気づくと溜まっているお風呂の石鹸カスの落とし方!

毎日きれいにお風呂掃除をしていても、乾くとなぜか白い汚れが浮き出てくる。

そんな経験ありませんか?何度こすっても消えないその汚れは、石鹸カスが原因かもしれません。

我が家のお風呂は床がグレーなのでその汚れがとても目立つんです!!

最初はただ石鹸やシャンプーなどが落ち切れていなかったのかなと思っていたのですが、よくよく調べてみると石鹸カスというものが原因らしいんです・・・。

今回は石鹸カスの性質とその落とし方についてご紹介します!

スポンサーリンク



石鹸カスの汚れが落ちにくい理由

そもそも石鹸カスとはどんなものなのでしょうか?

石鹸自体が飛び散ったものだと思っている人が多くいますが、実はそうではありません。

石鹸カスとは、石鹸の主成分 油 と水道水内の成分 カルシウム などが化学反応を起こしてできるものです。

この「金属石鹸」と呼ばれるものは、床や壁などにこびりつき固まってお湯で流したり簡単にこすったりでは落ちない汚れになっていきます。

厄介なのはこの金属石鹸にさらに汚れがたまり、カビが繁殖するなどの二次汚れを引き起こすことです。放っておくとカビだけでなく雑菌が増える原因にもなるみたいです・・・。

恐ろしい・・・。

何回もカビ掃除をしているのになかなか改善されないと悩んでいる人や、ちゃんと換気をしているのになぜか浴室が臭いのはこの石鹸カスが原因かもしれません。

スポンサーリンク



石鹸カス汚れをきれいに落とす方法

とても厄介な石鹸カスはただ、水で洗い流したり、スポンジでこすったりするだけではきれいになりません。

また石鹸カスには2種類あるといわれていて、その種類によって掃除の攻略法も変わってくるのでよごれの種類に合った掃除方法を見つけましょう!

 

 金属石鹸

石鹸カスの代表例と言ってもいいのが金属石鹸と呼ばれるものです。

石鹸が水道水の成分と反応して、脂肪酸マグネシウムや脂肪酸カルシウムと呼ばれる物質になります。

白い細かい粉末状のもので乾くと壁や床にこびりつきます。粉末状のものだからと言って簡単には落ちないところが厄介ですね・・・。

 

>>金属石鹸の落とし方

金属石鹸のはアルカリ性なので酸性ものでよくおおちます。

と言っても酸性洗剤はちょっと怖い・・・。そんな人にはクエン酸スプレーがおすすめです!ホームセンターや100円ショップなどにも置いてあり、手軽に購入できますよね。

このクエン酸スプレーを気になるところに吹きかけて少し時間をおいてから、固めのスポンジでこすってみましょう。

もしこれでも落ちない頑固な汚れがある場合には、酸性の洗剤を少しずつスポンジに取りこすってみてください!

 

 金属石鹸+皮脂汚れ

2つ目の汚れは先ほど紹介した金属石鹸に皮脂汚れが合体したものです。

何となく床がべたべたしていたらこの汚れの可能性が高いです。

この汚れはカビや雑菌繁殖の原因になるため早めに対処しましょう!

 

>>金属石鹸+皮脂汚れの落とし方

この石鹸カスは金属石鹸などの石鹸カスとは違い、酸性であるため、洗剤も同じ酸性ではなくアルカリ性の洗剤を使いましょう。

アルカリ性の洗剤が手元にない場合や洗剤を使いたくないという場合は、重層を使ってみましょう!

重層に少量の水を混ぜて重層ペーストを作ります。そのペーストを汚れている場所に塗布しスポンジで優しくこするとびっくりするくらい汚れが落ちますよ!

このようにさまざまな性質を持つ汚れがあるようなお風呂場では、その汚れに合わせた洗剤を見極めて使用しましょう!

石鹸カス掃除に便利なグッズ

石鹸カスを劇的にきれいにできる便利なものを紹介します!

 

 重層ペースト

重層に水を少量加え、トロッとするまでよくかき混ぜて作ます。このペーストをスポンジに少量とり、気になるところを軽くこすって掃除します。

重層には洗浄効果だけでなく消臭の効果もあるのでとてもお勧めですよ!

 

 お酢スプレーやクエン酸酢プレー

市販の強い洗剤は簡単に汚れが落ちる反面、皮膚についたり万が一口に入ってしまった時の心配をされる方も多いと思います。

そんな時はクエン酸やお酢を水と1:1で割ったスプレーをお勧めします!

食べても大丈夫なものを使用することで安心してお掃除ができますし、もしほかの洗剤と混ざってしまっても有害なガスが発生することもありません。

クエン酸やお酢のスプレーは主に金属石鹸の石鹸カスによく効きます。頑固な汚れの場合はスプレーした上からキッチンペーパーをかぶせ、その上からさらにスプレーをして密着させます。10分~20分ほどおいてこすりながら洗い流しましょう。

ただクエン酸やお酢スプレーは大理石に使用すると大理石特有の光沢がなくなってしまうため使用しない方が良いでしょう。

またカランなどに使用されているステンレスにお酢やクエン酸が付いたままになと錆びの原因になるため、使用した後はよくよく洗い流すようにしましょう。

まとめ

今回はお風呂大敵である石鹸カス。その性質や種類落とし方についてご紹介しました!

 石鹸カスは水道水の成分と反応し結合した「金属石鹸」になったもので、水に溶けないのでシャワーなどで流れずに落ちにくい汚れとなる。

 石鹸カスの汚れは大体はアルカリ性の洗剤を使うことによってきれいに落とすことができる。それでも落ちない汚れはアルカリ性のものを使ってみよう。

 石鹸カスには専用の洗剤も市販されているが、心配な人は重層ペーストやお酢、クエン酸スプレーなどを使うとよい。

 

毎日きれいなお風呂に入りたいのは誰しもが願うこと♪

落ちないとあきらめていた頑固な汚れも、その性質を知ることで対処できそうでね!

スポンサーリンク