ホーロー風呂にカビが!どんな掃除法が有効?費用は?

カビはゴシゴシ擦っても落ちにくく、落としたつもりでも何日かすると復活していたりしますよね。

一度きれいに取ったと思っていてもカビの菌は生きている場合があります。そこでカビを綺麗に落とす方法をご紹介します。

カビしっかり落として、綺麗なお風呂で疲れを癒しましょう!

 

 

スポンサーリンク



ホーロー風呂に出来たカビに特効薬はあるの?

そもそもホーローとは、鋳物や銅板の表面に二酸化ケイ素を主成分としたガラス質の薬を高温で焼き付けた素材です。

 

メリットは耐久性と美観に優れていて、保温性もあります。ホーローの素材は金属なのでプラスチックよりも耐久性があり光沢を放ちます。

 

 

また、熱伝導率に優れているので保温性も高く、お湯が冷めにくく電気代も節約できます。

しかしデメリットもあります。

 

劣化すると、傷や汚れ、錆が発生します。ホーロー浴槽が劣化するとコーティングが剥がれ落ちてその隙間から錆が発生しやすくなります。

そもそもカビは温度、湿度、栄養の条件が揃うと発生します。まず、カビができやすい温度は20℃から30℃です。

 

なので、夏場に発生しやすく、垢や石鹸カスを栄養分に増え続けます。またカビが生えてすぐならカビ取り剤で落とせますが、長時間放置した頑固なカビはカビ取り剤では落とせません。

今から頑固なカビを撃退する方法を説明するのでぜひ試してみてください。

 

カビ取りを簡単にする方法

〈カビ取りのポイント〉
お風呂掃除はお風呂上りにする方も多いですが、カビ取りにはポイントがあります。まず、乾いた状態からはじめましょう。濡れた状態で洗剤や重曹をつけると濃度が薄まってしまい効果が半減してしまいます。

 

【水洗い】
カビ取り剤を使う前に一度水洗いしてみましょう。カビはただ上に乗っているだけの可能性もあります。この場合は水洗いだけで落とせるので一度やってみてください。

 

【カビ取り剤】
市販のカビ取り剤を使います。
①カビにカビ取り剤を吹き付けます。
②30分程放置して洗い流します。とても簡単な方法です。

 

【重曹と酸素系漂白剤】
重曹はアルカリ性なので酸性汚れを中和してくれます。強力な洗剤が苦手な方におすすめです。
①重曹と酸素系漂白剤を混ぜてペースト状にします。
②カビの部分に塗りつけます。
③ブラシで擦り、洗剤が残らないようにしっかり流します。

 

【重曹沸騰水】
①沸騰した水1リットルに80gの重曹を溶かします。
②それをカビの部分にかけます。
③しばらくして水で洗い流すだけです。

 

【クエン酸+重曹】
クエン酸はアルカリ性の汚れに効果的です。
①気になる部分に重曹を振りかけます。
②その上にキッチンペーパーを敷き、クエン酸水をかけます。
こうすることで化学反応を起こして炭酸ガスが汚れを落としてくれます。
③歯ブラシで擦って、しっかり洗い流します。

 

【ミョウバン】
①ミョウバン50gと水1.5ℓを混ぜ合わせ2日間冷蔵庫で放置します。
②これをカビの部分に塗り、ラップでパックします。
③3時間程してからお湯で流します。

 

【塩素系漂白剤】
塩素系漂白剤はカビ取り効果、汚れ落とし効果が強いです。片栗粉を使うことで流れやすい塩素系漂白剤を長時間とどめてくれる効果があります。
①片栗粉と塩素系漂白剤を同量づつ器に入れてよく練ります。とろみが出るまでしっかり混ぜます。
②それをカビ汚れに直接塗り、その上からラップで密封します。
③30分程放置して、水で洗い流します。お湯を使うと固まってしまうのでたっぷりの水で流しましょう。

 

【ゴムパッキンの場合】
ゴムパッキンのカビの部分はしつこくこびりついています。なので、ゴシゴシ擦るとタイルの目地やパッキンの奥にカビが入り込んで落ちにくくなります。重曹やカビ取り剤をかけて、擦らず数分放置してから流しましょう。

 

カビが付きにくくなるひと手間

毎日簡単に出来るお風呂のカビ予防の方法をご紹介します。

【熱いシャワーで流す】
お風呂のカビ対策には50℃以上の熱い温度のシャワーで浴槽、床、壁を洗い流します。しっかり洗い流す事でカビの発生に必要な栄養を取り除きます。その後に、冷水をかけて浴室内の温度を一気に下げます。

 

【乾拭きする】
入浴後に湿気の元となる水滴を取り除きます。吸水性の高いマイクロファイバーの布やスクイージーで水滴を取ります。

 

【換気をする】
換気扇を使うか窓を開けて換気しましょう。

 

【天井も忘れずに】
天井には目に見えないカビがたくさん潜んでいてカビの胞子をばらまいています。
しっかり絞った雑巾にアルコールを付け、クイックルワイパーに付けて天井を拭きます。

まとめ

カビは放置すればするほど頑固で落ちにくくなります。

お風呂に入った後毎回簡単にお掃除するだけでもカビは防げます。

取れにくくなる前に対策をしてカビが生えにくい綺麗なお風呂にしましょう。

スポンサーリンク