革靴にカビが!!簡単に出来る取り方とはやさない保存方法とは!?

何年も大切にしている、お気に入りの革靴。

靴箱から開けたら…。下駄箱から出したら……「なんだこの、白い汚れ!?」

白や緑の、見慣れない汚れ。
それ、残念ながら“カビ”が生えてしまったのかもしれません。

大切な革靴に、カビが生えてしまったときの対処法とは?
そして、もう二度とカビを生えさせない、管理方法とは!

おすすめのメソッドを、一挙に紹介いたします。

 

スポンサーリンク



革靴のはえてしまったカビ!!すぐ出来るお手入れ方法とは!?

カビの生えた革靴は、見るのも触るのも嫌なもの。
…けど、待ってください。

慌てて、間違った対処をすることで
革靴の寿命をさらに縮めることになったり、最悪の場合、再起不能になってしまうことも……!

特にやりがちなのが、水道水でジャブジャブ洗い流すこと。
これが一番まずいんです!
水は、カビの大好物。除去するつもりが、ご飯をあげていることに。

革靴にとって、安全なお手入れ方法を行ってあげましょう。

準備するものはこれだけ!

・マスク
・汚れてもいい布
・重曹
・革靴用クリーム

まずマスクをつけて、舞い上がったカビを吸いこんでしまうのを防ぎましょう。

布を水で濡らしたら、かたくかたく絞ります。
思いっきり絞ってくださいね!
中途半端に濡れた布を使うことは、さらなるカビの増殖に繋がります。

かたく絞った布に、重曹をつけます。
布全面につけるのではなく、革靴を擦る部分だけでOKです。

 

それでは、重曹のついた部分でカビ部分を優しくなぞり、落としていきましょう。
擦り落とすというよりは、拭き取るようなイメージです。
強く擦り過ぎると、革靴に傷をつけてしまう可能性があります。

カビが落ちたら、仕上げに乾いた布で拭き取ります。
革靴用クリームを塗り、完了です。風通しの良い場所で陰干ししましょう。

もうお分かりのように、重曹は扱いが手軽です。
革靴にカビが生えたダメージで鬱々とした気分でも、カビ除去に取り掛かることができるはず。そういった点でもおすすめです。

上記の手順に

・革靴用除菌スプレー
・革靴用防水スプレー

これらを加えると、今後の防カビにも繋がります。

スポンサーリンク



 

どうすればカビがはえない!?知っておきたい保存方法

もう二度と、カビは見たくない。
一度革靴にカビが生えると、そう思いますよね。
それでは、革靴にカビが生えない保存方法には、どういったものがあるのでしょうか?

「たまに下駄箱を喚起すればいいんじゃないの?」とお思いの方。
お気持ちは分かりますが、実は扉をあけるだけでは不十分なんです。
下駄箱奥の換気には、扇風機やサーキュレータといった送風機が必要となります。

そういった、少々お値段の張る器具を使わずに、カビを予防する方法を活用しましょう!

 

カビが生えない予防法①

重曹を靴の中に入れる。
カビを落とすのにも使える重曹ですが、予防にも効果的です。
ビニール袋や、いらなくなった布に重曹を詰め、靴の中にいれておくだけ、というシンプルなもの。
しかも、臭いを予防できて一石二鳥!
重曹自体は安く購入できるので、非常に経済的ですね。

 

カビが生えない予防法②

履いた靴は清潔にしてからしまう!
雨の日に履いた靴を、そのまま下駄箱や靴箱に放り込むのはNGです。
濡れた靴は、カビにとっては最高の環境。
湿度がムンムンとこもりやすい場所に置いておくと、高確率でカビが生えてしまいます。
新聞紙を詰めて一晩置いておく、といったふうに乾燥させてからしまいましょう。

 

カビが生えない予防法③

下駄箱を徹底的に掃除する
そもそも、靴にカビが生える原因が、下駄箱にある可能性も!
下駄箱にカビの胞子が残っていれば、どんなに靴を気遣ったって、カビが生えます。

一度靴にカビが生えたら、下駄箱も掃除したほうがいいでしょう。
また、定期的に下駄箱全体を掃除してあげることで、今後カビが発生することの予防になります。

 

困ったらプロに任そう!!おすすめ靴のお手入れ業者とは!?

これまで紹介したカビの除去方法は、主に“白カビ”や“緑と白のカビ”限定です。
これらは革靴の表面についているだけで、基本的には簡単に拭き取ることができます。

ところが、しつこい“黒カビ”や“赤カビ”の場合は
ご家庭での除去は難しいといわれています。
革のなかまでカビが侵食していて、取り除いてもシミのような跡が残ることがあるのです。

 

もしくは、生えているのは白カビだけど、
靴の構造が複雑だったり、カビの生えている箇所がとても細かい場所だったり……。

一度ダメになってしまうと、リカバリーが難しいのが、革靴です。
「ムリかも」と思ったら、プロフェッショナルにお願いするのが安全です。

慌てて、衣類のクリーニング屋さんへ駈け込まないでくださいね!
靴専門のクリーニング屋をネットで検索すると、たくさんヒットします。

プロにお任せすれば、靴の状態に合わせた多種多様なクリームを使い分けてくれますし
靴へのダメージも少なく、仕上げのツヤ出しを行ってもらえます。

おすすめは、カウンセリングをしっかり行ってくれる業者です。
今後のお手入れに関して、お持ちの革靴の特徴等、相談にのってくれるでしょう。

まとめ

あなたの靴に生えたカビは、どんなものでしたか?

白色や緑色であれば、上記の対処法をトライしてみましょう!

黒色や赤色であれば、慎重に対処してあげる必要があります。
フォローの厚い業者へ駆け込んでみてはいかがでしょうか。

革靴の寿命は、同じ物でも履いている人によってずいぶん違いがあります。
それは、普段の履き方や履く頻度にもよりますが、
やはりお手入れの仕方が明暗を分けるのです。

ピンチの時でも焦らずに
靴に合ったお手入れをしてあげてくださいね!

スポンサーリンク