風呂釜(2つ穴)などのお掃除方法とは?ご自宅のお風呂場の床や浴槽に汚れが溜まっていませんか?

お風呂掃除で1番厄介な場所は風呂釜かもしれません。

風呂釜の掃除をしたいけれど、掃除方法が分からない方も多いはず!

風呂釜を掃除していないと湯垢や皮脂が付きやすくなり、汚れも溜まってしまいます。2つ穴の風呂釜を楽にお掃除する方法をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク



毎日お掃除していても、お風呂場には汚れが溜まっているかも!綺麗にお掃除しましょう

蛇口やシャワーが出るお湯にはカルシウムやマグネシウムが含まれています。

この成分が蒸発して固まることで水垢や湯垢となります。また、石鹸やシャンプーの皮脂や垢などの油汚れもあります。石鹸かすやシャンプーの成分が付着して固まり蓄積されることで頑固な床や浴槽の汚れになってしまします。

お風呂の汚れには2種類あり、水垢などのアルカリ性の汚れで、皮脂や石鹸は酸性の油汚れです。

 

〈床のお掃除方法〉
【重曹+クエン酸】
①汚れが気になる場所に重曹の粉を振りかけます。
②その上からクエン酸を少しかけます。この時シュワシュワと泡立ち、汚れを分解してくれます。
③その上からラップをかけて、1時間程放置します。
④ラップを外して歯ブラシでゴシゴシ擦ります。
⑤お湯で流します。

 

【サンポール】
サンポールは強力な酸性なので頑固な汚れも落とせます。
①サンポールを床全体にかけます。
②ラップでパックして30分程放置します。
③歯ブラシでゴシゴシ擦ります。
④お湯でしっかり洗い流します。

 

 

〈天井や壁、扉の蛇口の掃除方法〉
天井や扉は水滴が付きやすく掃除せずにそのまま放置しているとカビだらけになってしまします。

①クエン酸スプレーして壁、蛇口、扉をスポンジで擦ります。
②天井はクイックルワイパーにキッチンペーパーを取り付けてクエン酸をスプレーしたもので擦ります。
③水で濡らしたキッチンペーパーに付け替えて拭き取るように水拭きします。

 

 

スポンサーリンク



 

お風呂場にできる汚れの原因や成分を解説。汚れの成分に合った掃除をしましょう

2つ穴の風呂釜は、浴槽の近くに追い炊きの配管があります。このタイプはお湯がゆっくり循環するので汚れが溜まりやすいのが特徴です。これは自然循環方式と呼ばれ、下の穴から冷たい水を取り込み、温められたお湯が上の中ら出る仕組みです。

風呂釜の配管に汚れが溜まると風呂を沸かす時に、その汚れが浴槽内に出てきてしまいます。湯垢が湯船に浮かんだり、お湯から生臭い臭いがしたり、ヘドロ状の汚れが出てきたりします。

風呂釜の汚れを放置しておくと、大腸菌やサルモネラ菌、レジオネラ菌などが人の皮脂や水垢を栄養として増殖する為とても危険です。これらの菌は36℃程度の温度でも繁殖するので何日も同じ湯を使うのは避けましょう。

 

風呂釜の効果的なお掃除方法をご紹介します!二つ穴の浴槽を綺麗にするには?

風呂釜の掃除は基本的には1か月に1回行うのが理想的です。汚れが少ない場合は3か月に一度でも大丈夫です。

〈お掃除方法〉
【酸素系漂白剤】
①下の穴をぼろ布などで塞ぎます。上の中らお湯を入れる為漏れないように塞ぎます。
②粉末のままの酸素系漂白剤を上の穴から入れます。
③風呂釜の上の穴から50℃程度のお湯を注ぎます。
④2時間程放置します。
⑤下の穴のぼろ布を外し、風呂があの穴に勢いよく水を注いで汚れを流します。上の穴から下の穴シャワーで汚れが出なくなるまで流します。
2つ穴の風呂釜のお掃除は下の中をしっかり塞ぐことで綺麗になります!

 

 

〈お掃除のポイント〉
お湯を張った風呂釜に重曹を一つまみ入れます。重曹を入れたお風呂に入ると肌がしっとりしてお湯も柔らかく感じます。さらに重曹には体の皮膚を落とす作用があり、入浴後の掃除を楽にしてくれます。入浴剤として使用した後の浴槽はスポンジで汚れが簡単に落とせます。

 

〈便利グッズ〉
【2つ穴用清掃ホース】
勢いよく水を出すためにジェット水流が作れるホースがあります。水道の蛇口につないで強い水を作る事が出来て、風呂釜汚れを落としてくれます。

【パイプ掃除ブラシ】
ワイヤーの先にブラシがついているものです。届く範囲でドロドロ汚れを掻き出してくれます。

まとめ

風呂釜の汚れは目で見えない為、掃除を怠っている人も少なくありません。しかし掃除しないでいると見えない汚れが溜まっている可能性があります。先ほどご紹介した方法で綺麗なお風呂にしましょう。また、風呂釜を掃除した後はその状態を保つために小まめなお掃除を心がけましょう。

スポンサーリンク