ガラストップコンロの焦げ付き!取りづらい「コゲ」のお掃除方法

「ガスコンロを使い終わった後は毎回拭き掃除♪」

…なんてする人はあまりいないですよね。

 

もちろん毎日拭き掃除ができている人は素晴らしいです。

主婦のかがみです!

 

ですが、なかなかできないのが現状。

使い終わって洗い物をしたらもうクタクタです。

 

しかし、毎日使うガスコンロなだけあって、汚れも毎日蓄積されていっています。

 

いつも目を細めて見ているご自宅のガスコンロの汚れ、よく目を見開いて見てみませんか?

「うわ!」

「焦げ付いてる!!」

もうげんなりです…。

 

そこで今回は、簡単に焦げを落とせるお掃除方法をご紹介します!

諦めずに頑張ってきれいにしましょう!

 

スポンサーリンク



こすっても落ちない焦げ!するっと落とせるお掃除方法

そもそもこの焦げ付きは、普段の食材が飛び散ったものや吹きこぼれ、油汚れなどがコンロの火によって焼かれてできたものです。

 

そこに付いている焦げは毎日毎回焼かれ続けている為、どうしても最強汚れと化してしまうのです。

こんなこびりついた焦げはなかなか落ちないですね。

焦げの汚れはほとんどが酸性です。

酸性の汚れに強いのが、主婦にはおなじみの「重曹」です。

重曹で焦げを中和させ、落としやすくしていきましょう。

 

まず、重曹3に対して水1を混ぜ、重曹をペースト状にします。

この重曹ペーストを焦げ付いた部分に塗り、その上にティッシュやキッチンペーパーなどを貼り付けます。

 

さらにその上から、重曹が乾かないように水を垂らします。

で、最後にラップで封印!

この封印は半日ほど解かないでください。

焦げ付きも長い月日でできてしまったものなので気長に待ちます。

 

…半日経ちましたか?

ではラップやティッシュなどを剥がしてください。

 

焦げが中和され、柔らかくなっている状態が出てきたでしょうか。

あとはテレホンカードのようなヘラ上のものでこすれば、するりと取ることができます。

 

重曹がなければ、クレンザーのような磨き粉でも代用ができます。

こちらも水に溶いてガラストップに塗りつけ、アルミホイルを丸めたものでこすってみてください。

なかなかの効力を発揮してくれるはずです。

 

ただし、磨き粉は物によっては傷つけてしまう恐れがあります。

ガラスより強い磨き粉だと傷だらけです。

一度目立たないところで試してからおこなってくださいね。

あとは乾いた布などで拭き取れば完成です!

 

スポンサーリンク



 

焦げを落とす道具を準備しましょう

先ほどアルミホイルを丸めてこするとお伝えしましたが、ラップもなかなかの重宝道具です。

 

丸めたサランラップに水で溶いたクレンザーや重曹を塗り、くるくるとこすります。

あとは布などで拭き取ってみます。

意外と取れてる!

スポンジだと研磨剤を吸ってしまって効力が激減してしまうため、アルミホイルやラップを使う方がいいのだそうです。

サランラップをスポンジ代わりに使うなんて新しい発見ですね。

 

いくらサランラップやアルミホイルでこすってもとれない!

となれば、ドライバーを用意してみてください。

マイナスの方が使いやすいかと思います。

ラップをドライバーで押さえながらこすってみると、手でこするよりピンポイントに力が入り、焦げ付きが落ちやすいです。

 

ただし周りを傷つけないように、というのは常に頭に置いておいてくださいね。

 

それでも落ちませんという方。

本当に焦げ付き汚れを放置しまくってしまった方々。

大丈夫です。

秘密兵器はまだあります。

その兵器とは、もとい道具とは!

 

カッターナイフ』です。

 

はい、もう焦げを削り取る作戦です。

クレンザーと研磨用スポンジを使ってこすり取ろうとすると、

焦げは取れたけど周りも傷だらけになっちゃった!

なんてこともしばしば。

そうならない為にも、カッターナイフの刃で、焦げ付きをすくい上げるように取っていった方が安全ともいえるのです。

このとき、カッターは斜めに持ち、刃を逸らすようにして削っていってください。

慣れないうちは難しいかもしれませんが、慣れるとわりときれいに取れて気持ちが良いです。

 

今回の記事をまとめてみますと

・まずは重曹を使って焦げ付きを落としてみよう!

・アルミホイル、ラップは研磨にとっても向いています!ぜひ活用を!

・最終手段はカッターナイフの刃

です。

簡単に焦げ付きを落とすとはいったものの、やはりこする工程はどうしても避けられないので少し大変ですよね。

ガスコンロを使い終わったあと、ティッシュでもいいのでササっと汚れを拭いてみてください。

このひと手間が、未来のあなたを楽にしてくれるのです。

今を楽にするか、あとを楽にするかは日頃のちょっとした日課次第ですよ。

スポンサーリンク