妊婦でも食べたい!お寿司って妊娠中に食べても大丈夫なの!?

妊娠中は色々なことを我慢しなくてはいけませんよね。

お酒や激しい運動はもちろんのこと、食べる物にも色々な制限がかかる妊婦生活。

甘いものや辛いもの、塩辛いものなど注意するべき食べ物は色々ある中、一番私が辛かったのは、大好きなお寿司が食べられないと聞いた時です!

同じように、妊娠中のお寿司はタブーと聞いたことのある人は多いのではないでしょうか?

でも、実はいくつかの注意点を守れば妊娠中もでお寿司を楽しむことができるのです!

今回は、妊娠中でもお寿司が食べたいと思っているそこのあなたにぜひ知って欲しい、妊婦さんとお寿司の関係について解説します。

 

スポンサーリンク



どうして妊娠中お寿司を食べたらダメと言われているのか

どうして妊娠中のお寿司はタブーと言われているのか、理由をご存知でしょうか?

実は、お寿司の主役である魚には、水銀を含むものが存在するため、その魚を日常的に妊婦さんが食べることで、赤ちゃんに悪影響がでる場合があると言われているためです。

また、生魚には火が通った調理済みのものにくらべ、食中毒を起こす可能性が高いため、免疫力の低い妊婦さんには多少のリスクがあるからという理由もあります。

そしてさらに、お寿司のシャリは当然お米ですよね。

お寿司に限ったことではありませんが、お米を食べすぎると糖質過剰になったり体重が増えすぎる原因につながるということも、妊婦さんにお寿司はオススメされていない理由の一つです。

 

ちなみに、私は体重が増えすぎて臨月を迎える頃には、お医者さんからお米禁止令を出されました…。

どの理由も、食べたからといって絶対に悪影響を及ぼすというものではありませんが、お腹の赤ちゃんのことを思うと、避けたいと思うのが親心ですよね。

 

スポンサーリンク



 

実は食べても大丈夫!

水銀が含まれる魚がいるなんて聞くととても恐ろしく感じますが、全ての魚に水銀が含まれているわけではありません。

水銀量が少ない妊娠さんでも比較的安心なお魚を選べば、妊娠中でもお寿司を楽しむことが出来ますよ!

 

一体どんな魚に水銀が多く含まれているのか見当もつかないという人がほとんどだと思いますが、それぞれの魚に含まれる水銀量の目安は、検索をすればすぐに出てくるので安心してください!

気になる魚があればぜひ検索してみてくださいね。

そして、妊婦さんに比較的安心な魚と避けたい魚の代表例をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

・比較的安心な魚

タイ、キハダ、カツオ、サケ(サーモン)、ブリ
アジ、イワシ、サバ、サンマ

これらの魚は水銀の心配がないと言われています。特に、アジやイワシなどの青魚は妊婦さんに嬉しいDHAを豊富に含んでいるためおすすめです。

とはいえ、どれも生で食べる場合は食中毒の可能性もあることは頭に入れておきましょう。

より安心してお寿司を楽しみたい方は、調理済みのネタを選ぶのがおすすめです。炙り系のものやボイルえびなど、火が通ったネタは食中毒の心配が少なく、妊婦さんにはおすすめのお寿司ですよ。

 

他にも、タマゴやカッパ巻き、かんぴょう巻きや納豆巻きなども安心して食べられ、しっかりお寿司気分を味わえるのでおすすめですよ。

ちなみに私は、お寿司の中で一番炙りえんがわ好きだったので、妊娠中もストレスなくお寿司を楽しむことができました。何を食べようかお悩みの方は、炙りえんがわを是非お試しください!

 

・避けたい魚

金目鯛、マグロ、メカジキ、貝類

これらのものは、水銀が多く含まれる代表的な魚です。生に限らず焼いたものでも注意が必要です。どうしても食べたい場合は、最低限の頻度で少量に押さえましょう!

また、貝類を生で食べるのはノロウィルスの感染の心配があるため避けるのが無難です。マグロの誘惑には何度か負けてしまった我慢弱い私も、生牡蠣だけは妊娠中は我慢し続けました!

 

食べる時注意してほしいこと

食べても比較的安心といわれる寿司ネタがあると知ると、早速お寿司屋さんに出かけたくなりますよね!でもその前に…安心と言われる魚でもお寿司を食べる時には注意してほしいことがあるので、ぜひ参考にしてください。

 

・新鮮なネタと衛生的なお店を選ぶ

お寿司を食べる時に1番注意してほしいのが、食中毒です。免疫力の低い妊婦さんは、食中毒のリスクも高いうえ、一旦食中毒にかかるとお腹の赤ちゃんにも負担がかかることもあります。お寿司屋さんでの食中毒を避けるには、新鮮なネタを提供してくれる、衛生的なお店を選ぶことが大切です。

 

・食べすぎない

どんな食べ物にでも言えますが、食べすぎには注意が必要です。カロリー過多や食中毒のリスクも上がります。後々体重が増えすぎて辛い思いをする前に、腹8分目を意識して楽しみましょう!

 

最後に

妊娠中でも安心してお寿司を楽しむには、ネタの種類と衛生面に気をつけることが大切です。お腹の赤ちゃんのことを第一に考えながらも、たまには好きなお寿司を食べて息抜きをするのも良いですよね!

スポンサーリンク