押入れの簡単にできる湿気対策!!その原因とカビ対策も!!

押入れの湿気で悩んでいる…という方は多いのではないでしょうか。

私も今の家に引っ越してからはだいぶ良くなりましたが、以前住んでいたアパートは湿気がひどく、押入れはもちろん、押入れ前の床や壁も、湿気が非常に多く悩みの種でした。

少しでも湿気がなくなるようにあらゆる方法を試しました。

その経験も活かし、今回は、同じように悩んで困っている方に、湿気の原因とおススメの対策をご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク



押入れにどうして湿気がこもるの!?効果的な湿気対策とは!?

押入れに湿気がこもってしまう原因は一体何でしょうか。

一つ目は、住宅の建っている場所や、部屋の向きなどによるものです。

私の前の家の湿気の原因はアパートのある場所にありました。家の裏に小高い山があり、土によりその場所自体に湿気が多いこと、陰になる時間が多いなど湿気が高まるには条件が揃ってしまっていました。

 

二つ目は、最近の住宅は、家自体の機密性や断熱性がとても優れています。それはとても良いことですが、その一方で湿気が屋外に逃げにくくなっているので、梅雨時などは特に湿気が高まる上に、湿気が逃げることができず、こもってしまいます。

 

三つ目は、部屋の構造によるものです。浴室や台所と言った水回りの近くにある押入れは、どうしても水蒸気が入り込んでしまうため湿気の原因になります。

 

四つ目は、押入れに入っているものによる湿気です。布団や服、バックやアルバム、子供の作った工作品や絵など、湿気を含みやすいものが多いです。それにより、一度湿気が高まると、それらのものが吸収してしまうので、湿気が余計こもってしまうのです。

 

主にこれらが原因で、湿気がこもってしまうのです。
では効果的な対策にはどんなものがあるのでしょうか。

 

・布団はしっかり乾かしたものにする。

毎日使っている布団を押入れに入れて片づけるという人もいると思いますが、寝汗などで気が付かなくても、湿っている場合があります。天日干しするなどしっかり乾かしてから入れるようにしましょう。

 

・整理整頓する。

物を詰め込み過ぎていて、ごちゃごちゃしていると通気性が悪くなり、湿気がこもりやすくなります。どうしても物を詰め込むのが押入れなので仕方なりませんが、棚や収納カゴなどを使い、少しでも整理整頓して隙間を作ることで、少しでも湿気が増えるのを抑えましょう。

 

・扇風機を回し空気を循環させる。

あまりに湿気がひどい時には、扇風機で風を送り、乾燥させるのもおススメです。

ただ風を当てるというよりは、片側から扇風機を当て、湿気を外に追い出すイメージで当てると効果が出ます。

ひどくない湿気であれば20分ほどで効果が見られます。ひどい場合には、1時間ほど当てても良いかもしれません。

他の方法よりは短時間で、効果が見られるので、とりあえず今すぐどうにかしたい!という方にはおススメです。
定期的に扇風機を当てるのも良いでしょう。

スポンサーリンク



すのこ!?除湿剤!?押入れの湿気対策に使える便利グッズ

ここからは、上記の対策に加え、湿気対策に使える便利なグッツを紹介します。

 

・除湿剤

一番多く利用されているので?と思うほど手軽な除湿剤です。買ってきて置いておくだけで勝手に除湿してくれるので、簡単です。価格もお手頃なのでおススメです。交換を忘れがちになるので気を付けないといけません。
合わせて乾燥シートという商品もあります。湿気を閉じ込めるタイプのもので、シート自体を乾燥させれば繰り返し使うことができます。

 

・すのこ

これも実践している人が多いかもしれません。買ってきて、下に敷くだけなので手間が少ないです。置くだけで隙間ができるので通気性が上がります。こちらもホームスーパーや、今は100均でも購入できるので、安くそろえることができます。

 

・新聞紙

新聞紙を敷くという人もいるかもしれませんが、新聞紙は敷くよりも、くしゃくしゃに丸めて、置く方が湿気を取ってくれます。すでに置いているという人は試してください。合わせてすのこを敷いているという方は、すのこの下に丸めた新聞紙を敷き詰めても効果があります。

 

・備長炭

備長炭は湿気にも効果がありますが、消臭の効果も期待できます。これも、買って置くだけなのでとても便利です。

 

湿気対策とあわせて行いたいカビ対策!!

湿気対策と合わせて気を付けたいのがカビ対策です。湿気が多ければ必然的にカビが発生します。

湿気を放置すればそれだけカビを増えてしまう一方です。カビが発生にしないようにするには、湿気をこもらせないことが必要不可欠です。

そして、湿気対策と同様、新聞紙とすのこがカビ対策にも効果的ですので、気になる方は置くようにしましょう。

これから梅雨の時期になり、一段と湿気が気になる季節になります。

晴れている日を見計らって、押入れを開けて空気を通す、布団を干す、整理整頓する、すのこや除湿剤の用意など、できることを今のうちから準備して、湿気対策しておきましょう。

スポンサーリンク