悩んでないで見て! 2歳で言葉が出ないと心配するママ必見!原因と対処法をご紹介!

2才になっても言葉が出ない…と不安に思っているママさんは意外とたくさんいるのではないでしょうか?

早い子は、びっくりするくらい早く、意味を理解して、言葉を話しているので、余計うちの子は遅いのか?と心配になってしましますよね。

今回は、そんな不安を少しでも解消してほしいと思い、私の経験を含めてお話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク



言葉がでない原因とは!?

私にも今、2歳半になる娘がいますが、周りの子に比べると若干言葉が遅いと感じることが多々ありました。

個人差があるし、上にお兄ちゃんやお姉ちゃんがいれば、その影響で早いということも考えられるし、大丈夫、大丈夫と思うようにしていながらも、やはり少し不安でした。

支援センターや、市の検診などで、言葉が遅い気がすると相談することもしばしば。
言葉が出ないその原因はいくつか考えられるそうです。

 

① 言葉の理解自体が遅れている

小さな子供は、ママやパパが話している言葉を聞き、理解することから始まります。言葉を理解したうえで、ようやく自らが言葉を発するようになります。まずこの、言葉の理解が遅れていると必然的に言葉が出るのも遅くなります。

 

② 個人差によるもの

言葉を出すには、耳で聞いた単語を理解し、頭の中に蓄積、それを言葉にします。実際に理解して、蓄積されていても、あとは本人のやる気の問題なのです。単純に成長がのんびりということも十分にあり得るのです。

 

③ 聴覚によるもの

耳になんらかの問題があるということも考えられます。耳の聞こえがよくないと、ママやパパが話している会話を聞くことや、自然に入ってくる言葉や音などを聞くことができません。言葉を理解することや、発音を聞き取るということが難しいので、言葉が出るのに影響することがあります。

 

④ 発達障害や知的障害によるもの

発達障害や知的障害だと、言葉がなかなか出ないということもあります。

言葉が出ないのでこういった障害なのでは?と考えられる要因にもなるのです。

2歳の言葉の遅延で断定してしまうのは早いですが、その可能性も考えられるということです。

 

ざっくりですが、言葉が遅いのには以上の4つほどが考えられます。

 

スポンサーリンク



 

言葉がでないときの対処法

それでは、そんなときにはどうしたらいいのでしょうか。

私が実践したのは、うちの子もしかして話すのが遅い?と思い始めてから、すぐに娘にたくさん話しかけるようにしました。

「パパ遅いかなあ」「今日のご飯何にしよう」「今日の献立はね~」「トイレに行ってくるね」「今日は雨だからいつもより眠いね~」など、それまでも話しかけていたつもりでしたが、より、たくさん、心の中で思っているようなことまで声に出して、話すようにしました。きっと耳で聞いていて、理解してくれるだろうと…。

 

次に、①の言葉の理解自体が遅れているときの対処法です。

良く話しかけるということに加え、はっきりとわかりやすい言葉を使うようにしました。たとえば、「外行く?」と言っていたところを、「靴を履いて、お外に行ってみようか」や、「パパは会社だよ」と言っていたのを、「パパはぶーぶーに乗って、会社に行ったんだよ。」など、たくさんの言葉を使うようにしました。また、「まじで」、「やばい」などの現代語や、略語などもなるべく使わないように気をつけました。

 

②個人差によるものは、私の娘には大いに考えられました。

寝返りやお座り、たっちやあんよ、すべてにおいてマイペースで、検診に行くたび、同じ月に産まれたとは思えないほど成長が違い、驚きの連続というくらい、ゆっくりです。

それなのできっと話すのも遅だろうと思っていたら、案の定なので、納得する部分です。その子の性格もあり、その時のやる気もあります。個人差も個性のひとつ。と考えママさん、パパさんものんびり待ってあげてくださいね。

 

③の聴覚によるものについては、産まれてすぐや、1才半検診などに聴覚の検査がありますが、その時に異常が見られなくても、中耳炎など、何かの拍子に耳の聞こえが悪くなるということも考えられます。

もし、物を落とした時に反応しない、後ろから呼びかけても振り向かないことがあるなど、聴覚に違和感があるようでしたら、不安は早めに取り除いておいた方がいいです。一度、保健師さんや、専門の医療機関で検査すると良いでしょう。

 

それでも心配ならば・・・

言葉の理解、個人差、聴覚のどれにも当てはまる気がしない…と心配でしたら、発達障害や知的障害という可能性もあります。

言葉が遅いということだけで、ましてや話し始める2歳の段階で、何か障害がある。と決めつけるには、あまりに早すぎる気がしますが、毎日一緒にいる親だからこそ、心配にもなるし、異変に気が付くこともできます。

専門の機関への相談や、市の保健師さんに相談するといいです。個人差ということも大いに考えられるので、あまり深刻にならずに、まずは相談に行ってみましょう。

 

話す言葉が少なくても、遅くても、子供はよく聞いて、理解しています。小さいうちから、まだ話せないから…と言って無言でお世話するのではなく、たくさん話しかけることが何より大切なことだと思います。

 

今もし、言葉が出ずに不安に感じているママ、パパは、焦っても仕方がないので、子供にたくさん話しかけ、言葉が出るのを、ゆっくりと待ちましょう。

スポンサーリンク