ついてしまったアルミ鍋の【焦げ】の簡単な落とし方

ちょっと目を離したすきに、チリチリという嫌な音に嫌なニオイ。

「わー!やっちゃった!」

ってなりますよね。

 

料理をする人は人生で経験しない人はいないでしょう、アルミ鍋焦しちゃった事件

 

だからといって放っておいても、誰もきれいにしてくれません。

自分でなんとかするしかないのです。

 

でもあの焦げ、どうやって取るんでしょう。

想像しただけでげんなりしてしまいます。

 

そんなあなたもこの記事を読めばもう大丈夫!

焦げって、意外と簡単に落ちるのです。

というわけで今回は『簡単に!』アルミ鍋の焦げを落とす方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク



ズバリ!焦げの落とし方

焦げがこびりついちゃってる!

こびりつくものを落とすといえば金属タワシ?!

と思って慌てて金属タワシでこすっちゃった人。

 

これ、ブッブーです!

 

擦るものといえば研磨剤…重曹?!

と思って重曹でごしごし磨いちゃった人。

 

これもブッブーです。

 

そもそもアルミ鍋とは、酸化しないように膜がはられていて、錆びないように作られています。

それを金属タワシなんかでこすってしまうと、膜ごとハゲて錆び防止効果がなくなってしまいます。

 

また、重曹はアルミ素材と仲が悪いため、鍋が変色する恐れがあります。

 

じゃあ何を使うの?

 

代わりに、お酢を出してください。

焦げを落とすにはお酢が活躍します。

①お酢+水

鍋に、焦げが浸かるくらいの水と、大さじ1~2の酢を入れます。

10分ほど弱火で沸騰させ、時間がきたら火を止め、中身を捨てます。

あとは、やけどに気をつけながらスポンジで擦れば取れます。

 

②お酢+台所洗剤

さらに焦げ付きがひどい場合はこの方法でやってみてください。

鍋に、焦げている部分が浸かるくらいまで水を入れて沸騰させます。

沸騰したら、お酢と台所洗剤を大さじ3ほど入れます。

 

あとはさっきと同じで、10分ほど弱火でぐつぐつと沸騰させ、時間がきたら中身を捨てます。

スポンジで擦って完成です。

 

その他にも、酢を使わずにできる焦げを落とす方法があります。

鍋を天日干しする方法です。

天日干し?

何の話をしてたっけ?と思われますよね。

 

天日干しといえば食材のイメージがありますが、鍋の焦げ付き落としにも効果的なのです。

お日様ってすごいですね。

では、方法です。

 

まず、鍋の焦げが日に当たるようにして置いておきます。

約一週間ほどそのままで。

 

どうか鍋を干したことを忘れないでくださいね。

一週間経ったら、あとは割り箸やヘラで擦ります。

一週間はちょっと長いな、と思う人は、ひとまず一日経ったあとで焦げを擦ります。

そのあと、鍋に水をはってもう一日だけ天日干しをします。

こうすれば2日で焦げが落ちる場合もあります。

焦げ付き方によって違いますが、ぜひ試してみてください。

 

その他、意外な方法その2として使えるのが、玉ねぎの皮の茶色い部分です。

鍋に水をはり、玉ねぎの皮を入れます。

20~30分ほど煮出すと、湯が茶色く濁ってきます。

木べらで少し擦ると、焦げが柔らかくなったのが分かります。

この状態になったら中身を捨て、あとはスポンジでこするだけで、みるみる焦げが取れていくのです。

料理の下準備の時に捨てた玉ねぎの皮、急いで拾っておきましょう。

 

皮の茶色い部分なら腐ることもないので、普段少しずつ取っておくと便利かもしれませんね。

 

スポンサーリンク



 

焦げ落としに効果覿面!なお掃除アイテムとは?

焦げ落としに効果的なお掃除アイテムとして持っておきたいのは、メラミンスポンジ

激落ちくん、といえばピンとくる人も多いのではないでしょうか。

100均でも手に入る、とても安価でお得なお掃除道具です。

 

メラミンスポンジには研磨作用があり、他の研磨スポンジのように傷つけることも少ないです。

他にも色々な場面で使えるお掃除アイテムなので、ぜひ一家にひとつは欲しい商品です。

 

そしてもうひとつ、焦げ落としに便利な道具があります。

ペットボトルのキャップです。

ペットボトルのキャップはプラスチックのため、擦っても鍋が傷つくことが少ないです。

日頃から2~3個、キャップをストックしておくとよいでしょう。

あのぎざぎざが意外と仕事をしてくれるのです。

 

今回のまとめです。

・アルミ鍋に重曹、金属タワシは厳禁!使うならお酢!
・日の光や玉ねぎの皮など、意外なものでも焦げが落とせます
・研磨剤が使えない代わりの代用品は日頃から常備!

 

やってしまうと落ち込んでしまう鍋焦がし。

でも安心してください。

みなさんが思っているほど、焦げ落としは難しくありません。

正しい落とし方を覚えて、鍋を大切に使っていきましょう。

スポンサーリンク