カビ予防にはどっちがいい? キッチンハイターとカビキラーの違い

普通の洗剤では中々落ちないカビ汚れ。
このカビ汚れを落とすのに一般的なものは、「キッチンハイター」と「カビキラー」ですよね?
はたして、どちらがより落とせるものなのでしょうか?
そこで成分の比較や、それぞれの使い方などを詳しく解説していきますよ!

スポンサーリンク



◎キッチンハイターとカビキラーの成分比較

基本的な成分は、ほとんど同じになっています。
<共通する主な成分>
○次亜塩素酸ナトリウム
○水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)
○界面活性剤
では、何が違うのでしょうか・・?

<カビキラーだけに入っている成分>
○香料
浴室で使われることが多いカビキラー。入浴時に塩素臭がしないように香料が入っています。
かなり強い香りで、水でしっかり流しても香りが残るレベルです。
逆にキッチンハイターでは、その名の通りキッチンで食器等に使うことが多いため、余計な香りがついて食事の際の邪魔にならないように香料を入れていないことが多いそうです。

<共通だけど少し違う!>
○次亜塩素酸ナトリウムの濃度
キッチンハイターと比べ、カビキラーに含まれる「次亜塩素酸ナトリウム」の濃度は、かなり薄いものとなっています。
直接スプレーするタイプのカビキラーは、薄める必要がないよう0.5%溶液でそのまま使用できるようになっています。
対して、キッチンハイター(液体)ですと なんと6%溶液という濃さで、水で薄めて使うことを前提としています。
そのため、原液で使うことを考えたらとても効果が高いことになります。
泡タイプのキッチンハイターですと、カビキラー同様 直接吹きかけるため
濃度が抑えられており、0.6%溶液になっています。
それでもカビキラーよりは僅かに濃度が高いんですね^^

○界面活性剤の作用
カビキラー側には、増粘作用のある界面活性剤が使われています。
「増粘作用」とは・・
油分を水に溶かす作用になります。
そのため、カビ対策の漂白だけでなく 油汚れにも効きますよ!
ってことですね^^♪

スポンサーリンク



◎キッチンハイターとカビキラーの使い方

キッチンハイターは前述の通り、とても濃いので水で薄めて使います。
カビ取りで使用する際には、ハイターと水で1:1の割合で混ぜます。
混ぜたものをカビ部分に付けて、歯ブラシなどでよく擦ると良いです。
それでも取れない場合は・・・
キッチンペーパー等にハイターを染みこませて、カビ部分に貼り付けます。
そのまま20~30分ほど放置した後、剥がして水でよく洗い流します。
イマイチ取れない・・そんな時はこの作業を繰り返すと良いです^^

カビキラーは、スプレー後 まずは漂白成分がきちんとカビ内部に浸透するまで待つ必要があります。
スプレーしてすぐに擦ってしまうと、成分が表面に付着しただけの状態なのでカビが落ちないんですね^^;
こちらもスプレーしたら30分ほど放置すると良いでしょう^^♪
これくらいの時間で、成分がカビに浸透していきます♪
より浸透効率を上げるのであれば、スプレー後にラップなどを貼り付けておくと良いです^^
ぜひ試してみてください^^♪
上記の動画でもカビキラーの使い方を紹介しています^^
参考にしてみてください^^

と・・・ここまでは、いわゆる「カビ取りの方法」ですが
タイトルにもあります「カビ予防」の話をしたいと思います。
カビの原因は洗剤やシャンプー、ボディーソープなどの流し残しが原因となることが多いです。
そのため、予防策として有効なのは・・・
① まずはきちんとカビ取りをする(ハイターでもカビキラーでも良いので)
② 普段からきちんと泡や洗剤等をよく洗い流すように心がける
これですね!
結局「予防」としては、どちらが良いというものではないんですね^^;
日常的な部分が大事!ということですね!

◎どちらも使用時には十分注意しよう

よく言いますよね・・「混ぜるな危険!」
キッチンハイターやカビキラーはどちらもアルカリ性です。
そのため酸性の洗剤(トイレ用洗剤や浴室用洗剤)と混ぜてしまうと有害なガスが発生してしまいます・・。
これはとても危険です!絶対に注意してください!
また、塩素を含んだ溶液ですのでゴム手袋などを使用せずに素手で取り扱うと皮膚がぼろぼろになってしまうなど、目に見える害も生じてしまいます。
必ずゴム手袋を使いましょうね^^
また、換気も大事です。
特にキッチンハイターは漂白剤臭さがどうしても強く、換気せずにニオイが篭ると最悪吐き気も起きたりします。

◎まとめ + おまけ

「混ぜるな危険!」
「必ずゴム手袋を使おう!」
「きちんと換気!」

この3点を忘れることなく、工夫してカビ取りしましょうね^^
おまけ・・になりますが、お値段は最も効力の高い液体ハイターが最も安いです。
広い範囲でカビ取りを行なう際などは、低コストに抑えて工夫で上手にカビ取りをしていきましょうね^^♪

スポンサーリンク