異年齢保育におすすめ!簡単で楽しい室内遊びやお外遊びをご紹介します♪

子供たちはゲームや遊びが大好きです。

しかし色々な遊びを考えるのは大変ですよね。

 

「年長さんと年少さんが一緒に楽しめる遊びってなんだろう」と悩んでいる方もいらっしゃると思います。

そこで、異年齢保育にぴったりの室内遊びやお外遊びをご紹介します。

是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク



最近増えている異年齢保育、どんな特徴があるのでしょうか?メリット・デメリットについて

少子化で異なる年齢の子供と交流することが減っている中で異年齢保育を取り入れる保育園や幼稚園が増えています。

異年齢保育とは年齢でクラスを分けるのではなく、さまざまな年齢の子供と一緒に保育することです。縦割り保育や混合保育とも呼ばれます。

毎日行う縁もあれば1週間のうち何日かを縦割り保育にしている園もあるようです。

 

現代では少子化が進み、異なる年齢の子供同士で遊ぶ機会が減っており、異年齢保育で他の年齢の子供と触れ合う機会を作っています。

異年齢の子供が触れ合うことで、人間関係の築き方や、集団生活でのルールを身に付けることができます。

 

〈メリット〉

・その子にあったやり方で出来る
・年上の子から年下の子へ遊びが広がる
・お世話をしたり、教えたりすることで自信につながる
・責任感が育つ

子供はお互いから学びます。年下の子は年上の子供を見て学び、憧れを抱いて、年上の子供はお世話をしたり、教えることで自信を持ち思いやりの心を育てます。

 

〈デメリット〉

・もの足りなさや我慢が増える
・環境の変化に慣れるまでは時間がかかる
・経験豊富な保育士が必要となる

歳が1歳から2歳ほどしか変わらないので、いつも危険がつきものです。保育者の方はいつもより注意して周りを把握しておかなければなりません。

 

異なる年齢でも楽しめる!異年齢保育におすすめな室内遊びやお外遊びをご紹介!

〈お外遊び〉

【色鬼】
2人一組で手をつないでゲームをします。鬼から逃げる時にどこに色があるか協力出来て、鬼になった時はどの色が良いか相談する機会ができます。ゲームを通して連帯感が出来て自然と仲良くなれます。

【しっぽ取りゲーム】
年少さんと年長さんでペアを作り、年少さんがしっぽをつけます。年長さんはペアの子がしっぽを取られないように気を付けながらしっぽを取ります。ゲームをすることで面白さや他の子の気持ちを大切にすることを学べます。

【探検隊】
虫眼鏡や自由帳をもって季節ならではのものを探しましょう。体を動かしながら感性も育めます。

 

〈室内遊び〉

【風船リレー】
ペアを作って、二人の間に風船を挟んで遊びます。お腹に風船を挟むと歩きにくくなるので、年長さんは手を差し伸べながら行います。「勝って嬉しい」「負けて悔しい」という心の動きを大切にします。

【おちたおちた】
かみなりはおへそ、天井は頭、リンゴは両手でキャッチする遊びです。落ちてくるものや押さえる場所を変えてアレンジして遊ぶと楽しめます。

【リズム遊び】
リズム遊びは音楽に合わせて手や足を使って飛び跳ねたり、走ったり、しゃがんだりします。体を動かす事で脳に刺激が伝わり、神経回路が発達します。

【ごっこ遊び】
ごっこ遊びは想像力を豊かにしてくれます。「ヒーローごっこ」「電車ごっこ」「おままごと」がおすすめです。異年齢で遊ぶことで人との関りを持ちながら対人関係も学べます。

【クイズ遊び】
考える力が育ち、想像力がつきます。「なぜ?」と思うことで頭が良くなると言われています。カードを出して名前を当てたり、動物なにを食べているのかなど日常生活を題材にすると楽しめます。

 

スポンサーリンク



 

保育におすすめ!簡単で楽しい室内遊びやお外遊びをご紹介します♪

【読み聞かせ】
縦割り保育では普段と違う環境にドキドキしています。絵本を読むことで気持ちが落ち着いたり、遊びのきっかけにもつながります。

【かけっこ】
小さな子には走る楽しさを覚えてもらい、年長さんは勝ち負けを加えて遊びます。かけっこをすることで運動能力を高めます。

【コインゲーム】
コインを人数分用意します。近くにいる人とじゃんけんをして、負けた人は相手にコインを渡します。コインが一番多い人の勝ちです。

まとめ

異年齢保育では年上の子や年下の子との関りが大きくなります。協力することで本当の兄弟のような関係を作る事が出来ます。

また、思いやる気持ちや人間関係を築いていくためには必要不可欠なものです。異年齢保育の遊びを通して、楽しく成長できればいいですね。

スポンサーリンク