長年使用しているトイレをピカピカに!?タンク等を綺麗にお掃除する方法をご紹介します♪

毎日使っているトイレ。

家族が多ければ多いだけ、使う回数も必然的に増えます。定期的に掃除している人も多いと思いますが、しっかり掃除できているでしょうか?

 

毎回掃除していても自分の中でルールが決まっており、同じ所しか掃除できておらず、決まって汚れが落ちていない!

そんな場所があるかもしれないので今回ご紹介する掃除方法を参考に、自宅のトイレをピカピカに、より長く使えるように試してみてください。

 

スポンサーリンク



自宅で普段使っているトイレ、タンクや便器にいろいろな汚れが溜まっているかも?!

トイレのどんな所に汚れが溜まっているのでしょう。

便器や床拭きは掃除箇所として当たり前ですが、特に便器のふちに汚れが溜まりやすいです。

 

また、タンクの掃除などはどうでしょう。

私は今まで、タンクを掃除したことなど一切ありませんでした。基本的には、タンクの外、便器、便器下、床、壁を拭く、ブラシでこするという掃除方法を繰り返すばかりでした。

しかし、タンクの掃除も必要だということを最近知ったので、多くの人に知ってもらいたく、掃除方法をご紹介します。

また、ただブラシで掃除している便器も、汚れが落ちているか…と言われるととても微妙です。では、どのような掃除をするのがいいのでしょう。

スポンサーリンク



 

タンクや便器に溜まった尿石や水垢汚れ等をスッキリ綺麗に落とすお掃除方法をご紹介します!

トイレの黄ばみ汚れは、尿石が原因です。サボったリングと言われる、便器の真ん中の水垢のような黒ずみは、尿石の黄ばみにカビが入り込んだものです。このように便器に残った尿が臭いのもとになり、トイレ全体が臭くなるのです。

 

まずは黄ばみ、水垢、黒ずみの汚れを落とします。酸性洗剤をかけほこりを落とし、こすります。

クエン酸でもいいと言われますが、酸性が弱いので、しつこい汚れが取れません。普段のトイレ掃除はクエン酸を使用し、気合を入れてがっつり掃除するときは酸性洗剤を使う、という風に分けて使ってもいいですね。使用するときには、ゴム手袋を忘れずに、取扱いには十分注意することが必要です。心配だという方は、クエン酸の使用か、もしくは業者さんに頼むのもいいですね。

 

便器のふちが洗い残しによる、汚れがたまりやすいので、専用の小さめのブラシなどを用意して、念入りにこするのがおススメです。酸性洗剤を直接かけ、数分置くというのも汚れが落ちやすくなるのであまりにひどい場合は試してみてください。

 

次に、あまり掃除する機会がないので、掃除方法を知らないと思いますがタンクの掃除です。
タンクを掃除する前に必ず行わないといけないのが、止水栓を止めるということです。水道の蛇口のような働きをしており、タンクに水を供給している栓で、締めておかないと水が吹き出し、トイレ中水浸しに…なんてことになり兼ねないのでしっかり確認しましょう。

 

確認できたら、トイレタンクのフタを外します。ほとんどの場合が陶器のフタなので、割らないように、いらないタオルや、新聞紙の上に置きます。タオルなどの布、トイレクリーナーに中性洗剤とつけて汚れをふき取ります。

 

次にタンクの中です。止水栓を締めてからレバーを回せばタンク内の水が排出されるので、水を排出した状態で掃除します。酸化や劣化の原因になるので、洗剤は注意して使用します。使うならトイレ用中性洗剤で、細かい部品なども多いので慎重に掃除します。

 

綺麗に汚れが落ちたら、すすぎます。バケツで水を入れ、一度すすぎ、布で水をふき取ります。タンクのフタを締め、止水栓を開き、水を貯め、数回レバーで水を流します。(洗剤残りがないようにするため)

 

これでタンクの掃除は一通り完了です。
これを毎回するのはさすがに大変なので、年末掃除のときや、月に一度、何か月かに一回というように、時期を決め、掃除するといいですね。また、一度綺麗に掃除しておけば、市販されているトイレタンク用洗剤を使うのが手軽です。傷まないように弱めの洗浄力になっているので、綺麗な状態なら効果があると思います。汚れが残っている状態ではあまり効果が期待できないので注意してください。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

長年使っていれば、綺麗にしているようでも、見えない汚れが溜まってしまいます。汚れを放置してしまうと、カビなどが発し、あまりにひどい場合にはアレルギーなどの健康被害を起こすこともあります。

 

放置すれば放置しただけ、汚れも溜まるので、トイレ掃除がますます大変になります。汚れれば自然と臭いも出てきますし、いいことがありません。

トイレ掃除しているから大丈夫!

と思っている人も多いと思いますが、自分のトイレ掃除の仕方は、あまりが変わらないです。市販されているトイレ掃除の洗剤を使い、ブラシでこすって終わり。なんて私のような人が多いのでは?だからこそ汚れが溜まって、蓄積されてしまします。

毎回でなくても、月に一度この日は!と決め、気合を入れて掃除することで、トイレを綺麗にピカピカの状態で使い続けることができます。トイレの神様のように、トイレも、身も心もピカピカ綺麗に、明るい毎日が過ごせるように、ぜひトイレ掃除、試してみてください。

スポンサーリンク