隅々までしっかり大掃除!お風呂の床掃除ならコレ

お風呂の床といえば掃除していても年末の大掃除の時には気になる箇所がチラホラと、、、

そんな経験ありませんか??

 

私もちょこちょこ掃除していても、年末に本腰を入れて掃除すると出てくる出てくるカビや汚れ。。。

床も磨いているつもりでも汚れが残っていたりするんです。

 

頑固な汚れの掃除の仕方はどうするべきなのか??
年末の大掃除で浴室ひとつに時間をかけて掃除したくない!!

 

そんな風に思う方はいると思います!!

私も毎年悩んでいました。

その汚れの性質を知ることと、掃除の仕方を少し変えるだけで掃除が少し楽になりました♪

 

そんな私の掃除方法を紹介しますね~♪

スポンサーリンク



お風呂の床が汚れるワケ

お風呂の主な床の汚れの原因はこちらの4種類になります!!

・カビ
・水垢(アルカリ性)
・皮脂汚れ(酸性)
・石鹸カス(酸性)

 

カビ
酸素+湿度+室温等によってカビが発生します!

その他の汚れもカビの栄養源になるそうです(>_<)

カビは一度出来ると中々落とすのに苦労します。。

 

水垢
水に含まれるカルシウム、マグネシウムが金属イオンになり、金属イオンが乾燥すると白い水垢ができます。

この水垢の汚れも市販の浴室洗剤では中々落ちません( ;∀;)

 

皮脂汚れ
体の汗や汚れが原因です。

1日の体の汚れを流すので、もちろんその汚れが床に付着し湿気等からヌメヌメした汚れになります。

 

石鹸カス
石鹸の原料は油で出来ていて、その油と先ほどお話しした、水の成分とが混ざり「石鹸カス」が出来るそうです。

この石鹸カスも頑固な汚れで、床等に飛び散っているせいでザラザラ、ヌメヌメとした汚れになります。

 

上記の4種類の頑固汚れが積み重なると毎日の軽いお掃除だけでは落とない程、頑固な汚れになっていきます。

私は毎年年末に腰が痛くなるほどお風呂掃除に時間を使っていました。(/_;)

スポンサーリンク



汚れ別で徹底的に落とす!!使う道具など

無駄な時間を使わないように効率よく掃除が出来るようにはどうしたらいいのか??

 

その掃除方法をご紹介します♪

先ほどお話しした、汚れの性質に注目してください!!その汚れの性質に合わせた掃除をすれば、無駄な時間なく簡単に汚れが落ちます♪

 

水垢(アルカリ性)
アルカリ性の汚れには酸性が効果があります!!

酸性といえばクエン酸です。クエン酸をわざわざ買わなくてもご自宅に置いているお酢でも同じ成分ですので大丈夫です!

 

【用意するもの】

・キッチンペーパー
・ラップ
・クエン酸スプレー{水400ml、クエン酸小さじ2杯
・お酢スプレー{水150ml、お酢300ml
(スプレー容器もご用意下さい)

※お酢スプレーは臭いが苦手という方も多いので苦手な方クエン酸スプレーをおすすめします!(^^)!

 

【掃除方法】

水垢の汚れ部分にキッチンペーパーをあて、スプレーでまんべんなく吹きかけ、そのままラップで湿布します。

30分~1時間程置きます。

その後、固めのスポンジ又はメラミンスポンジで軽く擦るだけです!(細かい溝などは使い捨て歯ブラシ等で磨いてください。)

 

それだけで白~いカピカピな頑固汚れがピッカピカになり、ほとんど置いているだけで力を入れずにササッと擦るだけです♪

 

★他にも椅子、洗面器、子供のお風呂用のおもちゃ等を浴槽に一晩つけておくと水垢や汚れが落ちます!残り湯にクエン酸をワンカップ入れるだけで、こちらも簡単に出来るので是非お試しください!

クエン酸は自然由来の為、小さいお子様の物に使用しても問題ありません。

 

皮脂汚れ・石鹸カス
酸性の汚れにはアルカリ性が効果があります!!

アルカリ性で代表的なのが今や家の掃除には欠かせない「重曹」や「セスキ炭酸ソーダ」です♪

この代表的な2つは万能なので持っていても絶対に損はしません!!( `ー´)ノ

ご家庭にある台所用洗剤も酸性の油汚れを落とせるのでそちらでも大丈夫です!!

私は「セスキ炭酸ソーダ」を使っているので今回はそちらの方法をご紹介します!

 

【用意するもの】

・乾いたタオル
・使い捨て歯ブラシ
・セスキ炭酸スプレー{水500ml、セスキ炭酸ソーダ小さじ1杯
(スプレー容器はご用意下さい)

 

【掃除方法】

ヌメヌメする油のような汚れに「セスキ炭酸スプレー」を吹きかけます。

乾いたタオルで汚れた部分をふき取ります。

(細かい部分には使い捨て歯ブラシを使って下さい。)

たったこれだけで綺麗に汚れは落ちます♪

★床以外にも、壁や浴槽、排水溝、その他のヌメヌメ・ザラザラ汚れにも使えますので是非試してみてくださいね~(*^^)v

 

カビ
カビにはやはり塩素系漂白剤の洗剤が一番効きます!!

カビが一番放置してしまうと厄介ですね。。

 

これは本当にパッキンなどにできてしまうと、表面的に取れても奥のカビは取れません(/_;)私もカビには一番苦戦しました。。いつも途中で諦めてしまうほどで、綺麗になってもすぐにできてしまうんですよね。。

それが掃除方法と毎日の日課で劇的に変わりました!!!!

 

【用意するもの】

・ラップ
・漂白剤
・片栗粉

 

【掃除方法】

まずは漂白剤と片栗粉でペースト状の洗剤を作ります。

(割合は1:1です)

床のカビ汚れ、タイルでしたら目地の部分にもペースト状の洗剤をたっぷりと塗り、20分程置きます。

水で流します。

(※一度で落ちない場合はもう一度同じ工程を繰り返して下さい!)

★頑固なカビ汚れの場合は、使い捨て歯ブラシや浴室用の掃除ブラシで擦りながら流すと取れやすくなります!!

カビを防止する方法

日頃からひと手間加えるだけでも頑固なカビと年末に格闘しなくて済みます!!

 

お風呂上りに45度以上の熱いお湯で床やその他の気になる部分にシャワーをかけて、換気扇を回してしっかり浴室を乾燥させることによってカビの発生を防ぎます!!

 

これは私も友達に教えてもらいましたが、とっても簡単で時間も取らないのでおすすめです☆今では我が家でカビの発生が少なくなりました(*^^)v

お掃除するときの注意点

これらのお掃除方法をご紹介しましたが、何点か注意することがあります!!

 

水垢掃除
●クエン酸自体は問題ないのですが、塩素系漂白剤とは絶対に一緒に使用しないで下さい!!一緒に使用するとと有毒ガスが発生してしまいます!!

石鹸カス・皮脂汚れ掃除
●重曹は研磨剤の作用がありますので、アルミ素材に使用すると黒くなったり、傷が付く可能性があります。

その他の場所でも使用頻度が多いと、塗装がはげてしまう可能性もあるので気を付けてください!

●セスキ炭酸ソーダもアルミ素材に使用すると黒く変色する可能性があります!

●しっかり水又はお湯で流してください!!重曹やセスキ炭酸ソーダの成分が残り、逆に汚れやヌメリの原因になります。

●洗浄力が強いので、手荒れや敏感肌の方は、必ずゴム手袋を着用してください。

●湿気に弱い為、粉末の場合は固まりやすくなりますので、保管場所には気を付けてください。

カビ掃除
●クエン酸同様、漂白剤を使用するのでクエン酸と一緒に使うのは危険です!!

●片栗粉はお湯をかけると固まってしまうので、必ず水で流してください。

●片栗粉が詰まる可能性があるので多めに水を流してください。

 

上記4つのすべてに言えることですが、、

スプレーを使用する際は、目に入らないように気をつけてください!お子様や高齢者の誤飲も気をつけてください!

 

「クエン酸」「重曹」「セスキ炭酸ソーダ」「漂白剤」のご購入の際は必ず使用上の注意は読んでおいたほういいです(>_<)

まとめ

いかがでしたでしょうか??

もちろん日頃からお風呂上りに掃除することが大切ですが、毎日のひと手間や掃除方法を変えるだけで、年末の大掃除にかける時間がかなり短縮されるはずです(^^)

 

私も以前まではお風呂掃除は嫌でしたが、汚れが簡単に綺麗に落ちると掃除が楽しくなりました♪

ですので、大掃除の時にでも一度私の掃除方法をお試しください!

少しでもお風呂掃除に悩む方のお役に立てたら嬉しいです♪

 

※お掃除方法などは、あくまで私のおすすめですので必ず汚れが落ちるとは限りません。個人差はあると思います。

何度か試しても汚れが落ちない場合は、お値段はかかりますが、一度ハウスクリーニングに依頼するのも1つの掃除方法かもしれません(^^)

スポンサーリンク