大掃除!お風呂の鏡がピカピカ?!しつこい水垢、石鹸カス掃除にはコレ!

毎日使うお風呂場ですが、すみずみまでお掃除するのは大変ですよね。

 

ずぼらなわたしはというと、ついつい浴槽を中心に掃除して他は後回し…となりがちです。

 

ところが汚れが目についてからお掃除をしてもなかなかきれいにならない…なんてこともしばしば。

特にお風呂に入ったら必ず見ている鏡には、白いうろこのような汚れが目立ちやすいものです。気になっていてもついついそのままに、を繰り返すと汚れもどんどん頑固になりますよね。

 
そんなお風呂の鏡などで目にするやっかいな白い汚れをきれいにお掃除できる方法をご紹介します。

ぜひ大掃除の一環として、鏡の水垢や石鹸カスを落として綺麗にして新年を迎えましょうー。

スポンサーリンク



お風呂鏡の汚れの原因と種類

汚れの種類は大きく二つあります。

その原因によってお掃除方法が違うので、少し詳しくご説明しましょう。

 

水道水には、カルシウムやマグネシウムなどの成分が含まれています。 そのような成分が鏡についたまま蒸発など繰り返すと水垢となっていきます。

つきはじめは落ちやすいですが、しばらくすると落ちにくくなってしまうので注意が必要です。気づいたら汚れて曇ってくるのはこの水垢が原因だったのかもしれませんね。

 

もうひとつが石鹸カスです。石鹸カスは、水に含まれている成分とシャンプーや、石鹸、皮脂の成分が結合したものといわれています。

家族が多いと、みんなどこに石鹸を飛ばしているのやら…気づけばまわり中石鹸カスだらけ、ということもあり得ますよね。

汚れにあったお掃除方法を知ろう

1.水垢汚れにはクエン酸が効果的!
水垢はアルカリ性なのでクエン酸の酸性で中和して取り除けます!

 

・まずは…
汚れの部分に酢水またはクエン酸水(水200ml+クエン酸小さじ2)をスプレーして、拭きとります。

・頑固な水垢
キッチンペーパーなどにクエン酸水を浸し、水垢を落としたい部分に貼り付け、数時間放置します。
より効果を出したい場合は、この上にラップをかけて蒸発を防ぎましょう。

・さらに時間の経ってしまった水垢
クエン酸で太刀打ちできない…そうなれば研磨剤や専用の水垢除去剤を使って汚れを落とします。

 

ちなみに、お風呂掃除をしているとカビ対策で塩素系洗剤を使用することがあると思いますが…

混ぜるな危険!クエン酸と塩素系洗剤は絶対に併用しないでください。有毒ガスが発生してしまいます!

 

2.石鹸カスには重曹が効果的
石鹸カス、皮脂は酸性なのでアルカリ性の重曹で中和させて取り除きます!

・まずは…
スポンジを濡らして重曹をそのままふりかけたところをこするだけです。

・しつこい石鹸カス
重曹ペースト(重曹3に水1ぐらい)を使うとよりきれいになります。

 

スポンサーリンク



 

汚れにあったお掃除アイテムはコレ!

まずはクエン酸水と重曹ペーストの作り方を詳しく振り返りましょう。

 

・クエン酸水…水200ml+クエン酸小さじ2
ボトルに水、クエン酸を入れよく振り混ぜます。

・重曹ペースト…重曹3に水1ぐらい容器に重曹を入れ、少しずつ水を加えます。かきまぜてペースト状にします。重曹の細かいつぶつぶは残ったままでもOKです。

 

重曹ペーストは、スポンジ等につけて汚れをこすり使います。
重曹の研磨作用とアルカリ成分で汚れを良く落としてくれます。

 

どちらの汚れかを見極めて、クエン酸や重曹を活用すれば、大抵の汚れには対応できます。今なら100均でも購入できるクエン酸や重曹が手軽に使えるのは経済的にも助かりますよね。

 

頑固な汚れで研磨剤として手軽に試すことができるのは歯磨き粉です。
練り歯磨き粉の研磨効果で、しつこい水垢が落ちます。
歯ブラシを使ってお風呂の鏡などをこすると、傷がついてしまう恐れがあるので、注意しましょう。

 

きれいにお掃除した後は、できるだけきれいなまま維持したいですよね。
水垢や石鹸カスは水の成分が原因のひとつになっていますね。それを考えると水滴をきれいにする窓拭きワイパーが便利です。

 

お風呂上りに石鹸分をシャワーでしっかり洗い流して、最後に窓拭きワイパーをさっと鏡にかければ、汚れにくくなりますよ。
撥水スプレーなどで水滴がつきにくくすることも効果があります。
ひと手間で、簡単にきれいな状態が続くので、ぜひお試しください。

おわりに

お風呂の中で目につきやすい鏡のお掃除について紹介させていただきました。

クエン酸や重曹を使って、手軽で経済的にきれいにできれば後回しにしがちな掃除もやりやすくなります。
きれいな鏡でステキなお風呂の時間を過ごしたいですね。

スポンサーリンク