近年増えている共働きの家庭で、 家事や育児をこなすコツをご紹介します!

子育て世代の共働き率は年々高くなっています。

その背景には、女性の社会進出や、物価の高騰、年金の削減による不景気で男性だけの収入では生活が難しいということ、また、大学に行くことが当たり前になり、その教育資金に充てるなど、理由は様々です。

産休のある会社もとても増えましたが、その期間は、1年、2年、など決まっており、まだ子供が小さいうちから保育園に預けて働きに出るママも少なくありません。

こうしたことから共働きの家庭が増えています。

 

スポンサーリンク



共働きで、仕事に家事、育児と毎日大忙し!共働きの家庭の家事のコツとは?

ママが専業主婦で、家にいるとなれば、家事、育児のある程度をママがこなし、パパは仕事に専念!

ということも成り立ちますが、ママも同じように社会に出て働いているとなると、そうはいきません。

 

そこで共働き家庭の家事のコツです。
手が空いていて、余裕のある方が動くということが何よりです。

よく分担を決めるという話を聞きますが、これはあまりおススメできません。大きく、ご飯作り、洗濯、お風呂掃除、子供のお世話と分担を分けたとしましょう。

大抵の男性は、例えば、洗濯とお風呂掃除が役割分担だった場合、その2つが終わってしまえば、自分のやることは終わりと満足してしまうからです。(世の中のそうでないパパさんごめんなさい)

 

実際には、食事後の食器洗いや、ごみをまとめ捨てる、乾いた洗濯を畳む、散らかったおもちゃを片づける、保育園の荷物の片付け、次の日の準備、子供のおむつ替えや、お風呂、やらなくてはならないことは山のようにあるのです。

 

そこで、(帰宅がだいたい同じ時間だった場合)食事はママ。とおおまかに決めるだけにしておき、食事の準備をしている間に、子供の相手をしながらできることをするようにするのです。

洗濯を回し、乾いたものを畳む。子供をお風呂に入れる。など、ママが動いている時間にパパも動いて家事を済ませていくのです。

 

ご飯ができるころには家族みんなで、団らんの時間を確保することができます。パパが食器を洗っている間に、ママは明日の保育園の準備。
子供が寝る前の時間を再び家族で過ごし、就寝するというのがなんとも理想ですね。

 

また、部屋の掃除や、洗濯などはなるべく休みの日に回すというのもありだと思います。

忙しい平日に、無理してするよりは、余裕のある休みにすることで、時間に余裕ができます。午前中、まとめて掃除や洗濯を、みんなで協力して行い、お昼から家族でゆっくりお出掛けするというのもいいですね。

 

スポンサーリンク



 

毎日忙しくてちょっとしたことでもイライラ…共働きの家庭の育児のコツとは?

しかし、この家事スタイルがうまくいくには旦那さんの協力が必要不可欠です。

近年、共働き家庭が増えている一方で、家事・育児の負担の多くが妻にあることが、わかっています。旦那さんが家事や育児をする時代ではなかった風潮がそのまま残っていますね。

私も、初めの頃は家事も育児もこなしていましたが、時間にも気持ちにも余裕がなくなり、ふとしたことや、以前は気にならなかったことが気になるようになり、すぐにイライラするようになりました。

帰宅してから、夕飯の準備、お風呂の準備、子供と自分のお風呂、食器の片付け、洗濯と、座る暇なく動き回っているのに、旦那さんは、ソファに座り、ちょっと子どもと遊び、テレビを見て、スマホをいじっている。そんな姿を見ると、さらにイライラが募り、不満が増えました。そうなると家庭の雰囲気も良くなく、ギクシャクします。

ある時、爆発して話し合い、家事・育児が今の分担のままなら仕事はやめる!と宣言し、今ではとても協力的になりました。

共働きで、妻も1日仕事をしてきている、ということをよく旦那さんに理解してもらい、協力してもらうことが大切です。

 

共働きの家庭の育児のコツとは?まとめ

共働きで、家事も、育児も、上手にこなそうとするには、お互いに協力することが大切です。
そして、お互いにやってもらうことが当たり前だとは思わずに、「ありがとう」と感謝を伝えることです。

そんなことで?と思うかもしれませんが、疲れているのはお互い様です。それでも家に帰れば、やるべきことが山ほどあって、嫌になる日もあります。そんな時に、ふと、ありがとうと言われれば、頑張って良かったと思えるものです。我が家では、とても効果があるように感じているので、ぜひ試してみてほしいです。

子供は親の背中を見て育つと言いますが、本当にその通りだと思います。男性が仕事で、家庭は女性という時代を見てきた世代で、いまだにそういう風潮が残っているのは、親世代がそうだったからです。その風潮や、当たり前を、捨て去って、共働きの家事育児に対応しなければなりません。

そんな協力する姿を見て育った子供は、きっと自然に協力的になったり、困ったときに手伝ってくれたり、思いやりのある子になると私は信じています。

家事、育児を効率よくこなし、夫婦円満、家庭円満に過ごしたいですね。

スポンサーリンク