レインブーツのお手入れをして長持ちさせる方法って⁉お役立ち商品もご紹介!

お気に入りのレインブーツ。

 

「久しぶりに出したらなんだか白っぽくなって・・・、履く気にならない」

なんて経験ありませんか?

 

「このままはくのは嫌だけど、捨てるのももったいない」

「新品を買ったから長く履きたい!どうしたらいいの?」

 

そんなあなたは必見です。

 

レインブーツを、ピカピカなまま長持ちさせるお手入れ方法をご紹介します。

 

面倒なことはありません。

ちょっとした作業で、長持ちさせることができるんです!

では、まいりましょう。

 

スポンサーリンク



レインブーツの手入れってどうやるの⁉ 必要なものは⁉

 

基本的なお手入れをしただけでも見た目がよくなり、次にレインブーツを履くのが楽しみになりますよ!

 

準備する物、手順を紹介します。

 

<準備する物>

・スポンジ、またはシューズブラシ

・バケツ(水を入れておく)

・タオル

・中性洗剤(汚れがひどい場合)

 

 

<手順>

 

1.泥などの汚れを落とす

レインブーツについた泥や小石などを、水洗いで落とします。

ブラシで軽くこすってもよいです。

 

 

2.やわらかいスポンジで洗う

 

・通常は水洗い

スポンジや、毛先のやわらかいブラシを使い、水かぬるま湯で洗います。

レインブーツの表面を傷つけてしまわぬよう「やさしく」こするのがポイント。

 

レインブーツの内側も汗をかきやすい部分。

きれいに見えても汚れていることが多いので、しっかり洗いましょう。

 

 

・ひどい汚れには中性洗剤

汚れがひどい場合には、中性洗剤を使ってみてください。

 

洗濯用洗剤や台所用洗剤でかまいません。

靴用の洗剤もありますので、そちらでも大丈夫です。

 

水の中に洗剤を落とし、少し泡立つくらいが適量です。

 

泥が固まって落ちにくいなら、つけ置きしてからこすると落ちやすくなります。

 

 

3.水でよくすすぐ

 

 

4.タオルなどで水分をふき取る

 

 

5.乾燥させる

直射日光をさけ、風通しが良い場所で自然乾燥させます。

 

乾燥で大事なのは「陰干し」をすること!

 

早く乾燥させたいからと直射日光に当てたり、ドライヤーの熱い空気を当てたりすると劣化の原因になります。

 

 

どうしても早く乾燥させたい場合は、こんなグッズを利用してみるのもひとつです。

 

・長靴専用ハンガー

ダイヤコーポレーション 物干し 長靴ハンガー

 

 

「そんなの買ってる場合じゃない、もっと早く!」という場合は、ドライヤーを上手に使いましょう。

 

熱すぎる風をあてると、せっかくのレインブーツが変形してしまいます。

ドライヤーはレインブーツから離して使い、ゆっくりと乾燥させてください。

スポンサーリンク



レインブーツの手入れをしたら長持ちするって本当⁉

 

「レインブーツの手入れをすれば、長持ちするって本当?」

 

それは、本当です!!

 

 

レインブーツの寿命はだいたい1~2年。

 

手入れをすることで、3~4年使えるようになります。

なんと、「2倍」ですね!

 

長持ちさせるためには、先ほど紹介した基本の手入れに加え、もうひと手間が必要です。

 

これをやるかやらないかで、かなり違いが出てきます。

 

そのもうひと手間とは、

「つや出し剤を使い、コーティングしておく」ことです。

 

 

<つや出し剤を使う頻度>

まめにやるなら1~2カ月に一度、最低でも半年に1度はつや出し剤でコーティングしておきましょう。

 

 

<やり方>

少量のつや出し剤を、やわらかい布につけて磨き上げます。

布のかわりに、使い古したストッキングを再利用してもOK。

 

 

<注意点>

レインブーツにつや出し剤を直接吹き付けたり、靴底に着けたりするとツルツルになります。

すべって歩けなくなってしまうかもしれません。

くれぐれも、布など別なものに吹き付けてから磨いてください。

 

 

<専用ケアスプレー>

メーカーから専用ケアスプレーが販売されています。

ちょっと値段が張りますが、失敗したくない場合はメーカー専用品がオススメ。

 

・ハンター ブーツバッファ

(ハンター)HUNTER UZC3010XXX 150ml シューケア ラバー・バッファ ユニセックス 150ml

 

・コロニル ラバーブーツスプレー

コロニル ラバーブーツ 150ml
 

<タイヤのつや出し剤>

「アーマオール」という製品をはじめ、タイヤのつや出し剤も使えます。

お手頃価格でお財布にもやしいですね。

 

・アーマオール プロテクタント

これを使ってピカピカになっている方が多いです。

ナポレックス アーマオール 保護&ツヤ出し剤 [水性] プロテクタント 300ml タイヤ、家具、レジャー用品等に自然な光沢感と劣化防止効果 プロテクタント A-3

 

・クレポリメイト ナチュラル

アーマオールと同じように使えます。

KURE(呉工業) クレポリメイトナチュラル (250ml) 保護ツヤ出し剤 [ 品番 ] 1349

 

<白っぽさもピカピカに!>

つや出し剤には、白っぽくなったレインブーツをピカピカにしてくれる働きもあります。

 

レインブーツの素材がゴムの場合、白く見えているのは「ワックス」。

表面を保護するために、ゴムからワックスが出てきている状態です。

 

つや出し剤で磨いてあげると、白っぽくなったワックスがゴムになじんで消えてしまうんです!

 

びっくりするくらいピカピカになるので、お困りの方はぜひ試してみてください。

 

 

レインブーツの手入れで変色やひび割れ防止に⁉

 

汚れてしまったら、その都度水洗いだけでもしておきましょう。

それだけで変色予防になります。

 

さらに正しく保管すれば、変色やひび割れを防止することができます。

 

 

<保管場所の条件>

レインブーツを保管するなら、以下の条件を満たしている場所にしましょう。

 

・直射日光があたらない(日陰)

・湿気が少ない

・風通しがよく涼しい

 

 

<保管方法>

・レインブーツは折り曲げたりせずに、まっすぐな状態をキープしたまま保管します。

 

折り曲げたままにしておくと、レインブーツが変形してしまいます。

さらに硬くなっていまい、ひび割れの原因になることも。

 

まっすぐな状態を保つには、新聞紙やブーツキーパーを使いましょう。

形をキープしてくれるのはもちろん、湿気や臭いも吸い取ってくれます。

 

・乾燥剤を入れておく

乾燥剤は市販されているものもありますし、お菓子に入っていた乾燥剤をとっておけば、再利用もできます。

 

臭いが気になる場合は、消臭スプレーをしてから乾燥剤を入れるといいですよ。

 

まとめ

レインブーツを長持ちさせる手入れの仕方は?

 

1.基本のお手入れの仕方

泥などの汚れを落とす

やわらかいスポンジで洗う(汚れがひどい場合は中性洗剤を!)

水でよくすすぐ

タオルなどで水分をふき取る

乾燥させる

 

2.つや出し剤でレインブーツをコーティングしておくと2倍長持ちする。

・頻度は1~2カ月に一度、最低でも半年に一度。

 

専用ケアスプレー

・ハンター ブーツバッファ

・コロニル ラバーブーツスプレー

タイヤのつや出し剤

・アーマオール プロテクタント

・クレポリメイト ナチュラル

 

白っぽくなったレインブーツも、つや出し剤でピカピカになるのでぜひお試しを!

 

3.変色やひび割れを防止したいなら、保管の仕方に注意!

 

保管場所の条件

・直射日光があたらない

・湿気が少ない

・風通しがよく涼しい

保管の仕方

・折り曲げたりせずに、まっすぐな状態をキープ

・乾燥剤を入れておく

 

 

お店には、いろいろな柄のレインブーツが置いてあります。

 

選ぶのも楽しいですが、買った後は

「雨、いつ降るかなー?」

って、楽しみになっちゃいますよね。

 

そのかわり、お気に入りであればあるほど、変色やひび割れを見つけたときのショックは大きいもの。

 

ぜひお手入れをして、ながーく愛用してくださいね。

スポンサーリンク