する場所をリストアップしましょう。そして場所ごとに作業を箇条書きにしてまとめましょう。

 

例えば、

<場所リスト>
・お風呂、キッチン、トイレ、リビング、寝室、子供部屋、玄関、庭

 

<作業リスト~お風呂ver.~>
・排水溝のヌメリとり
・鏡の水垢とり
・蛇口磨き
・天井、壁の掃除
・浴槽の蓋の掃除

 

など、できるだけ細かく書き出してみてください。
イメージが湧いてきましたか?

 

大掃除のイメージをつかむことでヤル気もいっそう膨らんでくるかもしれませんね。終わった時の達成感と安堵感がいつもと違うかも・・・!!

スポンサーリンク



年に一度の大掃除、お風呂もピカピカにしたい!

まずは今すぐにでもキレイにしたい場所、お風呂の掃除方法をご紹介します!


「毎日浴槽磨いてるから、そんなに汚れてないでしょ~」

 

…と思いがちですが、やはり見えないところに少しずつ汚れが溜まってきています!

 

私はど近眼なのでコンタクトがないと生活できません。
でも、お風呂の時だけはコンタクトをしていると目が痛いので裸眼でお風呂に入っています。

 

…ということは、視界がぼやけてる、その上湯気ではっきり見えないのが重なると汚れなんかは目に止まりません。

 

私がお風呂掃除の担当なのですが、いつもお風呂は最後に入り、上がる時にササッと浴槽を磨いて出てしまうので、汚れはそんなに気になっていませんでした。

 

ところが、ある日主人がお風呂に入って何気なく排水溝を開けたところ、

 

「・・・なにコレ!!!」

 

白かった排水溝が真っ黒に!髪の毛やごみ、その他得体のしれないもの×××など・・・(本当に見たくなかった)

 

そこで、家族のために、自分のために調べました!
楽チンで、しかも簡単にキレイにできるピカピカお掃除方法をご紹介します!

スポンサーリンク



 

重曹で簡単に!?

最近では100均〇〇ソーでも重曹が買えるんですね~。
本当に便利になりました。

 

<重曹の効果>
弱アルカリ性なので油汚れ、手垢などをおとす
研磨作用と消臭効果あり

 

排水溝のお掃除には重曹とお酢を使います。さらに使用済みの歯ブラシがあるといいですね。

 

 

・排水溝のゴミを使用済み歯ブラシで掻き出す
・排水溝全体に重曹をふりかける←蓋や蓋裏も一緒に
・重曹の上からお酢をかけて発砲させる
・10分後汚れが浮いてきたのを確認して使用済み歯ブラシで磨く
・重曹やお酢が残らないようにぬるま湯で丁寧に洗い流す

 

とっても簡単!あっという間にきれいになります!
そしてそして、なんと重曹は入浴時にお風呂に入れてもいいのです。

 

重曹は新陳代謝を促してくれるとされているので、肌がツルツルで柔らかに!
弱アルカリ性なので体臭を防いだり、毛穴がキレイになる効果も…

お風呂の残り湯をお掃除にも使えて一石二鳥なのです。

クエン酸も使ってさらにピカピカに!

クエン酸も100均○○ソーで買うことができます。
鏡にこびりついた水垢はクエン酸があれば大丈夫!

 

<クエン酸の効果>
酸性なので水垢や石鹸垢をおとす
除菌効果がある

用意するものはクエン酸とキッチンペーパーだけ!

 

まずは水垢びっしりの鏡から。

クエン酸をお湯に適量溶かし、キッチンペーパーを浸します。
次に水垢びっしりの鏡に張り付けましょう。数時間後キッチンペーパーを取り除いて軽くこすると…びっくりするほどキレイになります。

 

水垢がこびりついて醜くなったところといえば…蛇口もありました!

 

同じ方法でキッチンペーパーを貼り付けて数時間後…
軽くこするだけでピカピカになりました。

 

重曹とクエン酸はお風呂掃除だけでなく、キッチンやトイレ掃除にも使えるんですよ。

例えばキッチンの油汚れには研磨作用のある重曹を水でといてペーストにしたもので磨けばピッカピカ!

トイレ掃除の後にクエン酸水をシュッとひと吹きすれば汚れが付きにくく、除菌効果もあります。

 

手軽につかえてお財布にも優しい重曹とクエン酸。ですが注意事項もあります。

<注意!>
重曹…アルミに使用しない(黒く変色してしまう)
クエン酸…鉄、大理石には使用しない
塩素系の洗剤と一緒に使用しない(有毒ガスが発生する)

 

また、いくら天然素材といっても目に入ってしまったらダメです。適材、適所で安全にお掃除をしてくださいね。

スポンサーリンク