就活の髪型で、男が決まる!ちゃんとおしゃれにできるヘアスタイルとは!?

第一印象は髪型で決まると言われるほど髪型はとても大事ですが、就活の時の髪型はどのような髪型がよいのでしょうか?

抑えておきたい必須条件は

・フレッシュであること
・爽やかであること
・清潔感があること

これは絶対に外せない条件であるのは間違いありません。では、どうすればフレッシュで爽やかで清潔感がある髪型になるのか?

まず【耳回り】【襟足】【おでこ】はスッキリさせておくと面接官に清潔で爽やかな印象を与えることができるでしょう。ここが伸びているとだらしなく感じてしまうので気を付けましょう。

それから【黒髪】【ショート】【ナチュラル】で好感度の上がるフレッシュな印象を与えることができるでしょう。

第一印象で一度悪い印象を与えてしまうと、あなたの魅力が伝わりづらくなってしまうので、まずは第一印象を司る髪型を意識してみると良いでしょう。

スポンサーリンク



印象は大切!就活中の服装、髪型マナーについておさらい!

面接はやはり印象が大事で、どれほど内面重視の時代になったからといっても、服装や髪形はかなり注目されます。

服装については、体形に合っているか?しわや汚れはないか?糸のほつれがないか?ボタンが取れかけていないか?必ず着る前に確認しておきましょう。

これを見落とすと、不潔な印象やだらしない印象を与えてしまいます。

やはり、相手に不快な印象を与えないということも社会人としてのマナーとなってくるので、就活の段階から、身に着けておくことが大事です。

 

好印象を与えてくれる服装は

・ズボンの折り目がしかりついていてしわがない

・上着のボタンもしっかりしていて、ワイシャツやジャケットにしわがない

・襟や袖ぐりに汚れがない

・アンダーシャツは目立たない白が良い

・ネクタイが歪んでいないか?派手ではなくシンプルなものを選ぶ

・スーツの色は黒・グレー・紺が好ましい

・アウターを着る場合は派手すぎず、だらしない印象にならないように気を付ける

 

続いて髪型です。やはり長髪・茶髪や金髪はNGです。清潔感が重要ですので就活の間はラチュラルや黒髪がベターです。髪型も身だしなみの一つです。

・寝癖はついていないか?

・髪先をツンツンとさせてセットするのもあまり好ましくない

・襟足を清潔に

・耳回りの髪が伸びていないか?

 

以上に気を付け、爽やかで清潔な印象を与えることで第一印象も良くなるでしょう。

 

 

スポンサーリンク



 

これなら間違いない!?人気の就活ヘアスタイル10選!

これから就活という方は必見!!オシャレかつ第一印象で好印象のヘアスタイルをご紹介します。

① ナチュラルなベリーショート
襟足、耳回り、前髪がスッキリとした印象でナチュラルな黒髪は王道の就活ヘアと言えます。

 

② ノーブルショート
ショートのレイヤーをベースにした高潔感のあるヘアスタイル。忙しい朝でも簡単にスタイリングできるのも強みです。

 

③ ナチュラルなルーズのショート
どんなシーンにも好感度の高いフレッシュな印象のヘアスタイルです。

 

④ ビジネスアップバング
今どきのアップバング(前髪をあげる)で就活ヘアとしてもビジネスヘアとしても爽やかな雰囲気で大活躍でしょう。

 

⑤ ツーブロックのビジネスショート
襟足、裾がスッキリとしており、おしゃれで尚且つ爽やかな印象になるでしょう。

 

⑥ おしゃれなショートヘア
ツーブロックで襟足や耳回りをスッキリさせ、前髪も思い切り短くしたメリハリのあるショートヘアです。

 

⑦ アップバングのベリーショート
前髪を上げたベリーショートは就活にもピッタリで男らしい印象を与えます。表情がしっかり見えるので印象もよいでしょう。

 

⑧ クールビジネスショートカット
就活ヘアの定番、ナチュラルのまとめたレイヤーが好感度を上げます。

 

⑨ リッチショート
丸みがあり、柔らかい印象を与えます。耳回りや襟足を短くして清潔感も出してくれます。

 

⑩ スパイシーショート
耳回りと利足を短く爽やかに仕上げバックは刈上げにしたスパイシーなショートエアです。

 

先人に学べ!就活への準備、6つのポイント。

面接の合否は準備が50%面接で50%と言われるほど、事前の準備がとても大切です。ここではその大切な準備、6つのポイントをご紹介します。

① 応募した会社やその業界の動向を理解して、志望動機を明確に説明できるようにしましょう。
業界・会社・ライバル社の動向を理解して上で応募しているかどうか?何に貢献することができ、どのような形で力を発揮していくことができるのか?明確に説明できるようにしておくとよいです。

② 応募書類の内容を頭の中に叩き込んでおきましょう

③ 面接の形式を想定してイメージトレーニングをしておきましょう

④ 面接時の持ち物を確認しておきましょう

⑤ 訪問に関する事前準備をしておきましょう

⑥ マナーをしっかり整えておきましょう

以上の6つのポイントを押さえしっかり事前準備をしておくと、いざ面接の時には存分に力を発揮できるでしょう。

そのためにも身だしなみに気を使い、第一印象で面接官の気持ちを掴でおくと自分の思い描くような効果的な就職活動をしていってください。

スポンサーリンク