ムラなくピカピカ!ガラス窓のお掃除には昔ながらの新聞紙を使うと良い話。

みなさんは家で取っている新聞、どうしてますか?

 

油ものの料理にキッチンペーパー代わりに使用したり、一時的に汚れを防ぐために下に敷いたり、子どもの遊び道具として丸めてみたり細長くしてみたり…。

 

なかには何にも使わずに古紙回収に出す人もいるのではないでしょうか。
新聞紙を古紙回収に出すのもなかなか大変ですよね。

 

そんなときはガラス窓のお掃除に使っちゃいましょう!

 

「やり方が古~い!」
「もっと効率のいい掃除方法はないの?」

 

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は窓掃除に新聞紙を使うのはまさに理にかなった昔ながらの素晴らしい方法なんですよ。
今回は新聞紙でのお掃除についてご紹介していきますね!

スポンサーリンク



なんで新聞紙が良いの?理由は?

雑巾じゃなくて新聞紙が良いのはなぜでしょう?

みなさん、新聞紙をぜひ手に取って触ってみてください。
普通の紙の素材とは違いますよね。

 

そう、この素材こそが窓拭き掃除にうってつけな素材なのです。

雑巾で拭いていると雑巾の繊維が取れ、
拭きあげて乾いた窓を見てみると繊維がちらほら…イラ。

 

余計な仕事を増やすな!( `Д´)ノ

 

と雑巾を投げ付けてしまいそうになるのは私だけでしょうか。

 

しかし新聞紙はそんな心配もありません。
繊維も細かく、繊維が窓に貼りつくことはありません。

 

また、新聞に使われているインクも掃除に効果的なのです。
インクに含まれる脂の成分が窓の汚れを分解し、なんと吸収までしてくれるというので驚きですね。

 

さらにこのインク、ワックス効果もあるのです!

なので窓の汚れもしばらくワックス効果によって防ぐことができます。
なんて素敵な掃除道具でしょう!

そんな心強い味方を手に入れたと分かれば、次はレッツお掃除です!

窓ふきに必要なお掃除グッズはこれ

それでは窓ふきに用意するお掃除グッズ達をご紹介します。

 

・丸めた新聞紙

・水を入れたバケツ

・ゴム手袋

 

以上、たったこれだけです。

 

あれ?窓ふき用洗剤的なものは?

不要です!

ね、経済的で素敵でしょ?

 

新聞紙は「丸めた新聞紙」とご紹介しましたが、丸めた方が手に力も入りやすく、新聞紙もボロボロにならないのでお掃除しやすいからなんです。

窓が大きい場合はある程度の丸めた新聞紙を用意しておきましょう。

ゴム手袋は、洗剤は使わないのですが、新聞紙のインクが溶けて手に付いてしまうのを防ぐためです。

 

スポンサーリンク



 

窓掃除のポイントの一つとして、まずはお天気を見てみましょう。

 

雲ひとつない快晴!

よし、お掃除日和!

 

とすがすがしく取りかかりたいところですが、窓ふき掃除にはちょっと向いていない天気なのです。

 

実は窓掃除をするのは、曇りの日か早朝がおススメです。
湿気もある程度高い方がいいですね。

 

というのも、天気が良いと窓ガラスがすぐ乾いてしまい、拭いた跡が残ってしまうのです。

 

これではこの跡をきれいにする為にまた掃除をしなくてはなりません。
そんなの嫌ですよね。

窓ガラスを掃除する際には太陽が隠れてるくらいがちょうどいいと言えます。

 

また、お掃除を始めるのはまず外側の窓ガラスからにしましょう。
内側から始めてしまうと、外側の方が汚れているので、内側の拭き残しが分かりづらくなってしまいます。

 

ですので、まずはもっとも汚れの付いている方から始めます。

やり方は、まずバケツの水に丸めた新聞紙を少し浸し、窓を拭いていきます。
そのあと、乾いた新聞紙で乾拭きします。

 

以上です。

たったこれだけです!

 

続いて、汚れがひどく、簡単に取れない場合です。

今度は新聞紙を思い切りぐっしょりと濡らします。さらに窓も同じようにぐっしょりさせながら拭いていき、あとは先ほどと同様で、少し濡らした新聞紙で窓を拭いていきます。

最後に乾いた新聞紙で拭けば完成です。

たったこれだけです!

 

基本的に窓の汚れは水と新聞紙だけで十分落ちます。

こんなに経済的なのに窓ガラスがピカピカになるならやる価値はありますよ!

今回の記事のまとめ

・昔ながらの新聞紙の窓ふき掃除、そのおススメの理由は新聞紙独自の特徴にアリ!

・新聞紙の窓ふき掃除に必要な用具はたったこれだけ3種類!

・窓ガラスのお掃除に関する注意ポイント

・掃除方法はこんなに簡単!

といったところです。

 

昔ながらにおこなわれているこのお掃除法、さすが先人の知恵とも言えますね。
新聞紙をまとめる前に!古紙回収に出す前に!
新聞を2、3部置いといて、窓ガラスのお掃除をやってみましょう!

それから天気予報はよく見てからしましょうね。

以上、新聞紙を使ったおススメ窓ガラス掃除術のご紹介でした。

スポンサーリンク