窓掃除の必須アイテム!重曹を使ってきれいにする方法

窓ガラスは掃除しにくい場所ですが、汚れているととても目立つ場所でもあります。
もともと面倒くさがりの私は、なかなか窓掃除ができませんでした。
ですが、重曹を使うと少しのアイテムで簡単にきれいにすることができます。
そこで、我が家でやっているカンタン窓掃除のやり方についてお話したいと思います。

スポンサーリンク



窓ガラスの汚れの原因

窓ガラスは内側と外側で汚れ方が違います。

まず内側の汚れの原因は、

・皮脂汚れ
窓の開け閉めをするときに手のひらをペタッと当てたり、子供がガラスに顔をくっつけたりすることってありますよね。
私は、窓が開いているかと思ってのぞきこんだら閉まっててオデコをぶつけることが時々あります。
顔をぶつけたときに、あわてて服の袖で拭いても汚れは完全に落ちていません。

・煙草のヤニ
煙草のヤニは、部屋の壁だけじゃなくて窓ガラスにも付きます。

・部屋のホコリ
掃除をしたときや人が歩いたときなどに舞い上がったホコリが窓ガラスにも付きます。
窓に皮脂汚れが付いていると、よりホコリが付きやすくなります。

・油
キッチンについている窓には、調理中に飛びはねた油がガラスに付きます。
油にさらにホコリがからまったあとに冷えて固まると、けっこうガンコな汚れになってしまいます。

ガラスの外側の汚れは、

・土や砂
風によって飛んだ土や砂がガラスに付きます。
黄砂のひどい日は黄色い汚れが付いているのがはっきりと見て取れます。

・花粉
1年じゅういろいろな花粉が空気中を舞って、窓ガラスにもくっつきます。

・排気ガス
窓ガラスが駐車場や道路に面していると、窓ガラスに排気ガスが付着します。

・雨水や雪どけの水
雨や雪は真水ではありませんので、乾くと雨水や雪に含まれている汚れがそのまま窓に残ります。

窓ガラスは内側も外側もそれぞれいろいろな汚れが付着しているんですね。

スポンサーリンク



窓掃除に必要なアイテム

掃除をするとき、あまり多くのアイテムをそろえずにすませたいですよね。

エコ掃除として人気の高い重曹とクエン酸があれば、たくさんの洗剤を買わなくてもシンプルに掃除ができますよ。

必要なものは、
・重曹
・クエン酸
・スプレーボトル
です。

重曹とクエン酸はドラッグストアや100円ショップで買うことができます。
重曹は大容量タイプもありますが、最初は少量から試してみるといいですよ。

そのほか、拭き取るものも必要になります。
着なくなったTシャツなどを小さく切った布でも、普通の雑巾でもいいですが、拭き取ったときに布の繊維が残ることがあります。
マイクロファイバークロスだと繊維が残りにくいですが、それでも気になるようならスクイジーを使うといいですよ。

スクイジーも100円ショップやドラッグストア、ホームセンターなどで買うことができます。
スクイジーの下に水をためておけるボトルが付いているタイプだと、より便利でおすすめです。
スクイジーはお風呂の壁の水を切るときにも使えるので、ひとつあるといいですよ。

窓掃除用の重曹水を作ろう

重曹を使って窓掃除をするときには、まず「重曹水」を作ります。

重曹はザラザラした粒なので、そのまま窓に塗って掃除をすると粒子でガラスを傷つけることがあるからです。

重曹水は、ぬるま湯100mlに対して重曹を小さじ1~2杯です。
この割合で溶かしてスプレーボトルに入れて使います。
冷たい水だと溶けにくいので、重曹を溶かすときはぬるま湯を使うといいですよ。

重曹水を使った窓掃除のやり方

では、実際に重曹水を使って窓掃除をしてみましょう。
やり方はとても簡単です。

①重曹水を窓にスプレーします。
②水気と汚れを拭き取ります。

以上。
簡単ですね。

スクイジーを使うときは、上から下へ動かし、スクイジーの端っこの部分に次のスクイジーを重ねるようにして動かしていきます。

重曹+クエン酸で窓をピカピカに!

重曹だけだと重曹の白い跡が残る場合があります。
そのときは、酸性のクエン酸で弱アルカリ性の重曹を中和して落とします。

クエン酸もスプレー状にして使うのですが、割合は水100mlに対してクエン酸を小さじ1杯です。
これをスプレーボトルに入れて、重曹で拭いた後に吹きつけて布で拭き取るかスクイジーで拭き取るかして重曹の跡をとってください。

重曹もクエン酸も口に入っても問題はありません。
重曹やクエン酸で拭いた後の窓ガラスを子供がさわっても安心なのがうれしいですね。
重曹には、掃除用・薬用・食用の3種類があり、3種類とも成分や純度は同じですが、製造過程に違いがあります。
食用と薬用は厳しい管理のもとで製造されていますが、掃除用はそこまで厳しくはありません。
なので、食用の重曹を使うとより安心ですね。

さいごに

ガラス用の洗剤を使っていたときは手荒れをするためゴム手袋をして、洗剤が落ちるまで水拭きをして、全部拭き終わってから雑巾を手洗いしていました。
その一連の作業がめんどくさくてめんどくさくて、ガラス掃除自体を敬遠するようになりました。
重曹とクエン酸を使うと、洗剤残りを気にする必要がないため、とても楽になりますよ。

スポンサーリンク