サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

自宅のキッチン(ステンレス製)の流し台がなんだか汚れてきた…掃除するならコレ!

毎日使うキッチンなのでピカピカにしておきたいですよね。

しかし、ちょっとサボるとすぐに水垢がついてしまいます。

クエン酸と重曹があればシンクが簡単にお掃除できます。

水垢や油汚れもきれいにしましょう。

 

 

スポンサーリンク



お掃除の定番、クエン酸と重曹で流し台(ステンレス製)をピカピカに!

水道水に含まれているカルキはカルシウムになり、カルシウムは使い続けるうちに溜まり水垢が出来てしまいます。

 

カルシウムはアルカリ性なのでクエン酸が中和して汚れを落としやすくしてくれます。水垢は放置してしまうと落としにくくなるのでクエン酸と重曹を使う事でピカピカになります。

 

また、クエン酸は酸性なのでアルカリ性の汚れの水垢や石鹸カスを落とすことが出来て、重曹はアルカリ性なので酸性の汚れの皮脂や油汚れに効果的です。

クエン酸と重曹を使う理由はクエン酸と重曹は異なる汚れを落とす事が出来て一緒に使う事が出来ます。

 

 

スポンサーリンク



 

お試しあれ♪クエン酸と重曹を使って綺麗にお掃除する手順をご紹介!

クエン酸と重曹を併用することで発泡して汚れが浮きやすく落ちやすくしてくれます。シンクのお掃除は3日に一度を心がけると汚れが溜まりにくいです。

〈用意するもの〉
・クエン酸
・重曹
・キッチンペーパー
・メラミンスポンジや歯ブラシ

〈クエン酸スプレーの作り方〉
クエン酸小さじ1と水100mlをスプレー容器に入れて混ぜます。

〈重曹スプレーの使い方〉
重曹小さじ1と水100mlをスプレー容器に入れて混ぜます。

 

〈お掃除方法〉
水垢部分にクエン酸スプレーをして1時間程放置します。
スポンジで擦り、しっかり水で洗い流します。

〈頑固な汚れの場合〉
頑固な汚れの部分にクエン酸スプレーをします。
その上にキッチンペーパーを敷き、もう一度スプレーします。
ラップで覆い、1時間ほど放置します。
水垢部分に重曹をかけて歯ブラシで磨きます。
しっかり洗い流し、乾拭きします。

〈ヌメリ汚れ(排水口)のお掃除方法〉
排水口は少しお掃除をサボるとすぐにヌメリ汚れになります。ここもクエン酸と重曹でお掃除しましょう。寝る前や外出前にすれば時間も効率よく使えて綺麗になります。

排水口の蓋とゴミ受けを外して、重曹を直接振りかけます。
その上からクエン酸スプレーを吹き付けて1時間程放置します。
歯ブラシで擦って洗い流せば完了です。

 

〈アルミホイルを使ったお掃除〉
①手のひらサイズのアルミホイルを丸める。
②丸めたアルミホイルに水を浸けてシンクを磨く。
③水で流すだけ。蛇口部分や細かい部分のお掃除におすすめです。

〈シンクの錆びのお掃除方法その1〉
①シンクに重曹をふりかけます。
②大根や人参などの野菜の切れ端でくるくる回して擦ります。ない場合はストッキングやぼろ雑巾で擦ります。
③一度で取れない場合は同じ作業を繰り返すと綺麗に落とせます。

〈シンクの錆びのお掃除方法その2〉
クリームクレンザーにクエン酸を混ぜて擦ります。

〈シンクの錆びのお掃除方法その3〉
①酢とケッチャップを混ぜたものを錆びの上につけます。
②しばらく放置して擦ります。

 

流し台(ステンレス製)をクエン酸と重曹でお掃除する際のポイント&注意点

〈流し台の毎日のお掃除〉
【水気を取る】
毎日シンクを使い終わった後に雑巾で水気を拭き取るだけでぬめり防止になります。水きりワイパーで水分をとるのもおすすめです。

【酢をスプレーする】
お酢には殺菌作用があるので、シンクを使い終わった後にスプレーするだけで流し台を綺麗にキープできます。お酢が苦手な方はミカンやレモンなどの柑橘系の皮で磨く方法もあります。

【重曹+酢で発泡】
排水口に重曹を振りかけてあたためた酢をかけると発泡して綺麗になります。熱いお湯をかけるだけでも効果があります。

【排水口にアルミホイル】
排水口に丸めたアルミホイルを入れておくだけでヌメリ防止になります。

〈注意点〉
①塩素系漂白剤とクエン酸は併用しないでください。塩素系漂白剤は強いアルカリ性で有毒ガスが発生して危険です。
②ステンレスは傷付きやすいです。お掃除の際には金属たわしやナイロンたわしで掃除すると傷がついてしまう可能性があります。

ステンレスの表面には「ヘアライン」と呼ばれる筋があり、この筋に逆らって擦ると汚れが取れにくくなり傷になります。

また、ステンレスは酸に弱いのでお掃除する時は長置きし過ぎないようにしましょう。

まとめ

重曹とクエン酸は油汚れや水垢の汚れを落としてくれるのでキッチンのお掃除にぴったりです。

市販の洗剤よりも簡単に綺麗になるので掃除が楽しくなりますよ。ぜひ挑戦してみてください。

スポンサーリンク

お掃除

Posted by いろいろ娘。