大掃除だから挑戦!気になるお風呂の天井汚れにはこれ!

 

お風呂の天井掃除、一見汚れも目立たず手の届きにくいところですよね。

でも掃除をさぼり続けるとあまりいいことはないようなんです。お仕事しながら、子育てしながら、趣味に時間を費やして…などお忙しい人も多いのではないでしょうか。

 

私自身も、ごくごく一般的な働くママとして生活していると、1日1日が驚くほど慌ただしく過ぎ去っていきます。

 

年末の大掃除も後回しにしていたら大晦日直前!夜通し掃除…なんてこと、ありましたよ…

 

こんなずぼらな私でも実践できそうな、お風呂の天井掃除に役立つ情報をご紹介します。

スポンサーリンク



お風呂の天井汚れの一番の原因は?

お風呂は温度、湿度が高い環境であることと、体を洗ったあとの汚れや石鹸などが、カビの栄養となるためカビを増殖しやすくさせるそうなんです。

 

一見きれいなように見える天井にもカビが潜んでいる…!!

 

日常的な掃除だと、目につきやすい床や浴槽を中心に掃除しがちですよね。

ところが床や浴槽をいくらきれいにしていても、天井から落ちてくるカビが、掃除した後のお風呂場にまたカビを発生させ、増やしていく悪循環が起こっていることをご存じでしたか??

 

天井汚れを制すれば、お風呂場を汚れにくくきれいにできる。という訳なんですね。

何が一番汚れ落としに効く?汚れ落としと予防法

準備

・浴室の窓や扉を開け換気扇を回すなど換気できるようにする

・頭や顏を守る(マスク、メガネorゴーグル、フード付きのカッパ等)

・手荒れを防ぐ(ゴム手袋)

・カビ取り剤

・スポンジまたはワイパー

 

汚れ落としの方法

カビが生きていられる温度は0~40℃まで、より生きやすい温度は25~28℃です。

 

お風呂場を0℃以下にするのは冬の北国でないと難しいですが、高温は弱点になります。高温に設定したシャワーを当てることでカビを死滅させることができます。

 

ところが…カビは死んでも黒いままです。一度黒くなってしまったカビの場合汚れは残ってしまいます。

 

そこで一番おすすめされているのがカビ取り剤です。

スポンジなどに漂白剤をつけて、カビのついている部分に塗りつけ、数分後、拭き取り、最後に乾拭きして完了です。優れた漂白作用で、黒く残ったカビも白くできます。

 

シャワーを直接かける方法もありますが、洗剤を含んだ水滴が思わぬところに降りかかってしまう危険があるためおすすめできません。

 

※一般のカビ取り剤のような塩素系洗剤というと刺激が強く扱いは特に注意が必要です。

臭いが強い、近くにあると目にしみる、手に付いたらぬるぬるして落ちにくいなどよくあると思います。

目や口に入った時、皮膚についた時の対処方法も洗剤の注意書きに必ず書いてあるので、よく読んで使用することをおすすめします。

洗剤は、目の高さより上に向けてスプレーするのは厳禁です。

予防法

カビが増えてしまう前にカビが住みにくく増えにくい環境を作ることが予防になりますね。

 

カビは1週間程度で増殖していくといわれているので、1週間に1回以上高温シャワーをかける習慣をつけると高温に弱いカビは増殖できず死滅していくそうです。

 

また予防的にカビ取り剤を使用することも効果的でしょう。

スポンサーリンク



背が低くても大丈夫。お掃除楽々アイテムのご紹介

天井は手が届きにくく、台などに上ると滑り落ちる心配もあり抵抗がありますよね。

台に上らずに天井を拭くなど作業するには、柄付きのスポンジが比較的使用しやすいです。

 

他に家にあるものでいうと床掃除などのワイパー式のものにシートをつけても平らで使用しやすいですよ。天井を乾拭きする時にもワイパー式なら付け替えるだけで簡単ですね。

 

また高温シャワーをところどころすすめてきましたが、場所によってはかけにくい場合もあると思います。

その時には高温スチームのモップなども効果がありそうですね。私は去年これで掃除をしましたが、驚くほどきれいになりましたよ。

おわりに

お風呂の天井掃除、カビというと面倒な作業が多いのではと思いがちですが、意外に簡単な方法で予防できることがわかりましたね。

 

お風呂汚れの敵であるカビが天井汚れにとっても原因でした。カビの住みにくい高温を利用しつつ、カビ取り剤でとどめを打つのが鉄則になりそうです。

いずれにしてもこまめなケアをすることが根深い汚れを防ぐことにつながります。

こまめなケア…できそうでできないのがズボラというやつですが、今年こそは私もゆとりをもって大掃除したいですね。

スポンサーリンク