部屋が湿気臭い!!臭いを取る方法や予防策は!?

梅雨の時期で長雨が続いたり、雨が降らなくても蒸し暑い日だと何となく部屋の中が湿気臭く感じることがありませんか?除湿と思ってもなかなかいい方法が見つからず、またそのままになってしまうとカビの発生など心配なことがあります。

季節的に逃れられない湿気の多い時期を上手に乗り越えるための技をご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク



部屋が湿気臭い原因はなに!?湿気はどうやって下げるの!?

部屋の中が何となく湿気臭くなってくるのは、どの住宅でも梅雨の時期が多いと思います。最近では全国的な平均気温の上昇により、昔はこの時期湿気のないカラッとしていた北海道でも湿度の高い日が増えてきました。全国的に部屋の湿気対策が必要になっているということですね。

湿気臭い原因とは何なんでしょうか?

それはやはりカビ臭くなっていく前触れみたいなものだと思うのですが、この臭いを消そうとするならまずは湿気が部屋にたまらないようにしなくてはいけません。

 

まずは、その湿気臭い部屋に原因はないでしょうか?

・日当たりが悪い

・1Fがガレージだ

・その部屋で洗濯物の部屋干しをしている

・観葉植物が好き

 

まず部屋の日当たりが悪いのは湿気がたまる理由の筆頭に上がると思います。日当たりの悪い部屋は空気の循環に気をつけないと冬は結露の心配も出てくるでしょう。一年を通して気の抜けない部屋になります。

1Fがガレージの住宅は割と多いと思うのですが、ガレージ上の部屋は床下からの湿気が多くなります。ちなみに、下の階がガレージだと冬は底冷えがしてとても寒いです。

そして、洗濯物の部屋干しをしているについては、直ちに場所をお風呂場にして換気扇を回しましょう。

観葉植物が好きな方は、当然部屋の中に置いていると思うのですが、植物が水分を発生させているので、むしろ乾燥した季節に置くのはとても良いということになります。

湿気の原因が判明すれば対策できます。

スポンサーリンク



部屋の湿気臭いにおいをすぐに解消したい!!

部屋の湿気の匂いを感じる前から実践したい湿気解消方法をご紹介していきます。

 

・エアコンで除湿機能(ドライ)を使用する

一般的にすぐ思いつく方法です。電気代がかかりますが、もちろん効果絶大。

・扇風機、換気扇を使用する

とにかく部屋の中の空気に流れを作ることが必要です。

・凍らせたペットボトルを置く

裏ワザ的な方法ですが、ペットボトルの下にトレイを引いて置いておきましょう。

水を入れて凍らせたペットボトルの表面に空気中の水分がついてきます。意外と水分が

とれてトレイの中に水が溜まるほどだと思います。

・新聞紙をおく

あまり見た目的に部屋中に新聞紙を敷くことに抵抗を感じる人もいるでしょうが、

新聞紙の効果もかなりあります。洗濯物を干している足元に敷いているだけでも洗濯物

の乾きに差が出るほどですので、一度お試しすることをおススメします。

・重曹を使う

使わなくなった瓶などに重曹を入れておき、固まってきたら替えてください。

固まってしまっても効果が落ちるわけではないので、お掃除などで利用可能です。

 

私の家もエアコンのドライ機能に頼りがちなのですが、梅雨の季節のようにジメジメが続く時は、一つの部屋だけエアコンをつけても他の部屋はジメジメが解消されるわけではないですし、各部屋のエアコンを稼働させると電気代が大変なことになります。

出来るだけ電気代の節約を考えたいところですね。

また、部屋のインテリアとして観葉植物や水槽を置いている方は特に湿気対策が必要だと思います。出来るだけ湿気のたまらない風通しのいいところに移動することをおススメします。

 

部屋が湿気臭くならないために!!簡単にできる予防対策は!?

 

部屋の湿気臭さが気になるときに、実践できる予防策にはどのようなものがあるでしょうか?湿気やカビの臭いは毎日生活していて、部屋の中にいて常に気になるものというより、外から帰ってきた時に「あれ?」ということが多い気がします。

例えば、人の家にお邪魔した時など、その人の家の匂いというものがありますが、そういうものの中に湿気臭さも含まれています。他人の家の匂いは、意外と記憶に残ったりしますので、気をつけておきたいところです。

 

・空気清浄機

どの家庭でも1台は置いているかもしれません。我が家にも居間に1台あるのですが、加湿機能付きですとか、プラズマクラスターで消臭機能のあるものなど機能はさまざまですが、加湿機能は使わず、部屋の空気の消臭を目的に使いましょう。本体に湿度計が付いてますので常に確認できるのはいいです。

・オゾン発生消臭機

我が家にも昔あったのですが、プラズマクラスターが一般化する前はオゾン発生消臭機のほうが多かったと思います。湿気臭さなどにも効きますが、ペットの臭いなど強力な臭いに対してもオゾンの力で消臭してくれます。

・重曹

先ほども出てきた重曹ですが、湿気の解消の他に消臭の効果も期待できます。

かなり有能でしかも安価です。

・炭

一時流行ったと思うのですが、消臭剤でも炭の使用しているものはたくさんあります。

備長炭や竹炭など炭にも種類がたくさんあります。インテリアとしても置くことができるのがいいですね。ちなみに炭自体も永久に消臭効果が持続するわけではないので、置いて安心せず、水洗いや煮沸消毒で再生させつつ古くなったら新しいものに替えましょう。

 

部屋の湿気と湿気臭さの対策について考えてみました。

我が家でもエアコンでドライ運転をし空気清浄機を作動させていますが、家の中にあるものや安価なもの、ペットボトルなど工夫ひとつで対策できることがわかります。

ペットボトルを凍らせて置いておくのは、さながら理科の実験のようでもしご家族がいたら試してもらいたいと思います。

 

また、湿気の季節でも窓を開けて外気を取り入れ、部屋の空気自体を入れ替えて置いたほうがいいでしょう。湿気はカビの原因になりますが、部屋のホコリがたまっている場所に発生しやすいです。さらに我が家でも使用しているエアコンですが、こちらもフィルターの掃除をきちんとしておかないと部屋の空気自体が汚くなってしまいます。

部屋の清潔と換気に気を配りながら、工夫してジメジメしている季節を乗り切りたいですね。

スポンサーリンク