シンクなどのステンレス掃除を楽にする方法はクエン酸がカギ!?

最初はピカピカで顔が映りそうなほどきれいだったステンレスのシンク。

毎日使っているうちにくすんできて、なんだか心もくすんでしまいそうです。

でも、実はそんなシンクの掃除にもクエン酸が力を発揮するんですよ。
さっそくみてみましょう。

 

スポンサーリンク



ステンレスとクエン酸の関係って?

まずは、ステンレスについてお話しましょう

ステンレスの特徴は、なんといってもサビにくいことです。
だから、キッチンなどの水回りにはステンレスが使われているんですね。

 

ですが、そんなステンレスもサビの危険にさらされることがあります。

シンクなどは、サビやすい鉄などの金属をサビにくいステンレスでコーティングして作られています。
なので、掃除をするときにクレンザーで強くこすると、ステンレスのコーティングがはがれてサビやすい鉄が露出します。
その状態で水がかかると、露出した金属がサビてしまうのです。

 

また、ステンレスの上にサビやすい金属を置いたままにしていると、その金属がサビたときのサビがステンレスにくっつくこともあります。
洗面所に置きっぱなしにしていたヘアピンがサビて、下のステンレスにヘアピン型の茶色いサビが付くことってありますよね。あれです。

 

ステンレス自体がサビにくくても、使い方によって下の素材がサビたり、上に乗ったもののサビが付着したりするのです。

そこで、クエン酸!
クエン酸はうれしいことに、茶色っぽいサビ「赤サビ」を溶かす働きがあるのです。

サビにくいため水回りによく使われているステンレスには、ほかに水回り特有の汚れがつくことがあります。

水道水に含まれている成分がステンレスのシンクなどに残ることによってできる水垢、
石鹸の泡が残ることによってできる石鹸カス、
などです。

これらの水垢や石鹸カスの汚れはアルカリ性です。
なので、酸性のクエン酸が中和することによって汚れを落とすことができるのです。

スポンサーリンク



 

クエン酸を使ったステンレス掃除の方法は?

では、クエン酸を使ったステンレスのお掃除方法をご紹介しましょう。

まず、クエン酸スプレーを作ります。
水200mlに対してクエン酸大さじ1杯、もしくは、酢:水=1:2か1:3の割合で混ぜたものをスプレーボトルに入れます。

汚れなどが落ちにくい場合はクエン酸パックをしましょう。

 

・クエン酸パック

①落としたい汚れやサビの部分にキッチンペーパーを敷きます。
②キッチンペーパーがヒタヒタになるようにスプレーをします。
③キッチンペーパーが乾かないようにラップで覆います。
④30分~1時間ほど放置します。
⑤ラップとペーパーをはがしてスポンジでこすります。はがしたラップでこすってもきれいになりますよ。

 

●シンクなどに付いた赤サビ

サビの部分にスプレーしてこするか、クエン酸パックをしてからこすります。
それでも落ちない頑固なサビは、研磨剤の力を借りましょう。
市販のクレンザーにクエン酸を混ぜてこするか、重曹と水を混ぜたペーストにクエン酸を混ぜてこすります。

重曹が有効なのは、重曹の粒が研磨剤になるからです。
ただし、あまり力を入れてこすり過ぎないようにしましょう。
こすることでステンレスのコーティングがはがれると、コーティングの下がサビるおそれがあるからです。

 

●シンクや蛇口の水垢

軽い水垢汚れは、スプレーしてスポンジや布でこするだけでもだいぶ汚れが落ちます。
細かい部分は、スプレーしてから古い歯ブラシでこするときれいになりますよ。
ひどい汚れはクエン酸パックをします。

 

サビの掃除でも水垢の掃除でも、いずれの場合でもクエン酸を使ったあとは水拭きをしてから乾いた布で空拭きをしてくださいね。
クエン酸が残っていると、残ったクエン酸によってサビたり変色したりすることがあるからです。
それらを防ぐために、クエン酸はきちんと拭きとるようにしましょう。

 

ステンレスに汚れが付着するのを防ぐ方法は?

汚れを防ぐ方法は、ずばり汚れを残したままにしないことです。
水気が残ってると水垢の原因に、金属のものを置きっぱなしにしておくとサビの付着の原因になります。
シンクだけではなくステンレス製の調理器具も、洗ったあとはきちんと水気を拭きとりましょう。

 

すぐに水気を拭きとれるように、シンクや調理台などの横にボロ布を何枚か用意しておくといいですよ。
着なくなったコットン素材の衣類やいらないタオルなどを小さく切っておきます。

それを可愛いバスケットに入れると、見えても気になりません。
ただ、キッチンは水や火を使うところなので燃えたり濡れたりしないように置く場所には気をつけましょう。

 

シンクを使ったあとは、食べ物のカスを取り除いて水気を拭きとります。
ボロ布で食べ物カスを拭きとりながら水気も拭いて捨てるか、食器を全部拭いた後の布巾で最後にシンクを拭くといいですね。

 

また、蛇口の細かい部分も拭きとります。
蛇口は掃除しにくい部分なので汚れをためないようにこまめに拭くのが効果的です。

水回りは汚れが目立ちやすい部分です。
毎日少し心がけるだけで気持ちよくキッチンを使うことができますね。

 

最後に

家のなかのどこでもそうですが、汚れを放置しておくとどんどん落としにくくなります。
落ちにくい汚れとばかり戦っていると、掃除自体が嫌いになってしまいます。
そんな悪循環に陥らないように、汚れが小さいうちにこまめに掃除していきましょう。

スポンサーリンク