小学生の荷物は多い?リュックの容量がベストな物とは?

修学旅行は小学生最後の旅行になる為、楽しみにしているお子さんも多いですよね。

だからこそ「リュックサックってどう選んだらいいの?」と悩む方もいらっしゃいます。

 

購入してから失敗したくないし、出来れば長く使いたいですよね。

そんな方のためにリュックの選び方とおすすめのリュックをご紹介します。是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク



小学校の修学旅行のみんなの荷物はどのくらい?

修学旅行の持ち物は学校の指示によって変わると思いますが、一般的に必要な物をまとめました。

 

・しおり(学校で配布されるもの)
・着替え・下着・靴下
・体操服
・パジャマ
・タオル
・ハンカチ・ティッシュ・ウェットティッシュ
・洗面用具(歯ブラシやくし)
・筆記用具
・雨具
・常備薬(酔い止め・風邪薬・絆創膏)
・財布・お金
・カメラ
・生理用品
・保険証のコピー

などなど結構たくさん入れる物がありますよね。
これら全部を入れないといけなのでリュック選びはかなり重要になってきます。

 

必要なものをすべて揃えて、それプラス余裕があるリュックを選びましょう。

帰りの方が荷物がパンパンになりやすく、お土産も入らなくなってしまいます。

また、持ち物で一番かさばるのが服やタオルですよね。これらは圧縮袋を利用するとリュックが広く使えますよ。

 

スポンサーリンク



 

修学旅行の為のリュックの容量はどのくらいがいいの?

リュックを選ぶ際のポイントは4つあります。

 

1,持ち運びやすさ
バッグ自体が重いと移動で疲れてしまいます。

2,大きさ
持つ人の体型によって合っていないサイズだと持ちにくく疲れてしまいます。

なので、インターネットで購入するよりは、お店に出向いて試されることをおすすめします。さらに、荷物が入りきらなくてもダメだし、大きすぎても使いにくいかと思います。

3,素材
撥水加工されたものやナイロン、ビニール製だと急な雨でも中の持ちもものが濡れにくいです。

4,価格
高ければ高いほど良いものはたくさんありますが、できればリーズナブルで安心して使えるほうがいいですね。

 

また、リュックの大きさは、季節や宿泊日数によっても変わってきます。
一般的に小学校の修学旅行は、1泊2日から3泊4日が多いようです。大きさの目安は40ℓ~50ℓくらいにすると小学生のお子さんでも持ちやすいとかと思います。

また、たくさんポケットがつているものを選ばれると出し入れする際に便利です。

修学旅行に持っていきたいリュック6選!

aSICS(アシックス)
ENSEI ダッフル40
リュックサックにもボストンバッグにもなる仕様で、大容量収納可能です。右サイドにポケットがついていてシューズも入るサイズで便利です。容量は40ℓ。カラーは赤、青、黒の三色から選べます。

 

Coleman(コールマン)
CBB5151大型サブリュック
両側のマチを閉じた状態では横幅が53㎝で42ℓですが、マチを広げると横幅67㎝で50ℓとして使えます。両サイドにポケットが付いていて、内部にネームタグも付けられます。ポケットもたくさんあるので荷物の仕分けに便利です。容量42ℓ~50ℓ。青、緑、ピンク等の8色から選べ、柄タイプもあります。

ボストンバッグ3ウェイボストンMD
軽くて丈夫なボストンバッグです。斜め掛け、手持ち、リュックと3ウェイで使えるのが魅力的です。また、メインファスナーはコの字に大きく開くので荷物の出し入れに便利です。容量は50ℓ。8色から選べます。

 

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
サニーキャンパー40+6
サマーキャンプに快適で収納力に優れています。両サイドに大型のポケットと取り外し可能なポケットもついていて便利です。容量46リットル。カラーは白、赤、青の3種類で女の子にも人気です。

ナイロンダッフル50
軽量ダッフルバッグで、リュックとしても使えます。軽く強い素材で、水濡れしにくく汚れに強い作りになっています。荷物をいっぱい入れられる詰め込みやすさが魅力です。容量50ℓ。カラーは赤、黒、白、青から選べます。

 

FIORUCCI(フィオルッチ)
ジュニアリュックサック FJ-002P
女の子におすすめ!チェック柄がとても可愛いです。拡張機能付きでたっぷり収納できます。肩ベルトを調節すれば大人と兼用できます。容量は33ℓ。価格もリーズナブルです。カラーはピンクとグリーンの2色。

まとめ

・持ち運びしやすく体に合った大きさの物を選び、試着してから決めましょう。
・荷物を詰める際は余裕を持って詰め、圧縮袋を使うと便利です。

 

修学旅行の準備となると持ち物増えてしまいがちですが、荷物は最低限にされることをおすすめします。

いっぱい詰め込み過ぎて持てない!

なんてことになってしまいますよ。一生に一度の修学旅行、楽しい思い出をたくさん作ってくださいね。

スポンサーリンク