取りきれないカーペットの毛の汚れ。綺麗にお掃除する技!

みなさん、こんにちは。

家事・育児を心から楽しんでいる私から、今回はカーペットのお掃除についてです。

 

買ったばかりのカーペットは、フカフカで気持ちよかったのに、いつの間にか汚れがあちこちに目立ち、固くくすんでしまいました。毎日使用するカーペットです、簡単にきれいにしてみましょう。

 

スポンサーリンク



≪なぜ落ちにくいの?≫

カーペットには、髪の毛だけでなくご飯粒やらなにやらが固くこびりついています。

特に毛の長いカーペットでは、奥まで髪の毛が入ってしまうと他のゴミやらに邪魔をされて絡み合い、なかなか取れなくなってしまいます。

 

そしてそこにまた髪の毛やベトベトした食べ物が、、、と。これでは掃除機をかけたから、すぐにきれいに、とはなりません。

 

毎日使用するので、髪の毛も食べ物もどんどん付着していくわけですので、定期的にお掃除をしないと落ちにくくなってしまいます。

 

≪これでバッチリ!お掃除方法≫

カーペットの掃除方法はあれこれとありますが、通常の掃除のケースと、大掃除のケースに分けて書いてみます。

 

A)通常の掃除のケース:

私はシンプルに以下の3点を使って掃除をしています。できるだけ余計なものを購入せず身近にあるもので、掃除したいのですものね。

 

~通常の掃除の際に必要なもの~

・掃除機

・粘着カーペットクリーナー(通称:コロコロ)

・ゴム手袋

まずは、掃除機でカーペット全体をきれいにします。掃除機に“ブラシ機能”があるとよりいいですね。

次に使いますコロコロをあまり浪費させないためにもここでの掃除機はしっかりと入念にしましょう。

 

次に、コロコロで毛の汚れを中心にきれいにします。これで大半の綿ゴミや髪の毛は取れます。大きいカーペットにコロコロを使うとあっという間になくなってしまうので、ソファーの下などあまり掃除が行き届かないところを中心に使用すると経済的・効果的です。

 

最後に、ゴム手袋でカーペットの表面をなぞります。ゴム手袋はよく食器洗いの際に使用している普通のものです。髪の毛をかき集めてくるイメージです。

 

ゴム製品は摩擦で静電気が発生するせいでしょうか、髪の毛などの軽いものはよくくっついてきます。

 

以前はブラシなど使っていましたが、ブラシに髪の毛が絡まってしまい、逆に大変でした。ゴム手袋はシンプルで想像以上の効果があります。掃除機&コロコロにプラスαで試してみてくださいね。

 

B)大掃除のケース:

ある程度取り外しができる大きさのカーペットを前提に書いています。

年末の大掃除に、と言いたいところですが、絶対に夏に、しかも早い時間帯から大掃除することをお勧めします。

 

といいますのは、カーペットを浴槽でゴシゴシ洗い、その後天日干しをするからです。半乾きになっては、まぁ臭いもして大変なことになってしまいますからね。

 

~大掃除の際に必要なもの~

・酸素系漂白剤(花王製 ワイドハイターなど)

・ブラシ

・ゴム手袋

・2人以上の人手

まず、掃除機で全体をきれいにします。

その後、お湯(又は水)を張った浴槽に酸素系漂白剤を入れます。分量は200~300ミリリットル程度、あまり少なすぎても効果がありません。

浴槽にカーペットを漬け置きします。この際、ゴム手袋の使用をお忘れなく。漬け置き時間は、30分~2時間程度。30分ごとにくるくる回して浸っていない部分がないようにします。

全体的に浸り終わったら、シャワーで流します。

 

あとは、カーペットを天日干しします、が、これが大変。水を吸ったカーペットは想像以上に重いです。ギックリ腰にならぬよう、決して一人で運ばないでくださいね。

 

*天日干しする前に天気予報はしっかり確認しましょう。カラっとした洗濯日和の日を選んで、かつ時間がかかるので午前中の早いうちには干せるように。

 

スポンサーリンク



 

≪シミ・臭いが気になる…。そんなときは!≫

コーヒーや飲み物などをこぼしたままのシミ、またそこから出る臭いは、カーペットの宿命でもあります。

 

そんな時は重曹を溶かした布巾で“たたく”のがシンプルでよいでしょう。カーペットの汚れを布巾に移すイメージです。

汚れを周囲に広げないように上からたたいてみましょう。重曹を直接カーペットに撒いたのち掃除機をかける方法でもいいのでしょうが、毛の長いカーペットの場合、重曹が残るため私はこのような方法をとっております。

 

霧吹きをお持ちの方は、汚れた箇所にピンポイントで吹き付けましょう。また、油性の汚れは、重曹の代わりに食器用洗剤を使用します。

しかしながら、基本はこぼしたらすぐに拭き取ること、です。

 

≪ まとめ ≫

①普段の掃除は「掃除機+コロコロ+ゴム手袋」、大掃除は夏に行いましょう。

②気になるシミや臭いは、重曹をうまく利用しよう。

 

*補足 ~カーペットをよりきれいに保つために~*

小さなお子様がいる場合は、カーペットの上にお子様用シートを常に敷いておき、そのうえで食事させることを徹底してみましょう。

そうすれば、食べ散らかしや飲み物のこぼれによる汚れを防ぐことが出来ますよ。汚れる前の予防のグッズも是非活用してみてくださいね。

スポンサーリンク