いつから赤ちゃんに麦茶を飲ませてもいいの?注意点などもご紹介!

「離乳食を食べるようになってきた」、「ベビー麦茶が売っているから飲ませたい」など、ミルクや母乳以外の水分補給として麦茶が気になるママ、いますよね?

麦茶はカフェインを含まないため、赤ちゃんにはおすすめの飲み物!カフェインは赤ちゃんが眠れなくなる、落ち着かないなどの原因になりますからね。

でもミルクや母乳と違って産後に指導がある訳でもなく、いつから飲ませるのがいいか、どんなふうにあげれば良いのか迷いますよね。

そこで赤ちゃんの麦茶について説明します。

 

スポンサーリンク



赤ちゃんに麦茶はいつから飲ませてもいいの?

麦茶は離乳食が始まる生後5~6か月頃に試してみるのがベスト。家族が食事をしているのを見て自分も食べたそうにしている、よだれをたらしている、そんな様子がみられたら麦茶を飲ませてあげましょう。

生後1か月から飲めるベビー麦茶もお店で売っていますので、生後5~6か月に満たない赤ちゃんでも飲ませてあげることはできますよ!

ただ離乳食が始まる前の赤ちゃんであればミルクや母乳で水分補給はできているので、嫌がっていたら無理に飲ませる必要はありません。

それに飲ませるのに適した時期でも、すべての赤ちゃんが最初から飲んでくれる訳ではありません。

 

私の体験談ですが、我が子にベビー麦茶をあげたことがあります。ちょうど離乳食を始めた頃でした。

そのときの反応は…、口に含んだ瞬間、体をブルっとさせ、口は開いたまま、舌も出したまま…。飲んではくれませんでした。きっと、いつもとは違う苦みのある味に驚いたんでしょうね。

でも離乳食がすすみ、いろいろな味に慣れてくると、麦茶も抵抗なく飲んでくれるようになりました。小学生になった今でも麦茶が大好きで、夏でも冬でもゴクゴク飲んでいます。

離乳食と同じように、少しずつ慣らしていくのが良いと思います。

 

スポンサーリンク



 

飲ませるときのポイント

まずはベビー麦茶を購入して、一度は味見することをおすすめします。というのは赤ちゃんの麦茶の味はとても薄いです。私も味見したことがありますが「赤ちゃんの飲み物ってこんなに味がないの!?」と思う程です。

 

それもそのはず、私たちがいつも飲むものと比べ、2倍以上薄い味にしてあるんです。赤ちゃんにとっては薄い方が苦みを感じにくく、飲みやすいのだそうです。

自分たちが普段飲んでいる麦茶をあげたい場合は、煮出しをしてから薄めます。最初のうちは4倍くらいの水で薄めてあげましょう。人肌程度に冷めたら飲ませてあげます。

 

生後1か月~4か月の赤ちゃんの場合、特に注意して欲しいことがあります。それは水出しの麦茶はあげないこと!

ミルクや白湯をあげたことがあるママならお分かりだと思いますが、赤ちゃんに水道水をあげる場合、5~10分くらい沸騰させ、適度な温度に冷ましてからあげます。

水道水に含まれる塩素が未熟な赤ちゃんの胃腸には負担になってしまい、下痢を起こすことがあるためです。

 

飲ませる時は小さめのスプーンを使うと良いですよ。離乳食が始まっているのであれば、スプーンの練習にもなります。

あげるタイミングとしては離乳食の後がおすすめ!食後に麦茶を飲むと、口の中の食べかすを麦茶が流してくれ、虫歯予防につながります。

 

離乳食はまだ先という赤ちゃんなら哺乳瓶でも大丈夫です。ただ、哺乳瓶に麦茶をいれたままにしておくと雑菌が繁殖してしまうので、長時間そのままにしないよう注意してくださいね。「飲み残しは捨てる」が鉄則ですよ。

外出後やお風呂上がりのタイミングならのどが渇いているので、すんなり飲んでくれるかもしれませんね。

 

おすすめの麦茶

スーパーで一般用を購入するなら、カフェインの入っていないものを選びましょう。「ノンカフェイン」や「カフェインゼロ」と大きめに表示されていることが多いので分かりやすいと思います。チェックしてみてくださいね。

カフェインの心配がいらないのがベビー麦茶。ベビー麦茶にはペットボトル、紙パックはもちろん粉末タイプもあります。

ペットボトルや紙パックなら、忙しいママにピッタリ!最初から赤ちゃんに適した濃度で与えられるので失敗がありません。そのうえ作る手間も省けます。

 

赤ちゃんの飲む量がわからない場合は、粉末タイプを!

ペットボトルや紙パックの場合、一度開けてしまうと保存が効きません。少し飲んだだけで、残りは処分することもよくあります。その点、粉末タイプなら小分けされており、少量でも作れるのが嬉しいところ。

規定量の湯冷ましで溶かしてから飲ませてあげてください。賞味期限が長いので、ストック用にもできて便利ですよ!

どの麦茶を飲ませてあげたいのか、家庭によって違うと思います。状況に合わせて選んでくださいね。

 

赤ちゃんに麦茶はいつから飲ませてよいのか、まとめ

1. 離乳食が始まる生後5~6か月頃が適している時期。生後5~6か月に満たない赤ちゃんでも飲ませてOK。

2. ベビー麦茶に近い濃度で、人肌程度に冷ましてからあげること。ママもベビー麦茶の味見をしてみよう!

3. 一般用ならカフェインを含まない麦茶を選ぶこと。ベビー用の場合はペットボトル、紙パック、粉末タイプがある。状況に合わせて選ぶのがおすすめ。

スポンサーリンク