エアコン掃除にスプレーはNG? 故障の原因と正しいお掃除方法

最近エアコンの掃除をしましたか?最後に掃除したのはいつですか?

 

我が家のエアコンも・・・?

ひょっとして買ってから掃除してないかも・・・?

 

でもどう掃除すればいいの?と思う方もたくさんいると思います。最近では年中エアコンを使用されている方も多いのでは?

私も同じ考えで、薄々掃除しなきゃと思いつつ、もう掃除なんてしなくていいんじゃないの?とさえ思っていました。

 

でも業者に頼むと高いし、そもそもエアコン掃除って必要なのでしょうか。

 

ずばり言うと必要です!なので、私のようなズボラな方でも試せるスプレー洗浄の使用方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク



なぜ故障の原因と言われているのか?

エアコンをスプレーで掃除すればきれいになると思いますが、そこが落とし穴です。

エアコンの取り扱い説明書をみると〈市販の洗浄剤は使用しないでください〉と書いてある場合もあります。

故障の原因は様々ですが、スプレーは洗い流さないので埃が本体に残り目詰まりを起こしたり、スプレーをかけてはいけない部品にかけしまい、これが火災につながることもあります。

 

なので、故障の原因はスプレー側にあるわけではなく、使用方法を間違っていたり、エアコンの汚れ具合などの要因も考えられます。

 

スポンサーリンク



 

エアコンの仕組みを知る

夏の暑い日でもエアコンのスイッチを入れれば涼しくなりますよね?

これは、エアコンが部屋の熱い空気だけを部屋の外に送り出すので、部屋の中が涼しくなるという事です。

 

これを詳しく説明すると、エアコンは室内機と室外機でセットになっていて、この2つはパイプを通してつながっています。

そのパイプの中に冷媒(れいばい)と言う物質があり、この冷媒に熱い空気を乗せて外に運び出します。その後、熱を乗せた冷媒はパイプを通り室外機に移動するといった流れです。

 

また、冷却フィンと呼ばれる温度を調節する部品があり、ここに汚れが溜まるとエアコンの効きが悪くなったり、電気代が高くなったりします。

 

スプレーを使った正しいお掃除方法

そこで、自分のできる範囲で掃除したい方には洗浄スプレーをお勧めします。

ホームセンターやドラッグストアで気軽に購入する事が出来ます。スプレーを使用するメリットは、泡タイプなので水洗いしたり、内部を雑巾で拭いたりする手間もありませんし、安くて手軽にお掃除できます。

 

では実際にスプレーを使ったお掃除方法を紹介します。

ここで一つ守って欲しい事があります!!

市販の洗浄スプレーには必ず使用方法・使用上の注意点が記載されているので、ちゃんと確認した上で作業を行ってくださいね。心配な方は使い方がスプレー会社のホームページでも紹介されているのでチェックしてみてください。

 

エアコンの電源を切り、コンセントを抜く。

私はちょっと横着をして電源がついたまま掃除を始めて手を切った経験があります。本当に危ないのでやめてくださいね(;´・ω・)

お部屋の養生をします。床にビニールシートを敷き、窓を開ける。念のためカーテンも端に除けておくと安心です。
エアコンのカバーを開けて、フィィルターを外す。

このフィルターは水洗いし、乾燥させてください。

 

冷却フィン(銀色のギザギザした部分)の埃を掃除機で吸い取る。

フィンに汚れが付いたままの状態でスプレーしてしまうと、スプレーの勢いで埃をエアコン内部に押し込んでしまいます。これがカビや臭いの原因にもなります。
冷却フィンの向きにそってスプレーし、しばらく放置させます。

 

吹き出し口の汚れを雑巾で拭く。

乾燥させたフィルターを元に戻します。乾いた雑巾で軽く冷却フィンの水分を取り、エアコンを30分程試運転させましょう。

 

スプレーした後エアコンを稼働させないとカビの原因になるのでこの作業は忘れずに行ってください。使用後の洗浄水は試運転時に排水されるので安心です。

 

まとめ

エアコンの中は、普段はあまり目につかないですが、実はとても汚れています。

今回洗浄スプレーを使ってのお掃除方法をご紹介しましたが、これはあくまで冷却フィンの掃除なので、エアコンの内部まで掃除したいと考えるとプロの手を借りるしかありません。

 

なので、普段は、フィルターとスプレー掃除を小まめにして、2年に一度くらいは業者にお任せすることをお勧めします。

 

また、最近のエアコンは内部乾燥運転機能と言って、冷房や除湿運転の使用後に送風を送り、エアコン内を乾燥させ、カビの発生を抑制する機能がついた物もあるので、スプレー洗浄と併用して使うことでエアコンを綺麗に保つことができます。

今年の年末の大掃除にはぜひ役立ててみてくださいね。

スポンサーリンク