和服!?洋服!?七五三におすすめの髪型一覧!!

七五三は、子供の健やかな成長を願う伝統的な行事です。
神社でお参りと祈祷を行い、そのあとは写真館で記念撮影をしたりお祝いの食事会をしたりしますよね。
親子で着る衣装を選んだり、髪型を考えたりするのも楽しいことです。
そこで、和服・洋服それぞれにおすすめの髪型をいくつかご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク



やっぱり和服!!華やかで可愛らしいヘアセット!!

七五三といえば和服。
あまり着る機会がないので、娘さんもテンション上がりますよね。

7歳だと髪の毛のボリュームが少ないこともありますが、そんなときはつけ毛などでカバーしましょう。
では、着物に負けない華やかな髪型をご紹介いたします。

 

●伝統的な日本髪

(出典:http://www.studio-takano.jp/menu/753/nihongami/index.html)
写真スタジオで和服だけで撮影するときは、思いっきり和風の日本髪だと雰囲気が出ますよ。
小さなお姫様みたいでとてもかわいいですね。

 

●和服に合う高めのおだんご

(出典:http://da-inn.com/753girlshair-17375-2/)
髪飾りを変えるとドレスにも合う髪型です。
写真スタジオで和服と洋服の両方を着て撮影をするときでも大丈夫です。

 

●巻き髪がかわいいハーフアップ

(出典:http://www.m-soshakan.com/753hair_halfup/)
髪を巻いてからトップとサイドの髪を編み込みにしてとめて、髪飾りをつけています。
和服といえばアップヘアですが、髪を下ろしてもかわいいですよね。
きれいなロングヘアだったら、大人っぽくてすてきですよ。

 

●ボブスタイルの着物ヘア

(出典:http://studio-picasso.jp/shopblog/?p=2640)
そのままでもかわいいボブですが、毛先を内巻きにするとよりかわいいですね。
和風の髪飾りをつけると、着物にピッタリ。

 

●ショートヘアの着物ヘア

(出典:http://fuyuumaredesu.com/5689.html)
ショートカットでもとてもかわいいですね。
こちらも髪をヘアアイロンで巻いて形を作っています。
和風の髪飾りで、シンプルだけどとてもかわいい着物ヘアになっています。

スポンサーリンク



うちは洋服!!華やかで可愛らしいヘアセット!!

ドレスを着るときにお手本になるのは女の子のあこがれ、ディズニープリンセス!
大好きなプリンセスになってみましょう。

 

●お花いっぱい ラプンツェルヘア

(出典:http://www.studio-palette.com/kamiiso_info/kids_kamiiso/22957.html)
トップから編み込んでいって、小さめのお花をたくさんつけます。
ドレスの色に合わせたお花を選ぶとかわいいですよ。

 

●クールにエルサ風ヘア

(出典:http://blog.snow-in.cc/?page=1&cid=31713)
こちらも女の子に大人気のプリンセス、エルサ。
青系のドレスを選んだときにおすすめの髪型です。

 

●女の子のあこがれ ティアラ

(出典:http://anniesnagaoka.blog40.fc2.com/blog-entry-227.html)
お姫様の象徴、ティアラは女の子のあこがれです。
ゴージャスに巻いた髪にティアラがかわいいですね。

 

●女の子が大好きな大きめリボン

(出典:http://www.annes-garden.jp/annes-makuhari/hairstyle/)
女の子ならではのリボン。
このサイズのリボンは7歳ならではかもしれませんね。

 

●ちょっぴりハードに

(出典:http://ritz-studio.com/blog/122/)
甘いピンクやお花が苦手な女の子には、ちょっとパンチの効いたこちらがおすすめです。
小さめのハットもポイントになっていますね。

 

家族は何を着ればいいの!?

娘さんがきれいに和服を着ているので、家族も少し華やかにしてお祝いに華を添えましょう。
着るものの決まりが特にないので悩むところですが、娘さんを軸にして家族の服を考えるといいですね。

 

ポイントは、
・きちんと感
・上品な華やかさ
です。

娘さんが和服だったら、パパもママも和服を着るとおしゃれです。
ママが着る和服に特に決まりはありませんが、黒留袖だとちょっとかしこまりすぎた印象になります。
訪問着や色無地など、セミフォーマルな和服を選びましょう。

 

可能なら、娘さんの和服とテイストを合わせるといいですね。
レトロモダンな雰囲気でそろえたり、色合いをそろえたり、反対に娘さんの和服の色を引き立てる色を選んだり。
ママの髪型はあまり盛りすぎないように、髪飾りも少なめにすると上品でいいですよ。

パパも和服を着るときは、パパが黒っぽい無地でママが明るめの色無地を選ぶと統一感が出てすてきです。

 

家族が洋服で参加するときもやはりセミフォーマルな服装で行きましょう。
ママは少しカチッとしたスーツやフェミニンなスーツ、セットアップなどを選びましょう。
ブラックフォーマルに華やかなコサージュをつけてもすてきです。
スーツがなくても、上質な素材のトップスとボトムを選びヒールをはくと「きちんと感」が出ます。
スカートは、神社で座って祈祷をしてもらうときに膝が出ない丈のものを選びましょうね。

きょうだいがいる場合も、少しかしこまった服装を選ぶようにします。
男の子だったらシャツと黒いズボン、女の子なら少し華やかなワンピース、など。
家族みんなで写真を撮るときのことを考えながら、みんな服装や髪型を選ぶ時間も楽しですよ。

 

さいごに

かわいく着飾ったりするのが大好きな娘は、七五三の日、1日じゅう大はしゃぎでした。
娘は、私の祖母が昔着ていた着物を仕立て直したのですが、写真スタジオで着つけてもらって写真を撮り、そのあとはそのまま神社へ行きました。

神社でもたくさん写真を撮り、またそのまま親せきの家にお披露目に行きました。
みんなにほめられてさらにテンションが上がり、最後には着物を脱ぎたくないと言うほどでした。

満面の笑みで写っている写真を見ると、いい思い出になったと七五三をして本当に良かったと今も思います。
七五三が娘さんとご家族にとって、いい思い出になりますように。

スポンサーリンク