ステンレス製の水筒を綺麗にお掃除!身近なアイテム「重曹」でピカピカに♪

私が小学生だったころは学校の水道水を飲んでいましたが、今は学校の水道水って飲んじゃいけないんですね。

そのため、娘は1年じゅうステンレスの水筒を持って学校へ行っています。

水筒って毎日洗っていても細かい部分に汚れがたまったり、茶渋がついたりしますよね。

そこで、重曹を使ってサッパリ綺麗にする方法をご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク



保温もできて、節約にも繋がる便利なステンレス製の水筒。洗い方にコツがあります

水筒なんて、毎日ガシガシ洗えば綺麗になるでしょ?と思いがちですが、実はガシガシ洗うのはあまりよくありません。

 

硬いブラシでガシガシ洗うと、水筒のなかのステンレスに傷がつきます。

すると、キズの部分に汚れが入り込んでカビが生えます。
また、ステンレスのコーティングがはがれてしまうと、下の金属がサビることもあります。
水筒のなかのキズやサビは、水筒の保冷・保温効果を下げてしまいます。

 

また、キズによってステンレスが腐食した状態で飲み物を入れて飲んでいると、体にもよくありません。

水筒を洗うときは、やわらかめのブラシに洗剤をつけて、こすりすぎないようにして汚れを落としましょう。
ボトルのまわりもやさしく洗ってくださいね。

 

また、飲み口やふたは必ず外してそれぞれ洗ってください。
ボトルに取り付けたままだと、接触している部分の汚れを落とすことができません。

飲み口やふたなどの細かい部分の汚れも、小さなブラシなどで毎回丁寧に洗いましょう。

スポンサーリンク



 

重曹を使うことで隅々までピカピカに!しつこい汚れはクエン酸との合わせ技!

ふだん水筒を洗うときは、いつもの食器洗剤を使ってブラシで水筒を洗います。
では、重曹はいつ使うのかというと、週に1~2回のスペシャルケアのときです。

 

毎日洗っていても、どうしても茶渋がついたり細かいところの汚れがとれなかったりします。
そんなときによく使われるのが台所用の漂白剤ですよね。
汚れが落ちてサッパリしますが、すすいでも成分が残っている気がして心配になることもあります。

 

そこで使うのが重曹なのです。
水筒に入れるコーヒー・お茶・スポーツドリンクは酸性です。
重曹はアルカリ性なので、酸性を中和する働きがあります。
なので、お茶などの汚れを落とし、水筒に残った臭いをとってくれるのです。

では、重曹を使った水筒のスペシャルケアの方法をご紹介しましょう。

 

●パッキンや飲み口のつけ置き洗い。

①パッキンや飲み口などはすべて外して分解します。

②ふた付きのタッパー容器に入れます。

③重曹を大さじ1~2杯、振り入れます。

④すべてがつかるほどのぬるま湯を入れて、容器のふたを閉めます。

⑤タッパー容器を10~15秒ほど振って、重曹をまんべんなくいきわたらせたら1時間ほど放置。

⑥容器から出して、水かぬるま湯でよくすすぎます。

 

重曹や汚れが残っていたら、スポンジやブラシなどで優しくこすって落としましょう。

重曹でつけ置きをしても落ちないしつこい汚れがあったら、つけ置きするときに重曹と一緒にクエン酸も入れてみてくださいね。
さらに強力な力で汚れを落としてくれますよ。

 

●ボトルの消臭

①水筒のなかに大さじ1~2杯の重曹を入れます。

②少し熱めのぬるま湯を水筒の9分目ぐらいまで入れてふたを閉めます。

③少し振って水筒の中の重曹を溶かしてから、1時間ほど放置します。

④中のお湯を捨ててよくすすぎます。

 

水筒に付いた茶渋は、残念ながら重曹ではあまりきれいに落ちません。
そんなときはクエン酸!

 

●クエン酸で茶渋落とし

①水筒の8分目ぐらいまで少し熱めのお湯を入れます。

②500mlの水筒なら小さじ1杯程度のクエン酸を入れます。

③水筒を軽く振ってクエン酸を溶かしたら1時間ほど放置。

④お湯を捨てて洗剤をつけた柔らかいブラシでこすってください。

 

茶渋がみるみる落ちていきますよ。

 

ステンレス製の水筒のお掃除方法まとめ。ポイントと注意点について

では、ステンレス製の水筒を洗う方法と、ポイントなどについてお話しましょう。

 

●洗うときはやさしく

ステンレス製の水筒を洗うときに1番大事なのが、傷をつけないようにするということです。
ステンレスの部分に傷がつくと、カビやサビの原因になり健康を損ねるおそれがあるからです。
水筒を洗うときは、毛先の柔らかいブラシを選びましょう。

 

また、重曹を使ってスペシャルケアをしたあとは、重曹を洗い流してからブラシでこすってくださいね。
重曹が残っている状態でこすると、重曹の粒によってステンレスを傷つけてしまうからです。

 

●食器洗浄機は使わない。

食器洗浄機を使うと水筒が変形したり、水筒のまわりのプリントがはがれたりするおそれがあります。
少しめんどうかもしれませんが、水筒だけは手洗いをしてくださいね。

 

●よく乾かす。

水筒の中や飲み口などに水分が残っていると、そこから雑菌が繁殖します。
水筒を洗ったあとは水切りかごに伏せてよく乾かしましょう。

 

さいごに

娘の水筒を選ぶときは、ただただ「娘の好み」で、完全に見た目重視ですが、私の水筒を選ぶときは洗いやすさ重視、見た目はその次です。

重曹のスペシャルケアをするようになってからはだいぶ楽になったので、私の水筒も見た目重視で選んで大丈夫かもしれません。

スポンサーリンク