妊婦だって温泉に入りたい!入る前に読んでほしい3つのこととマタニティプランの温泉宿のご紹介

赤ちゃんが生まれる前に心も体もリフレッシュしたい!

でも妊婦さんが温泉に入るのは大丈夫なの?

と考えている方も多いと思います。

 

温泉旅行に行く前に気を付けることとおすすめのマタニティプランがある温泉宿をご紹介します。

マタニティプランを利用すれば、いざという時も心強いし、安心して温泉を楽しめますよ。

 

 

スポンサーリンク



妊娠中に温泉に入ってもいいの!?

一昔前は「妊婦は温泉に入ってはいけない」と言われていました。

「温泉法」という法律をご存知でしょうか?

この温泉法において「妊娠初期および妊娠末期の温泉入浴は禁忌」と記載されていた為です。

 

しかし科学的な検証の結果、妊婦に対する危険性を表すデータは見つかりませんでした。

これを踏まえて温泉法が見直されて平成26年の7月から妊婦の温泉入浴は禁忌事項から外されました。

なので、温泉が特別ものと考える必要はなく、妊娠中でも普段の入浴と同じように温泉を楽しむことができます。

 

 

スポンサーリンク



 

入る時の注意点

妊娠中の温泉旅行には注意点があります。ママと赤ちゃんの健康を守るためにしっかり覚えておいてくださいね。

 

【時期】
温泉に行く時期は体調が安定している妊娠中期がおすすめです。妊娠初期はつわりもあり、体調不良を起こしやすく体にも負担になります。また妊娠後期はお腹が大きいので移動も大変になります。浴場は滑りやすくなっていて転倒する危険もあります。

 

【入浴時間に注意する】
妊娠中はのぼせたり貧血を起こしやすい為、入浴時間は10分以内を目安にします。また、42℃以上の高温は神経が刺激されて血圧が上昇する場合があります。一人での入浴は避けて誰かと一緒に入るように心掛けましょう。サウナも体に負担がかかるのでやめておきましょう。

 

【転倒に注意する】
浴場はとても滑りやすくなっているので転倒にも十分に気を付けてください。一見滑らなそうに見える場所でも温泉の成分でぬるぬるしていたり、足元が不安定な場所もあります。細心の注意をして、手すりも利用するようにしましょう。

 

【泉質にも注意を】
妊娠中は肌が敏感になりがちです。その為刺激の強い温泉は肌荒れする可能性があります。刺激が少なく肌に優しい単純泉がおすすめです。

 

【水分補給を忘れずに】
入浴することで体の水分は大量に失われます。その為、入浴前後は水分補給をしっかりしましょう。

 

【家族風呂がおすすめ】
夫婦や家族だけの旅行の場合は誰かに付き添ってもらうのは難しいですよね。そんな場合は貸切風呂を利用しましょう。旦那さんにも付き添ってもらえるので安心して入浴出来ますね。

 

【心配な場合は医師に相談を】
体調や気になる事、陣痛が起きたらどうすればいいか不安な場合は予め産婦人科の医師に相談しましょう。安心して旅行を楽しめます。

 

妊娠中のママにおすすめのマタニティプランのある温泉宿

最近ではマタニティプランと言って妊婦さんも安心して旅行できるサービスを提供している旅館が増えています。

 

【淡路インターナショナルホテル ザ・サンプラザ(兵庫県)】
最上階のオーシャンビューの部屋が確約され、貸切風呂の無料利用やお部屋食も可能です。体調不良によるキャンセル料も発生しません。車で10分の所に病院や産婦人科もあるので安心です。

 

【吉祥CAREN(静岡県)】
お部屋はすべてオーシャンビューで、伊豆の旬の魚介や野菜のフレンチが人気です。コンシェルジュも24時間待機しています。体に負担がかからない抱き枕やノンカフェイン飲料、ゆっくり入れる貸切風呂などのサービスが充実しており、安心してのんびりできます。

 

【和心亭豊月(神奈川県)】
モダン懐石と健康朝食が楽しめ、アレルギーや調理法の対応もしてくれるので安心です。マタニティエステもあり、体の凝りや腰痛に悩む妊婦さんにおすすめです。

 

【奈良屋(群馬県)】
お肌に優しい白旗の源泉を堪能できます。貸切露天風呂を無料利用でき、禁煙客室を確保してくれます。

 

【華乃湯(宮城県)】
温泉ソムリエが温度や泉質を管理しているので安心です。契約農家で栽培している無農薬野菜をバイキング形式で楽しめます。エレベーター近くの部屋の確保、貸切風呂の割引、マタニティパジャマのレンタルもできます。

 

まとめ

・妊娠5か月~7か月ぐらいがおすすめ
・貧血や転倒に気をつける

妊娠中は食べ物や行動に制限があってストレスもたまりがちですよね。温泉でリラックスして日々の疲れを癒しましょう。

実は私は「出産後は育児で忙しくなるから温泉にでもいこう」と母に誘われ妊娠後期に温泉に行ったことがあります。感染症にならないかな?と少し心配な面もありましたが、実際に行ってみて身も心もリフレッシュ出来てよかったと思っています。

何度も言いますがお風呂場はとても滑りやすいので本当に気を付けてくださいね。

また、宿泊先のスタッフの対応や地元の産婦人科との連携などを確認しておくとより安心です。先ほど紹介した注意点を守って楽しい旅行にしてくださいね。

スポンサーリンク