鉄のフライパンのサビの取り方や保護の仕方が知りたい!

鉄のフライパンのお手入れ方法は普通のフライパンと少し違います。

その為洗い方や保管方法を間違えてしまうとすぐに錆びてしまいます。

そこで、鉄のフライパンのお手入れ方法と錆の取り方についてまとめました。

 

スポンサーリンク



サビに効果のあるお掃除方法ってどんなもの?

鉄のフライパンはきちんとお手入れすれば一生使えます。使い込むほど油が馴染んでくっつきにくくなります。

鉄のフライパンのメリットは熱伝導や蓄熱性に優れています。

またテフロン性のフライパンに比べて長持ちしやすいです。さらに鉄のフライパンで調理すると鉄が溶けだします。この溶けだした鉄を摂取すると貧血予防にもつながります。

〈シーズニング〉
鉄製のフライパンの使い初めには小さい穴を油で埋めるシーズニングという作業をしましょう。シーズニングをせずに使用してしまうとすぐに錆や焦げが付いたりします。

この作業をすることで油膜で酸素を遮断して錆びるのを防いでくれます。料理をする前にシーズニングをすることで油膜が出来て、少量の油でも上手にお料理できます。この作業は何度のやるうちに油が馴染むので不要になります。

①洗ったフライパンをコンロの火で白煙が上がるまで温めます。
②温かいうちに油をキッチンペーパーで塗りこみます。油でコーティングすることで酸化しにくくなります。
③再度火にかけます。弱火で3分程です。これで終了です。

 

〈料理で使う時のコツ〉
野菜やお肉を炒める際はたっぷり油を使ってお料理しましょう。また、温度にも気を付けます。鉄のフライパンは高温調理に向いている為、やや強めでの火がおすすめです。

〈普段のお手入れ方法〉
調理後はそのまま放置するのではなく、すぐに洗いましょう。すぐ洗えない場合はせめて水に浸けておきます。鉄のフライパンは洗うのが楽です。

お湯で流すだけで、タワシも洗剤も必要ありません。逆にタワシや洗剤を使うとフライパンの油を落としてしまい焦げ付きやすく、錆びやすくなります。洗った後はそのまま火にかけて水分を飛ばせばOKです。

 

 

スポンサーリンク



 

フライパンのサビの取り方は?

【クレンザー】
①クレンザーをフライパンに振りかけます。
②その上から水を加えわたしで円を描くようにくるくると擦ります。
③錆が取れたら水で洗い流し、水分を拭き取ります。
④フライパンをコンロにかけて水分を飛ばします。
⑤熱が冷めたらキッチンペーパーに油を染み込ませてフライパン全体に塗って完了です。

【重曹】
①フライパンを火にかけ錆や汚れを酸化させます。
②赤茶色の錆が黒くなったら火からおろして冷まします。
③重曹を振りかけてタワシで擦ります。
④水で洗い流して、水分を取りましょう。

【紙やすり】
①紙やすりでカビの部分をひたすら擦りましょう。
②削っても錆が出なくなれば、水で洗い流して水分を拭きます。

【クエン酸】
①コップ一杯に対して大さじ2のクエン酸をフライパンに入れます。
②ぐつぐつ沸騰させながら10程煮ます。
③それをそのまま冷やしてから擦ります。

【ジャガイモと塩】
①フライパンに食塩を多めに入れてジャガイモで擦ります。取れない場合は何度か繰り返します。
②洗い流して、水分を取り、15分程空焚きします。
③キッチンペーパーに油を染み込ませて全面に薄く塗ります。持ち手の部分や裏も忘れずに塗ります。
④臭いが気になる場合は香りの強い野菜セロリやネギ、生姜を炒めると臭いが取れます。

フライパンに鉄がつきにくくなる方法ってあるの?

【空焼き】
空焼きは鉄鍋や鉄フライパンの防錆加工を取り除く作業です。空焼きすることで酸化被膜が形成され油のなじみが良くなります。

〈空焼き方法〉
①強火でフライパンの外側と内側を空焼きします。
②煙が出なくなるまで焼きます。フライパンの底だけでなく側面も焼きます。
③鍋が温かいうちにうちにタワシで洗い水気を取ります。

【油返し】
油返しの作業は使い初めに行うと効果的です。
①フライパンを火にかけて熱します。
②多めの油を入れてフライパン全体に馴染ませます。
③余分な油をキッチンペーパーで取ります。

【洗剤を使わない】
調理が終わったら冷めなううちにお湯で洗います。この時洗剤を使わないことが大切です。

【金タワシはNG】
亀の子たわしやナイロンスポンジで洗います。

【長時間使用しない場合】
長時間使わない時には新聞紙に包み湿気がない場所で保管します。

まとめ

手間のかかるフライパンのように思えますが、使い続けることで黒光りして、丁寧に使えば寿命はありません。

また錆落としの方法を知っておくと安心ですね。

ずっと使い続ける為にも日々のお手入れを欠かさずして、楽しくお料理しましょう。

スポンサーリンク