お宮参りの祖父母の服装マナー!和装と洋装どっちがいい?

子どもが生まれて、はじめて外で行う行事「お宮参り」。

生後1ヶ月頃を目安に、健やかな成長を祈って近くの神社などにご挨拶をしに行く風習がありますよね!

出産した当日を1日目と数え、男の子は生後31日目、女の子は生後32日目にお宮参りをするといわれていますが、天候や休日等の都合や、赤ちゃんと特に産褥期を終えたばかりのお母さんの体調をよく考えて日取りを選ぶと良いですよ!

 

私の長男は夏生まれで、お宮参りをする時期がまだ暑かったため、天候や体調面を考慮し日取りの良い午前中に行いました!

ご家庭によって様々ですが、我が家は普段からお世話になっているお寺で行いました。

 

「お宮参りって神社でするものでしょ?」
いいえ、お寺でも神社でもどちらでも良いのです!!

でもお寺なのに「お宮」はなんか違和感ありますよね。

今はお寺であげる場合「お初参り」と呼ばれています!

実際に年間100万人が訪れる東京タワーの近くにある増上寺や、千葉県成田市にある新勝寺では、初参り祈願ができるとして有名です。

 

いずれにせよ、祈願をしたい神社仏閣がある場合はホームページを開設しているところが多いので、予約が必要かどうか確認してみてくださいね!

忙しいパパやママにはとても便利です!

とはいえ、自宅から遠い有名な場所に出かけたいという方も中にはいますが、赤ちゃんの体調を最優先に考え、遠出は避けた方が良いですよ!

では、お宮参りをするにあたり失敗しないマナーや服装に関してお伝えしていきますね!

 

スポンサーリンク



お宮参りの基本的なマナー

~神社(お宮参り)の場合~

① 境内に入る際は、身なりがキチンと整っているか再確認しましょう!
② 鳥居をくぐる時は、神様を敬う気持ちを表すために会釈をして入りましょう!
③ 境内では、まず手水舎で心身の洗浄をします。柄杓で左手、右手の順で洗い清めます。
④ その後手のひらで水を受けて口元をすすぎ、柄杓の手で握った部分を清め元の位置に戻します。

 

お宮参りでは参拝だけでなく、神主さんに「祝詩(のりと)」をあげてもらえます。

不浄な雑念を払い、神様に健やかな成長を願うことができます。

この時に、参列者は「玉串拝礼(たまぐしはいれい)」をします。Youtubeや写真付きで作法手順が載っています。

 

玉串拝礼(たまぐしはいれい)の作法

 

神社では神主さんに対し祝詩をあげていただいた御礼として
「御初穂料(おはつほりょう」または「御玉串料(おたまぐしりょう)」を納めます。

どのくらいの金額を御礼として渡すのか困ったら、予約ができる神社であれば社務所に尋ねてみるのが確実ですが、だいたい五千円くらいだと思って間違いはないですよ!

神社によっては、お守りや縁起物などをくださることがありますが、そうした場合は御祈祷料として1万円くらい必要になります。

 

~寺院(お初参り)の場合~

お寺から連想できることといえば、「死に関する悲しいこと」と考える方が多くいるかと思いますが、死だけが仏縁となるのではなく、新しい生も大切な仏縁となることを「お初参り」として祈願していただけるのです!

他にもお祝い事として結婚式や成人式も行われます!

余談ですが実は私、白無垢を着てお寺で挙式しました!笑

 

お寺の宗派にもよりますが、生後何日目にお参りをしなければいけないという決まりはありません!

満1歳くらいまでに赤ちゃんや、その家族がそろってお参りできる日程を決められればよいのです。

 

神社との大きな違いは境内や手水舎がないですよね!

簡単に言うと、仏様に合唱し子どもの健やかな成長を願えばよいのです。

また住職さんに御礼としてお渡しする場合は「御布施(おふせ)」になりますので間違えないでくださいね!

スポンサーリンク



いざお宮参り!祖母の服装はどうする?

祖母として参列する際は、どのような服装がふさわしいのでしょうか?

お宮参りは大切な儀式ですのできちんと正装してお祝いするのがマナーになりますが、洋服選び御で困った時は赤ちゃんに着せる服装で選んでもらうようにしましょう!

 

☆赤ちゃんが和装であれば、色留袖や訪問着などの着物。
☆赤ちゃんが洋装の場合は明るめのワンピースなどフォーマルな服装。

 

遠方から参列する場合などは、お腹周りに負担がかかったり途中で気分が悪くなってしまうこともあるかもしれません!

父方の祖母はお宮参りで赤ちゃんを抱っこするという大役もあるので、あまりルールにとらわれすぎずカジュアルすぎない動きやすい服装でいらしていただくのが良いですね!

 

お宮参りの祖父はどんな服装がいい?

お宮参りの祖父の服装は、基本的にスーツがほとんどです。

赤ちゃんのお母さんや祖母が和服であっても、赤ちゃんのお父さんと祖父はスーツで大丈夫ですよ!

 

祖母の服装にあわせネクタイやワイシャツの色を同系色にあわせてあげると、とても華やかで良い雰囲気に仕上がりますね!

家族全員集合の記念写真も、格好良く決まるのではないでしょうか!!

 

参列する家族が赤ちゃんの服装にあわせたり、家族で話し合い事前準備をすることにより、忘れることのできない素敵な思い出となるお宮参りになると良いですね。

無理のない形でお祝を迎えられることを祈っています。

スポンサーリンク