キッチンの頑固な油汚れは重曹で落とす!ギトギトがサラサラに!?

キッチンは毎日使うので汚れが付きやすいです。

その中でも油汚れを落とすのは大変ですよね。

 

しかも油汚れは放っておくほど、こびりついてしまいます。そこで、最近話題の重曹を使ったキッチン周りのお掃除方法をご紹介します。

キッチンを綺麗にして気持ち良くお料理しましょう!

 

 

スポンサーリンク



ギトギトの油汚れの正体は?なぜ洗剤じゃ落ちないの?

そもそもなぜキッチンは油汚れがつくのでしょうか。

その原因は、調理中に飛散した油まみれの空気が調理後に重力で落ちてきます。

その油と埃がくっついて頑固な油汚れとなります。

 

これを防ぐために大切なのは、調理中と調理後にしばらく換気扇を最大風量で回しておくことです。

こうすれば空気の大半は換気扇の外に排出されるのでベトベト汚れを押さえられます。

 

 

スポンサーリンク



 

重曹をかけるだけ!簡単なのに驚くほどサラサラになる!

重曹は弱アルカリ性の天然物質です。

なので、洗剤と違って手が荒れにくく、お子様がいる家庭でも安心して使えます。

 

また、重曹と併用して酢を使うと中和作用、研磨作用、消臭効果が期待できるので綺麗にお掃除できます。

また、キッチンの油汚れは放っておくと、どんどん頑固になって掃除が大変になります。

最低でも3日に一度は掃除する癖をつければ1回の掃除が短時間終わります。

《用意するもの》
・重曹
・酢
・セスキ炭酸ソーダ
・キッチンペーパー
・雑巾
・古歯ブラシ

【重曹スプレーの作り方】
重曹小さじ1と水100mlをスプレー容器に入れて混ぜます。

【酢酸スプレーの作り方】
酢と水を1:2の割合で混ぜるだけです。

【重曹ペーストの作り方】
重曹に少量づつ水を入れてペースト状になるまで混ぜるだけです。

 

《お掃除方法》
〈軽度の汚れの場合〉
①重曹水を汚れが気になる場所にスプレーして10分程放置します。
②スポンジで擦るだけで汚れが落ちます。
③念入りに拭き取りましょう。

〈重度の汚れの場合〉
蓄積した油汚れは重曹ペーストで掃除します。
①重曹ペーストを油汚れに染み込ませ、10分放置します。
②スポンジで擦ります。
③それでも取れない場合は、重曹を粉末のまま少しづつかけて擦ります。

〈それでも取れない頑固な汚れの場合〉
①汚れの上に重曹ペーストを厚塗りし、その上からラップをします
②一時間程放置して、スポンジで擦ります。
③ぬるま湯で洗い流して完了です。

〈重曹で落ちない油汚れの場合〉
なかなか落ちない油汚れにはセスキ炭酸ソーダを使いましょう。
頑固な油汚れに粉末を直接振りかけて、歯ブラシで擦ると綺麗になります。

 

他にもあった!キッチン回りで使える重曹

【シンク】
①シンクの水垢が気になったら重曹でお掃除しましょう。
②シンクに重曹の粉を振りかけ、水分を染み込ませたスポンジで擦り、洗い流します。
最後に酢酸スプレーを吹き付けて乾いた雑巾で拭きましょう。

 

【三角コーナー】
①三角コーナーは水垢と雑菌でいっぱいなので綺麗にしましょう。
②桶にお湯を張り重曹粉を溶かします。
③その中に三角コーナーを浸け置きし、しばらく放置してからスポンジで擦ります。
水でよく洗い流して完了です。

 

【排水口】
①排水口に重曹粉をたっぷり振りかけます。ゴム製の蓋がついている場合はそこにもかけましょう。
②その上から温めたお酢を流し込み、しばらく待ちます。
炭酸ガスの泡が汚れを浮き上がらせてくれます。
③熱湯をかけて洗い流します。

 

【換気扇】
①換気扇の電源を切ります。
②ゴム手袋をして各パーツを外します。
③大きいバケツに重曹を溶かした熱湯を入れて外した部品を浸けます。
④数時間放置して、擦ります
⑤綺麗に洗い流します。

 

【電子レンジ】
①コップ一杯の水と大さじ1の重曹をまぜたものを電子レンジで2分ほど温めます。
②スポンジで擦って、布巾で拭き取ります。これでOKです。

〈重曹をお掃除で使う際の注意点〉
重曹は粉末のまま使用する場合、プラスチックや漆器などのやわらかいものの素材のものは傷がつく可能性があるので注意して使いましょう。

また、大理石や、無垢の板アルミ製のものには、シミや変色、溶ける場合もあるのでおすすめできません。

 

まとめ

油汚れは時間が経てば経つほど酷く落ちにくくなってしまいます。お掃除は小まめにしましょう。重曹スプレーを作り置きして、キッチンを使い終わったあとにさっと掃除するだけでも綺麗なキッチンを保てます。

また、キッチン周りの汚れを防ぐためには換気扇を忘れずに回しましょう。また定期的にお掃除をしましょう。重曹を使ったお掃除はとても簡単です。キッチンの油汚れにぜひ役立ててみてください。

スポンサーリンク