今すぐできる!お風呂場の鏡の水垢に有効な掃除方法はなんとアルミホイル!?

お風呂の鏡、いつの間にか水垢で白く濁っていませんか?

私はど近眼で、お風呂に入る時いつも視界はぼんやり…その上湯気で曇ってるのでそんなに気にしていませんでした。

子供達が鏡や壁を「泡で洗ってあげる♪」とお母さん気分で泡でいっぱいにしてくれます。完全に泡遊びです。その後始末は本物のお母さんの仕事。

 

で、シャワーを流してキレイになったかな?

と鏡をじっと覗いてみるとあれれ?キレイになってない!このこびりついてるのは水垢!スポンジでゴシゴシしたくらいでは落ちません。どうすればいいの?ということで、簡単に水垢を取る方法をご紹介します!

用意する物は、アルミホイルと水、これだけです!

 

スポンサーリンク



毎日掃除してるのに…お風呂場の鏡の水垢はどうしてたまってしまうの?

毎日娘たちが泡遊びしてくれるおかげで私も毎日シャワーで泡を流して、結果、みんなでお掃除したことになっていると思います。それでもお風呂場の鏡に水垢はたまってしまっています。なぜなんでしょう??

 

水垢の原因は水道水にはカルシウムやマグネシウムといった金属成分が含まれていて鏡に水が付いて蒸発すると水(H2O)だけが蒸発して、カルシウムとマグネシウムの結晶が残ります。これが頑固な水垢の正体です。

 

水道水の中の金属成分と石鹸カスやシャンプー、リンスなどの成分が結びついて水垢の原因になったりもします。
要は、水と石鹸成分が乾燥するとダメなんですね。

 

どの家にでもあるアルミホイルで今すぐできる水垢掃除の方法

とーっても簡単な方法で水垢が取れてしまいます!

まず、アルミホイルを用意します。大抵のご家庭なら台所にありますよね。
だいたい20センチくらいでいいと思います。

軽く丸めましょう。次に水をつけて鏡をゴシゴシ磨いてください。
黒い液体が出てきますが化学反応ですので害はありません。
最後に水をかけましょう。ピカピカになっていますよ!

 

鏡にキズがつかないか心配になる方もいらっしゃるでしょう。
でも大丈夫です!鏡の方が硬度が高いのでキズはつきません。念のため鏡の端を確認しましょう。

 

この方で試してみて、思いっきり磨いてくださいね。
磨いた後はまた水垢がつかないように、しっかりと水分を拭き取ることも大事です。タオルで拭き取って充分に乾かしましょう。これで水垢がつきにくくなるはずです。

 

そして、その使い終わったアルミホイルは捨てないでお風呂の排水口か、台所の排水溝にそのまま入れておきましょう。

 

ぬめりが軽くなっているのを実感できると思います。

私はよく水垢のお掃除以外でも使った後のアルミホイルは大事に取っておいて、排水溝のカゴに入れています。できることならぬめりと顔をあわせたくありませんものね。

 

スポンサーリンク



 

他にもある!自宅にあるものでできる簡単水垢掃除!

他にもあるんですよ!自宅にあるもので簡単に水垢掃除始めましょう。

 

〇クエン酸

水垢の原因である金属成分はアルカリ性です。アルカリ性の汚れをお掃除するには酸性のものを使うといいそうです。

 

そこで登場するのがクエン酸です。
クエン酸を水に溶かしてクエン酸水を作りましょう。割合は水200mlにクエン酸を小さじ1杯から2杯くらいです。汚れがひどい時はクエン酸の割合を増やすか、お湯で作りましょう。

スプレーボトルがあれば便利ですが、なければコップやお風呂の桶でも大丈夫です。

鏡の水垢にクエン酸水を吹きかけてその上からサランラップで乾燥しないようにしておきます。だいたい1時間くらい置いてラップをとり、そのラップで鏡をゴシゴシ磨きます。

最後に水をかけて終わりです。キレイになったでしょ?
クエン酸はスーパーやドラッグストアなどで購入できます。お値段もお安いので常備しておいてもいいですね。

 

〇お酢

お酢も酸性ですので水垢取りに適しています。

酸の力でカルシウムやマグネシウムを浮かせてしまいます。お酢は薄めずそのまま布や雑巾にしみこませます。

鏡をくるくると拭くと水垢がとれています!もっと汚れがひどい時はキッチンペーパーにお酢を浸して鏡に張り付け、ラップパックしてしまいましょう。
お酢なら大抵のご家庭にあるものなので簡単ですよね。

 

〇歯磨き粉

他に歯磨き粉と乾いた布で水垢を取る方法もあります。
歯磨き粉には研磨剤が入っていますから、その研磨作用で水垢を退治するというわけです。

ただ、間違えても歯ブラシでゴシゴシしないようにしてくださいね。鏡にキズが付く恐れがありますので、かわいた雑巾で優しく円を描くように磨きましょう。
歯磨き粉も家にあるのですぐ試せますね。

専用のクリーナーを使うのもいいけれど、家にあるものでお掃除できると節約もできて気持ちがいいですね。

スポンサーリンク