書初めの言葉何にする?大人におすすめの言葉はこちら!

小学生のときに冬休みの宿題で書いた「書初め」。
宿題だったのでいやいや書いたことをよく覚えています。
ただ、家で子供が習字をしているのを見るとなんとなく楽しそうで自分も何か書いてみたくなりますよね。
大人の書初めは宿題と違って自由に書くことができます。うまく書く必要もありません。
なので、楽しんで書初めを書いてみませんか?

スポンサーリンク



書初めの由来とは

書初めとは、その名のとおり年が明けて初めて書いた書のことです。

もとは平安時代の宮中で行なわれていた「吉書初め(きっしょぞめ)」という儀式です。
元旦の朝に初めて汲んだ水を神棚に供えて、その水で墨をすり、その年の恵方を向いて詩歌を書いていました。

それが江戸時代から庶民の間にも広がっていきました。

そのころは、1月2日の事始めの日に「字が上手になりますように」という願いを込めて書かれていました。

そして、明治時代から学校で書道を習うようになり、学校で書いたり冬休みの宿題になったりしていったのです。
そのころから1年の抱負や目標を書くようになり、今のような形になりました。

スポンサーリンク



書初めの言葉はどうやって選んだらいい?

子供の場合は、学校で書く言葉が決められていますが、大人は自由です。

縁起のいい文字や、家族の健康や安全を願い文字などがいいですね。
また、自分自身の個人的な目標や夢などを書いてもいいですよ。
何を書いてもいいのです。

書く文字を選ぶとき、画数の少ない文字を選びがちですが、実は画数が少ない字はバランスがとりにくいものです。

子供が書くようなA4ぐらいの半紙だとちょっと小さくて書きにくいなと思ったら、長い半紙にのびのび書くのもいいですよ。
また、大掃除のときに余った障子の紙に書いても、あいている白い紙に書いてもなんでもいいですね。

そして、お手本のように上手に書こうとしなくてもいいんです。
多少曲がってもいいので、楽しみながら味のある字を書いてみましょう。

書初めにおすすめの四字熟語

では、おすすめの四字熟語をいくつかご紹介しましょう。

●家族の無事や健康を祈り、家族がずっと仲よく暮らしていけるように願いを込めた言葉
・無病息災
・家内安全(家庭円満)
★「無病息災」も「家内安全」も、ふんわりとやさしく書きましょう。
ふくふくとやわらかく書くことで、見るたびに温かい気持ちになれる四文字になりますよ。

●今後の発展や夢の実現などを願う言葉
・大願成就:強く望んでいる大きな願いが叶うこと。
・真実一路:うそや偽りのない心を持って、ひとすじの道を生きていくという意味。
・順風満帆:追い風を受けて帆がいっぱいにふくらむことから転じて、ものごとが思いどおりに進むこと。
★これらの四字熟語は、太く力強く書きましょう。
最後のとめやはねの部分を特に強く書くことで、願いを叶えたい強い思いを表すことができます。
そして、願いを叶える力を引き寄せられるような気分にもなれます。

今後の人生が豊かで楽しく、幸せなものになるように願いを込めて書初めをして部屋に貼りましょう。
見えるところに貼っておくと、見るたびに晴れやかな気持ちになりますよ。

書初めにおすすめの二字熟語

小さめの半紙や、小さめの紙に書くのにぴったりなのが二字熟語です。
こんな二字熟語はいかがでしょうか。

・飛翔
新しい年に大きくステップアップするイメージが広がります。
「飛」の字も「翔の字も翼を広げているように思いっきりのびやかに書くとよりよいですよ。

・希望
「希」の字の上の「メ」の部分を☆のように書くと希望にあふれてキラキラした感じになります。

・成就
「就」の最後のはねの部分を力強く書くと願いがより叶う気がしますね。

・光明
「光」も「明」もうまくバランスがとれるととてもきれいに見える字です。
「明」の字の「月」の部分をお月さまのように書いてもおもしろいですね。

そのほか書初めにおすすめの言葉

四字熟語や二字熟語が気持ちにピンとこないようだったら、あなたオリジナルの言葉を書いてみましょう。

「禁煙」や「毎日ウォーキング」など、個人的な目標を書いてもいいですね。

ほかに、見るたびに幸せになる言葉として、家族の名前を書くのもいいですよ。
紙1枚にひとりずつ名前を書いて、並べて貼ってみましょう。
やさしい奥さんの名前はやさしい字で書いたり、やんちゃな子供の名前は元気に書いたり、家族のキャラクターに合わせた字で書くと楽しいですね。

また、「思いやり」「素直」「断捨離」など、自分の気持ちとして忘れずに持っていたいと思う言葉を書いて貼るのもいいですよ。

また、ドアに「開けたら閉める」、玄関に「とじまり」「スマホ・かぎ・財布」など、生活のなかで忘れちゃいけないことを書いて貼るのもいいですね。

さいごに

大人になってから筆で自由に字を書くのは案外おもしろいものですよ。
どんな言葉を書いてもいいし、その字を崩したり一部をイラストみたいにしてもいいし、とにかく自由に書いてみてくださいね。

スポンサーリンク