これを知らなきゃ損!鏡の湯垢が落ちる簡単掃除方法!

浴室掃除の中でも特に手ごわい汚れといえば、鏡についた湯垢ですよね!

綺麗にしてもまたすぐに同じような状態になってしまうので、ああもう!またか!とウンザリしてしまいます。
かといって掃除が大変だからと放置してしまうと、たった数日で鏡に魚のウロコのような模様がビッシリ!鏡に映る自分の姿がなんかよく見えない!なんてことも…。

ちなみに筆者は面倒くさがりなので、まさにその経験アリです。

そこで今回は、浴室の鏡についたガンコな汚れを、簡単にすっきりピカピカにする方法をお教えします!

スポンサーリンク



これが湯垢の正体!湯垢はなんで落ちにくい?

簡単に言ってしまうと、湯垢の正体は「水道水に含まれるカルシウムやマグネシウム」です。
シャワーなどの水道水が鏡に付くと、水滴は時間とともに乾きますが、上記の金属成分は蒸発する際に結晶化します。それが蓄積されていくと、あのウロコ状の湯垢になっていくんですね。

 

「汚れ」をとおり越して「結晶」になっているんだから、そりゃゴシゴシこすったって、なかなか綺麗にならないワケですね!

じゃあ一体、どうしたらいいの~!!!

いつでもピカピカの鏡に!湯垢の簡単除去方法の手順

手順を説明する前に、湯垢の原因であるカルシウムやマグネシウムの成分について考えてみましょう。

 

まず、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムはアルカリ性です。
ということは、自ずと掃除に使用するものの成分も変わってきますね。
そう、反対の成分である酸性のものを使えばいいのです!

 

【用意するもの】

・クエン酸粉末またはお酢

酸性のもの代表といえば、クエン酸です。
クエン酸粉末は百円ショップでも入手可能です。様々なお掃除に使えるので、家にひとつ常備しておくと重宝しますよ!
お酢は大抵どこの家庭にもありますね。クエン酸粉末がない!という方や、わざわざ
買うのはちょっと、、、という方はお酢でもOKです。

・アルミホイル

どこにでも売っている、ふつうの家庭用アルミホイルで大丈夫です。

 

【手順】

アルミホイルを軽くクシャクシャにする
クエン酸粉末大さじ2を500mlくらいのぬるま湯に溶かし、クエン酸液をつくる(お酢の場合はそのまま使用する)
つくったクエン酸液をアルミホイルにつけ、湯垢をこする
最後にシャワー等で鏡を洗い流す
鏡に付いた水滴をふき取る

 

これだけです。
拍子抜けしてしまうくらい簡単ですね!

ちなみに重曹も掃除の定番ですが、残念ながら重曹はアルカリ性ですので、同じことをしても湯垢にはほとんど効果ナシといってもいいでしょう。

 

また、アルミホイルで湯垢をこするときは鏡を傷つけないよう、力加減を調節してくださいね。

アルミホイルだと鏡に傷がつきそうで怖い!という方は、手にはめて使う「垢すりミトン」でもいいと思います。独特のゴワゴワ感がありますが本来は体に使うものですので、傷がつく可能性はかなり低いですよ。

こちらも、百円ショップでも買えます。

予防策も合わせて紹介!綺麗な鏡を維持する方法とは

せっかく綺麗な鏡になったんだから、ピカピカの状態をなるべく長く保ちたいですよね!

そこでオススメなのが、「車用の防滴コート剤」です。

 

フロントガラスに塗ると雨などをはじいてくれるアレです。
カー用品専門店や、ホームセンターで1300円~1500円ほどで手に入ります。
一度塗れば数週間も効果を発揮してくれますので、筆者も家じゅうの鏡や窓に使用していますがとても良いです。
同時に曇り止めの効果もあるので、浴室の湯気で鏡が見えない!なんてこともなくなり快適ですよ。

 

とはいえ、何を塗っても鏡に水滴は付きますし、そのまま乾けばいずれ湯垢になります。
なので結局いちばんの予防方法は、「鏡に付いた水滴をこまめに拭き取ること」。
コレに尽きます。

 

冒頭でも述べたとおり筆者は面倒くさがりですが、これを心がけるようにしたら今はもう習慣になったので、あまり苦ではなくなりました。
面倒ですが、ひと手間で後がラクになるならやらない手はないですよね!

まとめ

今回ご紹介した湯垢掃除&ピカピカ維持のポイントは、以下の4つ。

・湯垢掃除には酸性のものを使用する!
・アルミホイルでゴシゴシこすりすぎない!
・車用の防滴コートを使う!
・いつも浴室を出る前に、鏡に付いた水滴を拭き取る!

いかがでしたか?
主婦やひとり暮らしの方々を悩ませてきた湯垢、これでもう怖くないですね!
ピカピカの鏡で毎日ハッピーなバスタイムを楽しんでくださいね!

スポンサーリンク