苛性ソーダの効果がすごい!お掃除の強い味方に♪

普段、お掃除をしていても蓄積されていく汚れはなかなか落ちないものですよね><;

特にお風呂場やキッチン、洗面所などは油や皮脂などが少しずつ汚れが付着していき、毎日お掃除しても、やはり隠れたところに汚れが有ったりします。

 

こんな時アナタはどうしていますか?

見て見ぬふりをしたい気持ちはありますが、そうも言っていられませんよね^^;

そんな汚れを落とすために、チョット高めのお掃除用洗剤を使って汚れを落としたりと家計にはやさしくありませんものね^^;

そんなアナタにおススメなお掃除グッズが有ります!

 

それは苛性ソーダです!

「苛性ソーダって何かアブなそうな名前だけど、そんなもの使っても大丈夫なの?」

と思われるかもしれませんが、ちゃんと使い方を守ればご家庭にある油汚れや皮脂汚れなどを簡単に取り除ける便利なお掃除アイテムなんですよ!

 

それではご家庭のお掃除の救世主!苛性ソーダを使ったお掃除方法をご紹介していきます!

スポンサーリンク



苛性ソーダってどんなものなの?

そもそも苛性ソーダとは何なのか?

苛性ソーダの正式名称は水酸化ナトリウムという物質で、非常に強いアルカリ性の性質をもった化学物質なんですね!
工業的には様々な工場で製品を洗浄したりなど一般的に使われている基本的な化合物です。

 

この苛性ソーダは、一部のある趣味を持っている人にとってもなじみ深い物になっています。

その趣味とは!石鹸作り!

 

手作り石鹸を作る時に、サラダ油やアロマオイルなどの材料のほかに、苛性ソーダは欠かせないのです!

そう聞くと、「石鹸の原料なら、肌にも優しい薬品なの?」と思うかもしれませんが、それは大間違いです!

 

この苛性ソーダは、毒物及び劇物取締法及び薬事法で劇物指定をされている結構危険な物質なんですね!

薬局やインターネットで購入は可能ですが、その際身分証明書などの提示や決められた書類に住所などを記入しなければなりません。

 

強アルカリ性の苛性ソーダは、タンパク質や油分を分解する力が非常に強く、肌に付いた場合には、化学やけど(化学物質によるやけどと同じ様な症状)を起こす他、誤って口に入れた場合には、死亡することすらある、取り扱いに細心の注意を払う必要があるものなんです!

 

しかしながら、タンパク質を溶かすその性質から、お風呂掃除では、髪の毛等で詰まった排水管の掃除や、こびりついた皮脂掃除、換気扇などの油が固まっている場所でのお掃除に大変有効なんです!

 

プロのお掃除屋さんはこの苛性ソーダを使っている方も多くいらっしゃいます!

スポンサーリンク



苛性ソーダを使った掃除方法

さて、苛性ソーダはどの様な物なのかご理解いただけたと思いますが、ココからは苛性ソーダを実際に使って、お掃除をしていきたいと思います!

 

まずは準備する物のご紹介から!

1 ゴム手袋

2 保護メガネとマスク

3 出来れば長袖、長ズボンで

4 水5リットル

5 苛性ソーダ

 

上記でもお話してきましたが、苛性ソーダは危険な薬物なので、出来る限り肌を露出させない様にしましょう!

誤って苛性ソーダが付いても、衣服を脱いだり外すだけで済むので、この点は守ってくださいね!

 

では実際にお掃除をして行きましょう!

まずは換気扇!

油が非常にこびり付きやすく、落とすのには手間と労力が大変かかる所ですね^^;

 

しかし!苛性ソーダを使えばカンタンに落とすことが出来ます!

まずは苛性ソーダの水溶液を作っていきましょう!

水5リットルに対して苛性ソーダを大さじ1杯溶かし入れます。これをよくかき混ぜて苛性ソーダ水溶液を作っていきます!

 

布巾などに苛性ソーダ水溶液をしみこませて油汚れの木になる所を拭いていきましょう!

あっという間に油汚れが落ちるではありませんか!凄いですね!苛性ソーダ!!

 

あまりにもしつこい換気扇のプロペラやファンなどは取り外して苛性ソーダ水溶液に直接漬け込みましょう!

数分から数十分ほど漬け込んだら取り出して洗い流すだけで頑固な油汚れもきれいに剥がれ落ちてくれます!

 

次にお風呂場の排水溝ですね!

こちらも同様に苛性ソーダ水溶液をしみこませた布巾などで擦り落としていきましょう!

排水溝の取り外せる部品は、直接苛性ソーダ水溶液に漬け込めば簡単に落ちてくれます!

 

苛性ソーダは本当に楽に汚れを落としてくれます!

苛性ソーダを洗い流す時は、入念に洗い流してくださいね!

また、洗い流す際もご自分にかからない様に注意しながら行ってください!

苛性ソーダを使うときに注意するポイント

苛性ソーダは皮脂や油汚れを落とすには大変便利なアイテムですが、やはり劇薬に指定されている通り、取り扱いには細心の注意が必要です!

 

まずは他のお掃除用洗剤と併用しないこと!

少しでも苛性ソーダと混ざってしまうと化学反応を起こして有毒ガスを発生させる恐れがありますので絶対に併用は避けて下さい!

 

次は、肌に付いたらすぐに洗い流すこと!

誤って皮膚についてしまった場合は、大量の水で洗い流してください!

ほおっておくと化学やけどが進行して、皮膚が壊死してしまう場合がありますので、すぐに水で洗い流すことを守って下さいね!

 

次は、苛性ソーダを使った後は、よく洗い流すこと!

少しでも苛性ソーダが残った状態で触ったりすると、気づかないうちに化学やけどを負ってしまう可能性があるので、必ず良く洗い流すこと!

付けない!吸い込まない!子供には絶対に触れさせない!

 

以上の点に気を付けてお掃除をして下さいね!

まとめ

苛性ソーダはご家庭にある汚れを簡単に落としてくれる便利アイテムですが、非常に危険な薬物でもありますので、取り扱い方法や保存場所にはくれぐれも注意してくださいね!

その点さえ守れば、便利なお掃除アイテムであることには違いありませんので!^^/

スポンサーリンク