掃除してたらサッシにカビが!!そんなときは…

 

家事・育児を心から楽しんでいる私から、「窓のサッシについたカビを落としてきれいにする方法」についてお知らせします。

 

湿気の多い季節になると、気になりだすのが窓のサッシやゴムパッキンに出てくる黒いカビ。

 

カーテンに付着しないものか、とそーっと開け閉めしたりしてしまいます。せっかくの白い窓サッシもカビがあるのでは、台無しです。

 

窓ガラスもサッシもきれいにして、美味しい空気を取り入れましょうね!

 

スポンサーリンク



≪サッシの汚れはこれで落とす!道具編≫

使用する道具は、通常の掃除の場合と大掃除の場合とでは異なりますが、一番の違いは使う洗剤です。

通常の掃除では、水・歯ブラシ・雑巾だけでも結構きれいになりますが、マイペットといった洗剤はどの家庭にもあるかと思いますので、洗剤ありきで書いています。

 

~通常の掃除の場合~

マスク:カビ・ホコリを吸引するのを防ぐために、必ず着用しましょう。

掃除機:サッシに溜まった綿ゴミなどを除去するために、水でぬらす前に使います。

ペットボトル:掃除機で大方のホコリを取り除いたサッシに、水をかけるのに便利です。

住宅・家具用合成洗剤(e.g. 花王製 マイペット) :カビに直接スプレーしますので、スプレータイプの容器のものが重宝します。キッチン用除菌剤(アルコール)でも代用できます。

たわし&使い捨て歯ブラシ&綿棒

雑巾 数枚

 

~大掃除の場合~

マスク:カビ・ホコリを吸引するのを防ぐために、必ず着用しましょう。

ペットボトル:掃除機で大方のホコリを取り除いたサッシに、水をかけるのに便利です。

ゴム手袋:必ず着用しましょう。

カビ取り用洗浄剤(e.g. ジョンソン製 カビキラー) :「カビキラー」がない場合、台所用漂白剤(e.g. 花王製 キッチンハイター) で代用できます。

だたし、台所用漂白剤は通常、スプレータイプの容器に入っていないため、使い勝手がよくありません。薄めたものをキッチンペーパーに浸して使うなどの工夫が必要です。

キッチンペーパー:塩素系漂白剤とアルコールとが混ざらないように、雑巾でなく敢えてキッチンペーパーを使用します。

 

スポンサーリンク



 

≪こうするのが正解!実践編≫

掃除をする前に注意することは「常に換気しておくこと」と「窓ガラス周辺に余計なものを置かないこと」です。

 

余計なものとは、大切な衣類などです。万が一塩素系漂白剤が飛び散った場合、色落ちしては困りますからね。

 

~通常の掃除の場合~

①掃除機でサッシに溜まった綿ゴミなどを吸い取ります。この段階で髪の毛など大きなゴミを取り除いておくと、この後の拭き掃除が快適になります。

 

②ペットボトルでサッシ全体に水をかけます。

 

③雑巾で一度水を拭き取ります。あまりこすったりせず軽く水を吸い取るイメージです。

 

④サッシやゴムパッキンに住宅・家具用合成洗剤を直接スプレーします。

 

⑤たわしや使い捨て歯ブラシで汚れた部分をこすります。サッシの大まかな部分はたわしで、四隅は綿棒で、ゴムパッキンの汚れには歯ブラシで、と幅や力の入り具合に応じて使い分けをしましょう。たわしは頭の小さいものが重宝します。

 

⑥ペットボトルを使い、水で流します。

 

⑥雑巾できれいに拭き取ります。

 

 

~大掃除の場合~

①マスクとゴム手袋を装着し、換気をしている状態にします。

 

②サッシやゴムパッキンにカビ取り用洗浄剤を直接スプレーします。ゴムパッキン劣化を防ぐために、サッシにスプレーしたらゴムパッキンにはスプレーしないようにしましょう。

サッシの掃除が終わったら、初めてゴムパッキンの掃除に移る、という段階を付けた方がよいでしょう。

 

③5分ほど置きます。

 

④キッチンペーパーで拭き取ります。ゴムパッキンのカビには使い捨て歯ブラシを使用してもいいのですが、ササっとこすり、ゴムパッキンに長時間洗浄剤がかかっている状況にならないように注意します。

 

⑤ペットボトルを使い、水で流します。周囲に洗浄剤や水が飛び散らないように静かに流します。

 

⑥再度キッチンペーパーでしっかり拭き取ります。

 

⑦使用済みのキッチンペーパーは、他のものと混ざらないように分けて捨てましょう。

 

≪サッシ掃除でのポイントまとめ≫

まとめ①:通常の掃除は、あまり洗剤に頼らず、水とブラシ類でカビをこすり落とすだけで十分きれいになります。

まとめ②:頑固なカビ汚れには、迷わずカビ取り用洗浄剤を活用しましょう。

まとめ③:マスク・ゴム手袋の使用や換気など、掃除する環境を整えてから始めましょう。

 

*補足~カビの発生を予防するために~*

特に冬場は結露によるカビが増殖します。せっかくきれいにしたサッシやゴムパッキンはきれいに保ちたいものですね。予防策としては、以下のものがあります。

 

・除湿機を活用する。

・洗濯物は出来るだけ部屋干しをしない。

・調理中は換気扇を回すか、窓を開ける。

・石油ストーブや石油ファンヒーターをやめ、FF式ストーブに切り替える。

 

除湿機はつけておくだけでかなり結露を減らすことが出来ますので、まだお持ちでない方は一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク