正しい部屋干しのコツ!扇風機は必ず使おう

梅雨の季節。今日も雨、明日も雨・・・。

そんな日は洗濯物を部屋干しする方も多いと思います。ただ部屋干しは湿気が部屋の中にこもりやすく、うまく乾かなかったり、洗濯物が臭くなってしまい結局洗い直さなければいけなかったりとなかなか気が進まない人が多いのではないでしょうか?

私も雨の日はコインランドリーなどは使わず、部屋干しをしていますが、何も分からず干していたころは、部屋中に湿気がこもり、嫌なにおいが充満していた経験があります。

エアコンや除湿機をつけっぱなしにするのは気が引けるし、部屋干しに良いイメージが持てず、部屋干し洗剤などを使ってはいるものの、今一つ信用できない部分がありました。

しかし、洗濯物がきちんと乾く原理を理解すれば、正しい部屋干しをすることで、梅雨の時期の部屋干しの悩みを解決できるって知ってましたか?

そのことを知ってから雨の日の洗濯が嫌にならなくなりました!

今日は他洗濯物が臭くならない部屋干しの仕方や、正しい部屋干しのコツなどをご紹介します!

この時期のお洗濯に悩んでいる方、必見ですよ!!

スポンサーリンク



洗濯物が乾くために必要なこと

そもそも洗濯物はどのようにして乾くのでしょうか?

洗濯物が乾くためには大きく4つの条件が必要になります。

1. 温度(気温が高いほど乾きやすくなる)
2. 湿度(湿度が低いほど乾燥が早い)
3. 風力(空気の儒運管が良いほど早く乾く)
4. 表面積(空気に触れる面積が大きいほど早く乾く)

 

洗濯物に含まれる水分が空気中に蒸発することで乾いていきますが、洗濯物から水分が蒸発するときに、洗濯物の表面にその水分を含んだ空気の層ができます。その層を循環させ、新たに繊維内の水分の蒸発を促すために風力が必要なのです。

梅雨の時期は気温も下がり、湿度がとても高くなるため、選t楽物は乾きにくくなりますが、表面積を大きく保つこと(なるべく広げて干す)と風力によって風通しを良くし、洗濯物の表面の空気を常に入れ替えることによて、条件1.2.を補うことができます。

そして、部屋干しの際に空気の循環を促してくれる必須アイテムが扇風機なのです。

ほかにも除湿機やエアコンのドライ機能なども同じ効果がありますが、扇風機は比較的電気代が安く、何より風力が強いため、部屋干しにはなくてはならない存在なんですよ!

スポンサーリンク



部屋干しの時雨でも窓を開けておくべき?

皆さんは、部屋干しをする際、梅雨でも窓は開けますか?
ズバリ、私は開ける派です!

これは、部屋の中に雨が吹き込まない程度であることと、在宅中であることが絶対条件になりますが、窓を開けておいた方が断然洗濯物の乾きが早いからです。

窓を閉め切って部屋干しをしていると部屋の中の湿度が上がり、扇風機を回していても水分の蒸発する余地がなくなり、洗濯物の乾きが悪くなってしまいます。

洗濯物が濡れている時間が長くなると繊維の中に雑菌が繁殖し始め、嫌な部屋干し臭の原因になってしまいます。洗濯物を清潔に保ちながらなるべく早く乾かすには部屋の中の湿気を外にだし、空気を循環させることが1番大切なんです!

ですが、雨が強く吹き込むほどの天候だったり、家を留守にする場合には防犯や安全上のためしっかり戸締りをしましょう。その時は扇風機だけでなく換気扇を回したり、場合によっては除湿機などを併用してもいいでしょう。

扇風機はどう使うのがいい?

部屋干しに扇風機が欠かせないということが分かりましたが、その扇風機はどのように使うと効果的なのでしょうか?

扇風機を使うときは、扇風機を洗濯物から1mほど離し、首ふり機能をONにして使います。

そして、洗濯物の下半分に風がまんべんなく当たるように高さを調節します。洗濯物に含まれる水分は重力で下に下に下がっていきますので、半分より下に風を当てることによって効率的にムラなく乾かすことができます!

そして、洗濯物の干し方にもポイントがあります!

洗濯物同士の間隔は15センチ以上離し、扇風機の風力で寄らないように洗濯バサミなどで固定しましょう!

タオルなどをハンガーに干すときは重なる面積がなるべく小さくなるようにずらして干すといいと思います。

風通しを良くするために乾いたものからハンガーから外していくこともポイントです!
とにかく部屋干しをする際の大きなポイントは風通しを良くし、常に空気を循環させることなんですね♪

まとめ

今回は正しい部屋干しの仕方について以下のポイントを押さえながらご紹介しました!

 洗濯物が乾くためには、気温 温度 風力 表面積 が重要になる
 部屋干しをするときはなるべく窓を開け、換気をしよう!
 扇風機は洗濯物から1mほど離し、下半分に万遍なく風が当たるようにする。

梅雨の時期は洗濯をするのが特に嫌になる時期でもありますが、部屋干しのポイントをしっかり押さえることで解決できることがたくさんありそうです。今回ご紹介したポイントをしっかり押さえて扇風機を使った部屋干しを試してみてくださいね!

スポンサーリンク