浴槽の黄ばみをきれいにしたい!簡単お掃除方法

7月 8, 2018

毎日入るお風呂場。一日の汗を流す場所なのでいつも清潔に保ちたいですよね^^

でも、他の家事仕事が忙しくて、お風呂のお掃除はついつい簡単に済ませてしまう事も・・・

 

そんなある日、ふと気づいたら浴槽に黄ばみが・・・お風呂掃除をおろそかにしていたツケが回ってきましたね^^;

通常のお掃除では、黄ばみを落とす為に根気と労力が必要になってくるので、ウンザリしてしまいますよね><

そこで今回は、気になる浴槽の黄ばみを簡単に落とす方法をご紹介していきたいと思います!

 

しつこい黄ばみ汚れも、これからご紹介する方法でお掃除すれば、ササッと簡単にきれいに落ちちゃいますよ!

スポンサーリンク



浴槽が黄ばんでくる原因3つ

そもそも浴槽の黄ばみは何が原因で出来るのか?その要因は3つあります。

1 水垢

2 せっけんカスや入浴剤の色素

3 皮脂汚れ

この3つが主な原因となっています。

水垢とは、水道に含まれるカルシウムなどのミネラル分が、空気と反応して出来る汚れです。

その汚れにせっけんカスや皮脂汚れなどが付着して黄ばみとなって行くんですね!

 

更に、毎日入浴剤などを使用されている場合は、入浴剤に含まれる着色料が原因の場合もあります。

黄ばみは放っておくと、どんどん汚れを吸収していき、やがて頑固でなかなか落ちない厄介な汚れとなって行くので、そうなる前に落としていきましょう!

スポンサーリンク



浴槽の掃除方法とお役立ちグッズ

さて、ココからは実際に浴槽の黄ばみを落とす方法をご紹介していくのですが、お掃除をする際にとっても役に立つ浴槽お掃除グッズをご紹介しながら、お掃除方法をご紹介していきましょう^^/

 

1 クエン酸

水垢の原因となるカルシウム分はアルカリ性なので、酸性のクエン酸が非常に効果的です!
また、せっけんカスも同様です。

酸の力でカルシウム分を除去してくれるので、黄ばみ汚れの原因となる水垢を取り除いてくれますよ!

 

2 重曹

重曹はクエン酸とは逆にアルカリ性の性質を持っています。

お風呂を使用する上で、皮脂汚れが浴槽に付着するのは避けられませんよね^^;

皮脂汚れの成分は主に酸性の性質を持っています。酸性の性質を持つ皮脂汚れにクエン酸では落ちません。そこで、アルカリ性の性質を持つ重曹を使えば、皮脂汚れの酸が分解されていき、落としやすくなるわけなんですね!

この様に、汚れの性質を理解して適したものを使用すればカンタンに汚れが落ちてくれるというわけなんですね!

 

3 塩素系の漂白剤

入浴剤の着色料による黄ばみは、塩素系の漂白剤を使用することをお勧めします!

お風呂用のカビ取り剤が一番適しているので、そちらを使用しましょう^^

 

4 食品用ラップ

食品用ラップはシップの役割をしてくれるので、しつこい汚れなどには少し時間をかけて浸け置きしたい場合に非常に有効です!

 

さて、ココからは浴槽のお掃除方法をご紹介していきましょう!

まず一番初めに行うのが、重曹でのお掃除です!

寝る前に、浴槽に溜まっている残り湯の中に重曹を大さじ3杯程度投入しよくかき混ぜます。

後は朝まで放置するだけ!カンタンでしょう?

 

あとは、朝起きたら残り湯を抜いて水で流すだけ!

これで黄ばみの原因になる皮脂汚れやせっけんカスなどを落とすことが出来ますよ!

 

次に行うのはクエン酸でのお掃除です!

まず、クエン酸水を作ります。比率は水500mlに対して粉末のクエン酸を小さじ3杯ほど入れて良くかき混ぜます。

市販のスプレーボトルなどに入れて、黄ばみの部分にまんべんなく吹き付けていきましょう^^

 

次に食品用ラップをクエン酸水を吹き付けた所に貼り付けていきます。

この時、食品用ラップと浴槽の間に空気が入り込まない様に貼り付けていきます。

貼り付け終わったら、30分ほど放置します。

放置した後、浴槽用スポンジなどでこすっていきましょう!

 

これで黄ばみの原因となる水垢が除去できましたね!^^/

これでも落ちない場合は同じ事を2、3回繰り返して行ってみて下さいね!

 

次に入浴剤に含まれる着色料が原因の黄ばみですが、こちらはカビ取り剤(塩素系の漂白剤)を利用して行きます。

黄ばみの部分に直接カビ取り剤を直接吹き付けていきます。そのまま10分ほど放置して洗い流してください。

 

大抵の場合は今回ご紹介した方法で簡単に落ちるので、是非試してみて下さいね!

浴槽がキレイになったら予防をしよう

浴槽がきれいになったところで満足していてはいけません!

日頃の予防措置が、黄ばみをつけにくくしていきますので、是非行ってください!

使用後のお湯に浮かんだ石鹸カスと皮脂が、浴槽内にこびりつき剝がれづらくなる前に取り除くことが重要です。

でも、石鹸カスや皮脂は目に見えづらいものなので、お湯に浮いているうちに、汚れ取り網などを使って汚れをすくい取ってください。

お湯の表面をすくい取るだけでも、ある程度の汚れを取り除くことが出来ますよ!

また、入浴剤は、重曹入りのものを使ってください。
重曹は黄ばみだけでなく、防カビやにおいなどを消してくれるなどの効果も期待できます!

入浴剤を使用した後は、キレイに洗い流しましょうね!

 

まとめ

お風呂は日頃の疲れを癒す家族全員の憩いの場なので、清潔かつ快適にしたいですよね^^

今回ご紹介したお掃除方法で浴槽をきれいに保ち、毎日快適にお風呂に入りましょう!

スポンサーリンク