なんだか畳がカビ臭い!?きれいに掃除するには

畳の独特の香りって癒されますよね。
畳の上で寝ていると、日本に生まれて良かったなぁと感じます。
そんな畳ですが、カビが生えやすく、丸洗いできないのが厄介ですよね。

私もカビを生やしてしまい、何度後悔したことか…。
その時に身に付けた、畳にカビが生えてしまう原因と掃除の方法、カビを生やさないための予防方法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



畳にカビが生えてしまう原因

・主な原因
畳にカビが生えてしまう原因は以下になります。
温度、日光が当たらない、風通しが悪い、湿度などなど。

実はカビと言うのは湿度は50%以上から徐々に増え、湿度60%以上にもなるとかなりのカビが大繁殖してしまいます。
そして25℃くらいが1番、カビが活発に活動するので梅雨時に大繁殖しやすいのも納得ですよね。

ちなみに、カビが生えやすい所として思い浮かぶところって、押し入れや家具と壁の間などではないでしょうか。
そのような日陰になっていて風通しが悪いところと言うのは、さらにカビが発生しやすいんです。

汚れが原因になることも…

カビが生える原因として畳に汚れが付いている可能性もあります。
例えば畳の上で何か食べ物を食べたりなどはしなかったでしょうか。

カビが生える原因として畳に汚れが付いている可能性もあります。

もし畳の上で何か食べた場合には、その食べ物の数などがカビの餌となってしまってカビが大繁殖している可能性もありますね。

また、もし食べ物などを食べていなかったとしても人間の皮脂もカビの栄養となってしまいますので注意が必要なんです。

スポンサーリンク



畳のカビの掃除方法

掃除方法

〜用意するもの〜
・掃除機やほうき
・乾拭き用の雑巾
・濡れた雑巾
・コップ
・マスクやゴム手袋
〜手順〜
①ほうきや掃除機などを使って畳のゴミを取りましょう。
この時に、掃除機に畳モードと言う、畳を掃除するための設定がある場合にはそちらを使用すると畳が傷みにくいです。

②乾いた布で畳の目に沿うように、畳を乾拭きしてください。

③コップにお酢1に対し、水を10入れてよくかき混ぜましょう。

④③の酢水を雑巾に浸し、雑巾を固く絞ったら、畳の目に沿うようにして畳を拭いていきましょう。

⑤最後に渇いた布などで、畳の目に沿って乾拭きをしてください。
畳と言うのは先ほどもご紹介したように、湿気があるとカビが生えやすくなってしまいますのでしっかり乾拭きしましょう。

畳の臭いをとる方法

お茶っぱを使う

畳の臭いを取るにはお茶っぱを使ってください。

お茶っぱを少し湿らせて畳の上にまいたら、畳の目に沿うようにしてほうきではきましょう。

何度も何度もご紹介しておりますが、畳は湿気に湿気が残っているとカビの原因となってしまいます。
お茶っぱをまいてから素早くほうきではくことが大事です。

消毒用エタノール

畳の匂いを消すには、消毒用エタノールを使ってください。
消毒用エタノールはドラッグストアやホームセンターなどで手に入ります。

消臭効果はもちろんありますが、なんだかカビ臭いなぁと感じたときに使えば、すぐにカビの発生を抑えることができますし、臭いもすぐになくなります。
こちらもエタノールを染み込ませた布などで拭いてから、しっかりと乾拭きをしましょう。

畳のカビを防止する方法

定期的に畳を上げる

畳のカビを防止するには、定期的に畳を上げて畳の裏側まで風を通すことです。

週に1度となると少し多いと思うのですが、気が向いた時、例えば月に1~2回程天気の良い日に畳を上げて、しっかりと裏側を乾燥させることで畳にカビが生えにくくなります。

ただし、雨の日にこれをやってしまうと畳にカビが生えてしまいますので、注意が必要です。

畳の上に布団やカーペットなどを引きっぱなしにしない

畳にカビを生やさないための予防は、畳の上に布団やカーペット敷きっぱなしにしないことです。
実は畳と言うのは、もともと部屋の湿度を調整するために湿気を吸いやすいんですよね。

布団やカーペットの下と言うのは、湿気がたくさんたまりカビが生えやすくなってしまいます。
また、ダニやほこり等の発生にもなってしまいますので、もし畳の上に布団やカーペット等をしくのであれば、定期的に布団やカーペットなどどうかして乾燥させましょう。

どうしても畳のカビや臭いが取れないとき

酸素系漂白剤を使う

〜用意するもの〜
・酸素系漂白剤
・重曹
・コップ
・綿棒
・乾拭き用の雑巾
・濡らした雑巾
・マスクやゴム手袋

〜手順〜
①酸素系漂白剤と重曹を1対1の割合になるように、コップなどに入れて混ぜましょう。

②綿棒に①の酸素系漂白剤と重曹を混ぜたペースト状のものをつけ、カビが気になる部分などへ塗ってください。

③軽く濡らしたタオルで②のペーストを塗った部分へと、叩くようにして優しく拭き取って下さい。

④酸素系漂白剤の臭いが畳にないことを確認して、最後には乾いたタオルで乾拭きをしましょう。
もし酸素系漂白剤の臭いがある場合には、もう一度水に濡らしてタオルを固く絞り叩くように拭き取って下さい。

まとめ

・カビが生えるのは湿度や日光が当たらない、風通しが悪い、湿度などなど
・カビの掃除方法は酢水がおススメ
・畳の臭いを取るには、お茶っぱや消毒用エタノールが最適
・カビを防止するには定期的に畳を上げたり、布団などをしきっぱなしにしない
・畳のかび臭さがどうしても取れない場合には、酸素系漂白剤と重曹を使うべし

畳にカビが生える原因や掃除方法、予防方法などをご紹介しました。
畳は日本人にとっては癒しですが、カビやすいのが難点ですよね!

畳を綺麗に清潔に使うために、定期的なお手入れをしてください。

スポンサーリンク