実はある!マジックテープの粘着力を復活させる方法と裏ワザ

日常のいたるところで便利に活躍してくれるマジックテープ。

靴や服、バッグの口など小さお子さんをお持ちの方ならなおさら触れることの多いものですよね。

安全で、取り外しが簡単なことから、今では布製品だけでなく老人ホームや保育園の掲示物に画びょうの代わりにマジックテープを利用するところもあるみたいですね!

そんな便利なマジックテープでも繰り返し使っているとなんだか接着が甘くなってきます。

気づいたら粘着面にゴミがいっぱい溜まって全然くっつかない・・・。

なんて経験ありませんか?

もう無理かなーなんて思って付け替える前に試してもらいたい復活方法があるんです♪

今回は便利なマジックテープの復活方法を皆さんとシェアしたいと思います♪

スポンサーリンク



マジックテープ復活の裏ワザグッズは「アイロン」って本当!?

まず、マジックテープはなぜくっつくのか、仕組みを知るところから始めましょう♪

マジックテープには片面に細かいフック状のもの(鉤)、もう片方に細かいループ状もの(輪)、この両方が合わさることにより接着します。

細かい鉤が細かい輪に引っ掛かりくっつくのです。

これは服について種を運ぶ植物の原理から発明されたといわれており、今では子供でも簡単に扱えるものとして広く親しまれていますね。

マジックテープの粘着力低下の大きな原因は細かく敷き詰められた目にゴミがたまってしまう事です。

このごみは主に輪の方につきやすく、このごみを取り除くだけでも粘着力はかなり回復できます。歯ブラシなどで擦ると簡単に取れますよ!

 

また、フックの劣化も原因の一つです。

かぎ状のものは何回もはがされるうちに1つ1つの曲がり具合が甘くなり、輪に引っかからなくなるのです。

そんな時は、アイロンで復活できることを知っていましたか??

マジックテープの素材は主に塩ビやプラスチックなどです。

これは熱を加えることによって形状を変化させることができるので、アイロン熱をフック面にあて、少し押さえることによってフックの曲りを復活させることができるのです!

ただ、あまり高温にしすぎたり、押し当てる時間を長くすると素材が溶けてしまう事がありますので、低い温度から調節しながらやってみましょう!

スポンサーリンク



マジックテープの粘着力を復活させる方法 ふわふわ面編

マジックテープのふわふわ面の主な劣化原因は目にゴミがたまってしまう事。

このごみを取り除くにはいくつかの方法があのでご紹介します!

 ガムテープやコロコロなどの粘着テープを使う
粘着テープを使うと単にごみを取り除くだけでなく、寝てしまった輪を起こして鉤を引っかかりやすくするという効果があります。

 

 歯ブラシで擦る
毛の細かい歯ブラシなどで擦ると、粘着テープで取りきれなかった小さなゴミもきれいにとることができますよ!

マジックテープのふわふわ面を長持ちさせる方法

こまめにごみを取り除き、できればコロコロで輪を立ち上がらせることが大切です。

また、洗濯時はマジックテープを付けたままにすることで洗濯時に出たごみが付きにくくなりますよ♪

マジックテープの粘着力を復活させる方法 フック面編

マジックテープの鉤面の劣化の原因は主に鉤が切れてしまったり、鉤の曲りが甘くなってきてしまう事です。

先ほどもご紹介したようにアイロンで熱を加えることのほかにも方法があるのでご紹介します♪

 

 爪楊枝など先の細いものでごみをとる
フック面はふわふわのループ面と違い、歯ブラシなどでは汚れは取りにくいため、先の細いもので地道にとる方法がおすすめです。
そのほかにも粘着テープなどでもとることができます。

 ドライヤ-で熱を加える
アイロンと同じ原理ですが、ドライヤーの方が手軽のにできそうですね♪
熱風を当てすぎたりしないように注意しましょう。

 

そのほかにも、両方の面にシリコンや油などのすべりの良いものが付着すると粘着力が大幅に下がってしまいます。

ハンドクリームや化粧品が付いた手でマジックテープに触ったりしないようにしましょう。

また、誤ってつけてしまった場合は中性洗剤を溶かしたぬるま湯の中で優しく手洗いしてみましょう!

まとめ

今回はマジックテープの粘着力のふっかつ方法を、マジックテープの仕組みと一緒にご紹介しました!

 

 マジックテープは鉤面と輪面が合わさって粘着する。粘着力が落ちる主な原因はごみづまりと鉤面の曲りが甘くなること。

 輪面の復活方法は、粘着性のあるものでごみを取り除いたり、歯ブラシで擦ってみるとよい。

 鉤面の復活方法はドライヤーやアイロンなどの熱によって家具の曲りを復活させること。ただしやりすぎ注意!

 

何かと便利なマジックテープですが、長持ちさせるにはちょっとした心がけが必要なようですね。

マジックテープの寿命は長くて5年と言われています

毎日使うものだったらもっと短くなってしまうかもしれません。

子どもが使うものは扱いが荒くなってしまいがちですよね。。。

いつの間にかマジックテープがつかなくなってたなんてことにならないようにしっかりチェックしてあげましょう。

スポンサーリンク