これを知らなきゃ損!鏡の湯垢が落ちる簡単掃除方法!

 

毎日毎日、綺麗に磨いているのに…どのご家庭にもある悩みだと思います。お風呂の鏡のうろこ状の湯垢…。

 

お湯で流して、少し磨けば取れそうなのに、厄介なことに頑固で全然とれないんですよね!少し気合をいれてゴシゴシ!

 

それでも全然とれないんです。

 

鏡がピカピカに光ってないとどうしても、お風呂全体に清潔感がなくなってしまうものです。今日は、どうやっても取れない!!どうしても取りたい!!鏡の水垢の除去方法について詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



これが水垢の正体!水垢はなんで落ちにくい?

そもそも水垢って何?湯垢って言葉もよく聞きますよね。正体から迫っていき、根本から退治していきましょう!

 

まず湯垢とは、お風呂の水に溶け込んだ皮脂の汚れなんです。その汚れに菌が付着して繁殖するとどちらかと言うと白く頑固な汚れというよりは、あの嫌なヌルヌルっとしたものになります。

 

 

湯垢は酸性なので逆のアルカリ性の洗剤で落とすことが出来ます。湯垢はどちらかと言うとお風呂の浴槽につくものですね!

 

 

それでは水垢とは?

水の成分のカルシウムやマグネシウムが固まってできる、白い石の状態のようなものです。

 

 

反対に、水垢はアルカリ性なので酸性の洗剤で落とすことが出来ます!これが鏡の厄介な白い点々の正体だったんです!

 

 

同じお風呂でも、酸性の湯垢、アルカリ性の水垢…両方の汚れが付着するんです。汚い!(笑)お風呂の毎日の洗剤は、中性洗剤をつかってするのが効果的だといえますね♪

これを知らなきゃ損!鏡の水垢が落ちる簡単掃除方法!

水垢の正体がわかったところで、具体的になにを使ってお掃除したらいいのか?

 

水垢はアルカリ性なので、酸性のなにかを使ってお掃除すればいいのですが、ただ酸性の洗剤を使っただけではいままで溜めに溜めてきた頑固な水垢を取ることはなかなか難しいのです!

 

そこで使っていくのはもっと強い酸性のもの…日本人の私たちは絶対持っている、馴染みの深いもの「お酢」です!

 

お酢はつよい酸性なのでアルカリ性の水垢には効果があるということなんです。ついたばかりの生まれたて水垢さんには、お酢をシュシュッと鏡に振りかけて、乾いた布でこすってみてください。

 

嘘だったかのようにピカピカになってしまいます!本当にとっても簡単ですね。でもあれ…私の浴槽の水垢はそれだけでは落ちてくれませんでした。
 

スポンサーリンク



 

いつでもピカピカの鏡に!頑固な湯垢の簡単除去方法の手順!

私が試した中で一番よかった方法がこれです。お酢を使うのは一緒です!

 

・お酢を浸したタオルやガーゼを鏡にべっとりと貼り付ける。
・その上からさらにサランラップでお酢を閉じ込める。
・翌日までそのまま放置する。

 

これだけです。

いままで真っ白だった鏡が1晩でつるつるピカピカ!お酢は鏡以外の場所、浴槽や、蛇口、シャワーヘッド場所関係なくしっかり効いてくれるので試してみてください♪

 

万が一…それでも取れなかった方へ
まだまだ方法はあります、この方法はすこし鏡を傷つけてしまう可能性があるので最終手段として行ってみてください!

 

使うものはまたまたお馴染み、「歯磨き粉」です。歯磨き粉は本当に軽い研磨材の役目をしてくれます。石のように固まった水垢を落とすには持って来いなんです♪

 

やり方は簡単。

乾いた布に歯磨き粉をつけてゴシゴシ!すこし根気がいるかもしれませんがあまり力を入れすぎず、全体を磨いてみてください♪こちらも表面を研磨しているので確実に水垢落ちていきますよ(^^)

予防策も合わせて紹介!鏡をピカピカに維持する方法とは?

綺麗にした鏡、もう水垢つけたくない!この水垢を発生させないようにあらかじめ予防すること、大切ですよね。

きちんと予防しておけば、鏡が汚れることも手間をかけなきゃいけないこともなくなる!予防って素晴らしい(^^)(笑)ということで紹介します!

 

そこでお風呂場に1つ常備しておきたいもの「窓用ワイパー」毎回のお風呂の後、鏡には泡や水滴がついています。泡をしっかりシャワーで流してから、ワイパーで1なぞり!これをするだけで本当に驚くほど水垢、つかなくなりますよ♪

まとめ

1.「水垢はアルカリ性、湯垢は酸性」中性洗剤で毎日のお掃除を!
2.鏡の湯垢には酸性の「お酢」で、残らず退治!
3,最終手段で「歯磨き粉」強くこすらず優しく根気よく!
4,予防策は「窓用ワイパー」シャワーで流してワイパーひとかけ♪

ピカピカ清潔なお風呂場取り戻しましょう!ぜひ、試して見てくださいね♪

スポンサーリンク